jammingさんの映画レビュー・感想・評価

jamming

jamming

映画(425)
ドラマ(0)

ラフィキ:ふたりの夢(2018年製作の映画)

4.1

ワクワクするほど
色使いがいい。

ケナの眼差しがいい。

82分ってのがまたいい。

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.9

恋愛やイジメの話じゃなくて
高校生はさわやかな話が
1番いいね。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

4.2

PTAXJGWで1.5倍増し。

ボウリング場に登場した
ポールダノの美しすぎるスーツは
ハッとするくらい嘘臭かった。

プレインビューの生い立ちと
親の顔が見たい。

ルクス・エテルナ 永遠の光(2019年製作の映画)

4.0

お得意の赤とフラッシュ

シャルロットが
ラース監督の映画のように
ちゃんとハマってた。

あのすきっ歯の女性は
まさか、、と思っていたら
やはりベティだった。

天国にちがいない(2019年製作の映画)

3.9

シュールな笑い

かたちは変われど
世界はどこもさほど変わらないんだね。

ガエルくんに会えた。^_^

カフェ・ド・フロール(2011年製作の映画)

4.2

音楽も
話も 
映像も
大好きです。

執着とも思える
深すぎる愛に眠れなかった。

サマーフィーリング(2016年製作の映画)

4.1

初夏の日差しは
悲しみも包んでくれる。

お父さんが慰めている時に
大笑いしているシーンが
好き。

ロルナの祈り(2008年製作の映画)

4.4

ロルナよりも
ジェレミーレニエ演じる
クローディにハマる。。

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

3.9

男だったら
明石のようになってしまう
自信しかない。

ハロー!?ゴースト(2010年製作の映画)

4.2

勝手に涙がでる。
わかってからは
サンマン君と一緒に走りたかった。

やられました。

ヴェラの祈り(2007年製作の映画)

4.2

160分弱だけど
映像の美しさに完全に引きこまれる。

家族を思うゆえに
逃げてしまうように見えた。

父、帰る(2003年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

冒頭の母子のシーンがキー
だと思うとすべてが理解できるのでは
ないかと。
母は甘やかしてしまう自分が嫌で
夫に頼んだんだろう。。

乱暴なところもあるけど
父の愛情深さ

甘えん坊な弟
父に好かれよう
>>続きを読む

少年と自転車(2011年製作の映画)

4.2

ダルデンヌ監督の中では
ハッピーエンドな方だと思う。

セシルドフランス
素敵です。

ミセス・ノイズィ(2019年製作の映画)

3.9

ずっと不快な場面が
続くのでちょっぴり疲れたー。

本当に子供から
目を離さないでほしい。。

バーニー・トムソンの殺人日記(2015年製作の映画)

3.6

大好きなロバートカーライルが監督
してるので鑑賞。

うーむ。。

涙するまで、生きる(2014年製作の映画)

3.8

美しい風景
ストーリーも良いのだけれども
、、
ラスト15分が
うーん、、、もの足りない。。

アタメ(1989年製作の映画)

4.1

アルモドバル監督の中では
上位に入るくらいよかった〜。

色使いが素敵。

若いころのロッシデパルマが
可愛い  

ベランダからのブランブランが
ウケる。

聖なる犯罪者(2019年製作の映画)

4.5

タイトルとキャッチコピーが
残念すぎる。。

こんなに良い映画なのに。

言葉に表せない感覚。

藍色夏恋(2002年製作の映画)

4.1

チャンくんもグイちゃんも
スターになる要素しかない。。

撮り方も素晴らしいので
2人に釘づけでした。

冬冬の夏休み(1984年製作の映画)

4.4

幼い頃
知らない人に手を掴まれたこと

ひき逃げした車をみんなで追いかけたこと

毎日歩いてるだけの人がいて
友達のお父さんと知った時
知らないフリをしようと
思ったこと、、、などを思いだす。

エド
>>続きを読む

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

4.1

イスラエルとパレスチナへの
メッセージがこもられた映画

いい意味で裏切られた感。

フムス食べてみたい。。

しあわせの雨傘(2010年製作の映画)

4.1

いつの時代のドヌーブも
本当に魅力的。

音楽とファッション
ジェレミーレニエ
だけでハッピー。

ペピ、ルシ、ボンとその他大勢の娘たち(1980年製作の映画)

4.0

アルモドバル監督のデビュー作らしい。

もうめちゃくちゃだけど
明るくハッピーなところは
見習わねば うん。

迷子の警察音楽隊(2007年製作の映画)

4.3

カウリスマキ監督に息子がいたら
こんな作品を作りそう。。

ローラーディスコと
ディナ役の女優さんが
めちゃくちゃよかった!

リトル・ジョー(2019年製作の映画)

3.9

絵本を見てるような感覚。

何がいいのか
見てる側に委ねる話かな。

日本大好きじゃん。

パリのどこかで、あなたと(2019年製作の映画)

4.1

不器用な人を描かせたら絶妙にうまい
セドリック監督

困った顔を演らせたら
3本の指に入るくらい
可愛いフランソワシビル

音楽も良し!
今見るべき映画かも。

>|