岩男さんの映画レビュー・感想・評価

岩男

岩男

滑走路(2020年製作の映画)

4.4

やっっと観れた
(近くで公開されなかったんです!!😡)
フォロワーさんのレビューでラストシーンが素晴らしいってのをよく目にしていたけど、本当に胸がギュッと締め付けられるような、美しい翼を手に入れた2つ
>>続きを読む

トゥルーノース(2020年製作の映画)

4.8

北朝鮮の強制収容所の実態
どこまでも容赦なく残忍

父が何かをして捕まった
それくらいのことしか分からないまま、家族も連行される、地獄の始まり

少年ヨハンと母と妹はそれでも懸命に生きる
来る日も来る
>>続きを読む

カムバック・トゥ・ハリウッド!!(2020年製作の映画)

4.5

すげー面白かった👏
予告見たときにめっちゃ楽しそうって思ってたけど、爆笑ものというより、豪華俳優陣の映画愛が溢れていてそれが物凄く心地良い
そして映画自体もセンス良くて、エンドロールでのおまけが最高😭
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス 4K 修復版(1983年製作の映画)

4.2

Merry Christmas Mr. Lawrence
とりあえず観賞後にテーマ曲を聴いて余韻を引き延ばしてる🥺笑

何だろうこの不思議な感覚
好き嫌いとかで判断出来ないような厳かさ
心に染み渡るよ
>>続きを読む

ビーチ・バム まじめに不真面目(2019年製作の映画)

3.2

悲しいくらいに全然入り込めなかった
自分と全く別の世界だからこその面白さは当然あるけど、やりたい放題過ぎて何か絶望的な虚無感だけが残る
何故誰も怒らないの?この作品の価値観や文化、生き方が自分と異世界
>>続きを読む

ザ・ファイブ・ブラッズ(2020年製作の映画)

4.5

不適切な表現だけど、凄く面白かった
ブラッズとはBlacksとBloods両方の意味があるんだろうか

ベトナム戦争で戦った5人のブラッズ
戦地で亡くなったリーダーの亡骸と、その地に残してきた金塊を探
>>続きを読む

明日の食卓(2021年製作の映画)

4.1

しばらくレビュー書けなかった
何か言葉が全く出なくて

3人の母
児童虐待しそうな限界まで崩れていく
その要因は3人それぞれ
周囲の人間関係や社会問題まで

3人のユウくん
子供だって考えている
子供
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

4.2

白人警官に膝で首を地面に押さえつけられ、"息が出来ない"と叫んでいたフロイド氏
その光景を撮影していた通行人

ジョージ フロイド事件の写真を以前見たときに結局脳裏に焼き付いていたから、明らかにその事
>>続きを読む

ハルフウェイ(2008年製作の映画)

4.3

10年振りくらいに鑑賞
いやー心に染みた
やはり良い映画だなこれ

どこまでかは分からないけど劇中では北乃きい×岡田将生がほぼアドリブ
そのためかなり長回しカットで、会話の間やリアクションが凄くリアル
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

-

スパイク リーがメガホンを取る意味が絶対にあるはず
ってその想いだけで観に行った

打ちのめされた
上映館数少ないけど、いずれ観るのであれば本当に映画館で体感すべき

本当に失礼ながら最初は格好良いと
>>続きを読む

マーズ・アタック!(1996年製作の映画)

3.8

昔深夜にやってたのをチラ見したくらい
何か急に観たくなった
豪華メンバーが全力で演ってるのがツボで、だからこそ魅力的で面白かった

火星人の地球侵略
滑稽でユーモラス
光線銃でビビビビビッ→即白骨化
>>続きを読む

HOKUSAI(2020年製作の映画)

3.3

眼力のあるキャスト揃えたな
熱り立った眼球の迫力が凄いというか

学校で学んだはずの葛飾北斎
"この1000年でもっとも重要な功績を残した世界の人物100人"に唯一日本人で入った人物
日本より海外で讃
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.4

面白かった🙆‍♂️笑
まじでクルエラ覚醒までの話だったけど、凄く分かりやすくて展開の広がりが良い

Wエマがとにかく良かった
スタイリッシュでクール
トンプソンのバロネスの圧倒的なヴィラン感がかなり当
>>続きを読む

モンスター: その瞳の奥に(2018年製作の映画)

3.9

君の瞳にはどう映る?
この映画を通してあなたは何を感じるか
そんなことを最後に投げかけてくるような映画

強盗殺人事件の容疑者として逮捕された17歳の黒人の真面目で賢明な少年
高校では映画制作を学んで
>>続きを読む

茜色に焼かれる(2021年製作の映画)

4.6

凄惨なあの事件を彷彿とさせながら、社会的に弱い立場の人たちにスポットを当てている
コロナ禍に作られ、コロナ禍で公開することにもの凄く意味を感じる作品

胸糞悪く救いようがない苦境に気丈に振る舞いながら
>>続きを読む

アンダードッグ 前編(2020年製作の映画)

5.0

前編後編まとめてレビュー
まじで腹一杯で胸一杯
後編が一気に人間ドラマ色強くなって、ラストの決闘は痛々しくて直視出来ないくらい凄かった

三者三様、それぞれが懸けるもの
それはもはや勝利じゃない
何が
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.3

何だか疲労困憊で凄い頭痛がする
認知症の方の視点で描かれているから、訳分からなくなって混乱した
想像以上で驚くほどに巧みな作品🤔

認知症じゃないから分からないけど、当人からはこう見えているんだという
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

4.5

最高👏
笑いが爆発しそうになった🍢🍢笑
そして涙が流れた
公開に踏み切って下さった勇断に乾杯🍻

邦画好きなら堪らないキャスト勢
同世代の怪物たち大集結みたいな
つい自分に似た人探してしまう
今回は藤
>>続きを読む

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

"ラスト11分、あなたは愛の意味を知る"
と公式HPに書いてある
ラストでその愛を知ったとき、柔らかなピアノの旋律が後押ししてくれて感動の余韻が

正直開始10分で1つの話がクライマックスを迎えて(そ
>>続きを読む

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告(2020年製作の映画)

3.7

秘密の戦士👦🏻VS古参兵👨🏼‍🦳

戦争の果てにあるもの
身を持ってそれを経験し学んだピーターはレベルが上がったかな🤔

それにしても長女ミアが不憫すぎた
悪いこと何ひとつしてないから、可哀想でひたす
>>続きを読む

タイトル、拒絶(2019年製作の映画)

3.8

怒号の飛び交う後半が面白かった
キャストが絶妙に良い映画🙄

恒松祐里ちゃんの脆くて危うい感じ
ずっと甲高い声で笑ってるのに、笑顔に見えないというか、心が擦り減ってるようにしか見えなくて上手だった
>>続きを読む

マ・レイニーのブラックボトム(2020年製作の映画)

3.9

偏見や差別に対する抗議などが盛んになってきた気もするここ数年
でもこの映画を見て差別社会って多分なくならないんだなって気がした

あれだけ黒人の心の傷が深いと、その子孫含めてそのことは絶対に忘れてはい
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.4

凄い男性比率
9割くらい男で異様な空気感のシアター
ジェントルメンを観るジェントルメン達🙋‍♂️笑

いやまじ面白かった
何となく自分の中で、ガイリッチー作品は序盤から食らい付いていかないといけないイ
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

4.0

映画らしさ全開の映画👏
あまり観ないジャンルだけど面白かった
そして凄く音が良かった
銃声の地響きが座席を伝わってきて心地良くなって…
IMAX上映あったら凄かっただろうな

内容は予告観た段階で大体
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

3.0

頭蓋骨に穴を開けると第6感が覚醒し、人の心の闇が見える

-ん〜、いや、見えなくていいです-

要はコミュニケーションの在り方とか、人との距離感、自己と他者への盲目とかそんなものがテーマなのかな
でも
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.1

出遅れ感がハンパないけど観てきた💐笑
等身大の恋がぎゅっと詰まった作品

2人の恋模様やすれ違いはリアル
出会い方や趣味嗜好の相性は超自然的
そのバランスが絶妙過ぎる
そして全く嫌味を感じない

何だ
>>続きを読む

ディス・イズ・イングランド(2006年製作の映画)

3.8

80年代のイングランド
ドクターマーチンのブーツにスキンヘッド、サスペンダーなど、当時のおしゃれな文化やファッションを身に纏った若者たち
といっても主役は子供のショーン👦🏼🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿

フォークラ
>>続きを読む

エル・トポ(1970年製作の映画)

3.6

語り継がれる伝説のカルトムービーとだけあって凄まじかった
狂気を遥か通り越してるような世界観
深読みしていくほどに哲学的な感じもする

これはとてもレビューが難しい
何か具合悪くなってきたし

ホドロ
>>続きを読む

エンドレス・サマー/終りなき夏(1966年製作の映画)

-

世界の夏を追いかけたマイクとロバートのサーフィン🏄‍♂️ドキュメンタリー

※サーフィンしたことありません

常夏Hawaiiから世界を巡る
彼らが探すのは大きい波ではない
小さくても形の良い波"パー
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.3

予想通りに凄く重みのある作品
ナチス党員だったシンドラー氏が、ある"命のリスト"によってユダヤ人1100人を救ったという奇跡的な話

命の重さとは-
無秩序に殺される人々
物を仕分けるように人を分別す
>>続きを読む

ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994年製作の映画)

3.7

連続殺人鬼の男女ミッキーとマロリーの逃避行
大量に殺人を犯しては、その現場に1人だけ生存者を残しておく
メディアが大々的に取り上げ、世界中の若者が信者化していく
しかしミッキーもマロリーも悪魔の幻覚に
>>続きを読む

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

4.3

奇想天外な発想が素晴らしい
脚本が抜群の完成度だった
まさに変態チックな映画

ビルの7と1/2階にある穴
そこは人気俳優ジョンマルコヴィッチの脳内に繋がる
人の脳を覗ける、誰かになりたい、そんな禁断
>>続きを読む

マンディンゴ(1975年製作の映画)

3.9

この強烈なポスター
これはリウマチの白人主人が"リウマチの毒は人に擦り付けるとその人に移る"と言う言葉を信じ、奴隷の黒人少年を寝かせ、腹に足を乗せているシーン
これはたびたび出てくるけど、こんなの比じ
>>続きを読む

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

5.0

ずっと観たかった作品
これはまじで傑作だった‼︎

得体の知れないドイツ人の女性ジャスミンが、アメリカの田舎の小さな町にやってきて、モーテル兼カフェに住み付き、住民たちやお客さんと交流を深めていく
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.2

ようやく観た
重くて辛そうだから何かと避けてきた
柔らかな希望が見える作品で本当に良かった😭

貧困や正義、当時の学生運動だとか考えることはあるけど、根底にあるのは人間の本質的な愛
救うこと、託すこと
>>続きを読む

シルミド/SILMIDO(2003年製作の映画)

4.8

凄く無念で苦しいけど実話
朴政権て本当どうなってたん
そりゃ側近に暗殺されるわな

-北朝鮮からの朝鮮人民軍が朴正煕を暗殺しようとするも失敗に終わる-
このことに腹を立てた朴正煕が、韓国で犯罪を犯し死
>>続きを読む

>|