nG0さんの映画レビュー・感想・評価

nG0

nG0

結局コマンドー

映画(887)
ドラマ(3)

マレフィク 呪われた監獄(2002年製作の映画)

3.3

刑務所の壁から出てきた魔術書のお話

パワータイプのオカマと妹が好きすぎて食べちゃった男、インテリを拗らせすぎて嫁を殺したじじい。
濃すぎるメンツと同じ部屋にぶち込まれた男が脱走方法を探る。
密閉型の
>>続きを読む

ブレインダメージ(1987年製作の映画)

3.5

ふしぎなえきたいそそがれて

謎のうにうに生物エルマーくんが脳みそに液体注いでハイにさせるお話。
「ドラッグ良くない!」みたいな事を言いたいんだろうけど演出がコメディに全振りしてるからメッセージ性が死
>>続きを読む

ピノキオ√964(1991年製作の映画)

-

俳優達の圧倒的な演技力と胸焼けをおこしそうな演出の数々。
特に駅中、ホコ天でのゲリラ撮影が凄まじかった。周りドン引き。
鉄男リスペクトな作品で前衛的でめちゃカッコよかった。

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章(2015年製作の映画)

3.5

前作で工藤Dと市川が異世界に閉じ込められてから一年後。
江野くんがタイムトラベラーみたいになってて笑った。
田代が通りすがりの女のパンツを食ってゲロったり、工藤Dと市川が入れ替わったり、ピストルが体に
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 劇場版・序章 新説・四谷怪談 お岩の呪い(2013年製作の映画)

3.5

「クソアマァ!」

四谷怪談のお岩を追っかけてたらまたしても向こう側の扉を開きかける。
工藤Dのデレと暴力性、態度悪すぎる除霊氏、毎度おなじみ口裂け女の髪の毛
と、見どころ満載で笑いっぱなし。

前作
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-04 真相!トイレの花子さん(2012年製作の映画)

3.4

「神とは大きな流れ。私たt「わかんねぇな!!」

花子さんを追っていたら時間と時空を歪めちゃうぶっ飛び展開。
工藤Dのキレ具合も健全。
霊能力者の真壁氏が意味不明ながらも説明してるのを遮って横から「や
>>続きを読む

タイタン(2018年製作の映画)

3.0

新人類(笑)

滅亡寸前の地球から惑星タイタンへ新人類を送る計画のお話。
自然破壊が進んだ2048時の地球が舞台。
極秘で行われた人体改造計画で酸素を必要としない体にされた男とその家族。はたして地球の
>>続きを読む

地獄(2015年製作の映画)

3.0

妊娠こわーい

17歳で妊娠した娘がハロウィンに襲われるお話。
ある日突然、妊娠を告げられ誰にも相談出来ず塞ぎ込んでる時に不気味な子供達に襲われる。
観始めてすぐ、現実か幻覚か周囲に過敏になるシチュエ
>>続きを読む

セブン・ナイト・イン・アサイラム(2011年製作の映画)

2.0

問題児しか居ない

一般参加で1週間、廃精神病院で過ごす番組企画型POV作品。
よく似たテイストのグレイヴエンカウターズは比較的凝った演出で楽しかったけど、今作はその凝った演出をゴッソリ抜いたような感
>>続きを読む

悪魔に呼ばれる前に(2018年製作の映画)

3.3

アタックタイプのママ

台詞の8割が「ウァアアアアアアア!!」のインドネシア映画、シャドーオブナイトの監督のホラー作品。
富を得るために悪魔と契約して家族に迷惑かけるお話。
シャドーオブナイトで頭くら
>>続きを読む

エリア407 絶滅大陸(2012年製作の映画)

2.3

飛行機が墜落、現場に残された人達を何かが襲うpov作品。

機内での乗客達のキャラクター演出はよかった。
墜落してからキャクター性が良くも悪くも活かされてたのもよかった。

ただ、襲ってくる"何か"が
>>続きを読む

アリス・スウィート・アリス(1977年製作の映画)

3.3

12歳のアリスを演じる19歳のポーラシェパードが可愛い

殺人の疑いで精神病院にぶち込まれた狂った少女アリスのお話。
不気味なマスクと真っ黄色のレインコートが印象的なスリラー物。

タイトルに反し全く
>>続きを読む

SF巨大生物の島(1961年製作の映画)

3.5

気球で辿り着いた無人島のお話

ストップモーションで動く巨大生物は恐ろしくもどこか愛らしさがあった。
蟹とか蜂が巨大化するのはいいけど、明らかな古代生物を出してくるのは世界観が崩壊する。
でも特撮がと
>>続きを読む

海底二万哩(1954年製作の映画)

3.5

潜水艦のお話

50年代とは思えない程の技術でびっくらこいた。
特に海底散策とダイオウイカのシーン。
この時代にカラー水中撮影出来てた事。更に泳ぐ魚やサメとの実際の交戦シーンがある事。
海底に沈んだ潜
>>続きを読む

クリーピング・テラー(1964年製作の映画)

3.0

宇宙からきた怪物が暴れ回るお話

一緒に映画観てたら「これ誰?」とか「これ今どうなってるん?」とか執拗に聞いてくる人居るじゃないですか。
そういう人向けの映画。
台詞:ナレーション=3:7くらいでナレ
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説(2013年製作の映画)

3.5

??「こんちわー!(ザバァァン)」

カッパを捕まえる夢をみたって理由で病院を抜け出してくる工藤Dパワフルすぎ。
松葉杖片手に「いいだろこれ、武器になる」アホすぎる。

村人もまさかすぎるしラスト
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-02 震える幽霊(2012年製作の映画)

3.4

「実験だよ!実験!!!」

前作で手に入れた呪いの道具を幽霊にぶん投げてて笑った。
完全に貞子VS伽倻子の元ネタ(?)
前作にも増して工藤Dの暴れっぷりが炸裂。
投稿者を殴るわ怒鳴りつけるわやりたい放
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01 口裂け女捕獲作戦(2012年製作の映画)

3.5

「口裂け女を捕まえます」

口裂け女を『捕獲』するってアホすぎる。
取材の為に金と暴力で解決しようとする工藤Dが最高。

金属バット出してきてクッソ笑った

深淵からの物体X ワーストコンタクト(2012年製作の映画)

2.6

ナメクジ踏み潰したら寄生されるお話

うんこみたいな臭いがする湖で泳ぐのもどうかと思うけど、ナメクジを素足で踏み潰します?
次のカットで普通に寄生されて皮膚の下で這い回ってるし。
エグいくらい膿みまく
>>続きを読む

パラノーマル・ショッキング(2010年製作の映画)

2.2

元結核療養所の廃墟で幽霊探しするモキュメンタリー作品

一応ファウンドフッテージ風になってるけどゴリゴリの編集が入ってて何ですかそれ。
ほぼPOVだけど稀に劇画風になったり何がしたいのか分からない。
>>続きを読む

死霊院 世界で最も呪われた事件(2017年製作の映画)

3.1

乳なし怖さなし結末弱し

悪魔払いを追うジャーナリストのお話。
取り憑かれて悪魔払い中に死んだ修道女、殺したのは司祭か悪魔か。

音で驚かす系。つまり内容はかなり薄味。
そりゃあんだけデカい音出しゃあ
>>続きを読む

巨人獣 プルトニウム人間の逆襲(1958年製作の映画)

3.3

前作で死んだと思われた大巨人が人間性を失い復活するお話。

前作の続きというか後日譚みたいな印象。
巨人役が代わったから顔を隠すために右半分をガイコツっぽくするのはいいけど何の説明もない。
10メート
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.3

兄者の口ずっと半開き

祖母が死んでから具合悪くなるお話。
オカンの異次元レベルの顔芸と素の顔が既に不気味な妹。
不穏な空気感が一生続いてるんで気狂うかと思った。

精神的に不安定な一族の末裔がある日
>>続きを読む

戦慄!プルトニウム人間(1957年製作の映画)

3.2

進撃の巨人(鬱)

核爆弾実験で被爆したお人好し中佐がデカくなるお話。
デカくなって隔離施設から逃げ出すだけのお話だけど人物背景が意外にもしっかりしてて見応えはあった。
不条理に巨大生物と化した中佐と
>>続きを読む

ディープ・サンクタム(2014年製作の映画)

3.3

陽キャの選択

陽キャ5人がノリと勢いで洞窟に入って迷うPOV作品。
洞窟に入るまでの5人のはしゃぎっぷりはめちゃくちゃ楽しそう。
空港でカート乗り回したり全裸で海に飛び込んだり。

洞窟に入ったら案
>>続きを読む

聖なる地獄(2016年製作の映画)

3.7

最も素晴らしくて最もイカれた経験

22年間の間に繁栄し崩壊した実在のカルト教団『ブッダフィールド』の実態を映したドキュメンタリー作品。

最初は自分を解放する為の一種の娯楽集団で徐々に勢力を伸ばし大
>>続きを読む

巨大アメーバの惑星(1959年製作の映画)

3.4

火星怪物「もう!来ないで!」

火星探査員が火星怪物に襲われるお話。
行って帰ってくるだけだから話的には大した事はない。
けど、怪物の造形であったり火星の真っ赤っかフィルターとか演出面で凝ってて面白い
>>続きを読む

マニアカル(2003年製作の映画)

2.8

パワータイプハゲ

母を撲殺した知的障害の兄が精神病院から抜け出すお話。
兄がとにかくパワータイプ。素手で内臓くり抜いたり顔面握り潰しとかとにかくパワー。
始まって5分くらいでいきなり親父をハンマーで
>>続きを読む

>|