nG0さんの映画レビュー・感想・評価

nG0

nG0

ホラー映画中心に観てます。でもゾンビ物はほとんど観ません。邦画も観ません。偏食です。☆3.5以上は個人的に好きな作品です

フォロイング(2017年製作の映画)

3.3

ワタベさんのジェラシー炸裂

ワタベさん入りの祠にちょっかい出すお話。
いろんな人を巻き込む系で個人的にかなりツボ。
従順すぎるバンの運転手、ヤベェ所に居る霊媒師?もキャラが立っててすごく良い。
除霊
>>続きを読む

ウイジャ・エクスペリメント2: 死の劇場(2015年製作の映画)

1.0

前作を映画として扱うメタ描写はムカデ人間3っぽい。

救いようがないくらい面白くない。
前作のゲロみたいな仕上がりで満足しちゃった監督の自慰映画。
笑えないくらい絶望的に面白くないのを観るのは久々。
>>続きを読む

ウィジャ・エクスペリメント(2011年製作の映画)

2.0

痴話喧嘩のくだりがtheアメリカって感じ。
POVなのに回想シーンがある謎。

怖くないのを観たい人向け。

ドント・ノック・トワイス(2016年製作の映画)

3.0

おかんの顔面が一番怖い

2回ノックしたら良くないのが出てくるお話。
悪魔系のお話とこってこての親子愛を足してサスペンスで割ってホラー風にしたぐちゃぐちゃカテゴリ作品。
それなりに怖いシーンもあるけど
>>続きを読む

悪魔の起源 ジン(2013年製作の映画)

3.1

アラブ産ホラー。
異国情緒溢れすぎて集中出来ない。

全員顔が濃い。あとめっちゃ砂。

トビーフーパーの遺作。
珍味映画。

ポゼッション(2012年製作の映画)

3.2

ヤベエ箱

悪魔入りの木箱を買っちゃうお話。
いわゆるエクソシスト系だけど今作はユダヤ教?のエクソシズムが観れるのである意味レアかも。
あと尋常じゃない数の蛾があっちこっちから出てくる。蛾博覧会かよ。
>>続きを読む

XX(原題)(2017年製作の映画)

3.0

オムニバスホラー

the box
中を見てから食欲激減
the birthday party
旦那の遺体隠し。爆乳
don't fall
キャンプ壁画モンスター
her only living so
>>続きを読む

ザ・ハロウ/侵蝕(2015年製作の映画)

3.3

ねちょねちょ

森林調査の為に妖精が住むといわれてる聖なる森に入ってエラい事になるお話。
アイルランド民話に出てくる妖精ハロウに沿った作品。
こちとらティンカーベルみたいな妖精をイメージしてるのにその
>>続きを読む

ラスト・エクソシズム(2010年製作の映画)

3.5

ペテン師牧師のワクワクエクソシズム

根は良いペテン師牧師がガチの悪魔祓いの依頼を受けるpovモキュメンタリー作品。
牧師としての知識は豊富だけど悪魔を信じない男が悪魔に憑かれた軟体少女を救いに行く。
>>続きを読む

ラサルテの屋敷(2016年製作の映画)

3.1

越してきた家でいろいろ起こるお話。

隠された地下室、次々起こる怪奇現象、明らかになる過去。
一応ホラーのテンプレ通りのプロット構成だけどいかんせんパンチ力不足。
隠された地下室はイジり甲斐のあるポイ
>>続きを読む

カンニバル・マン 精肉男の殺人記録(1972年製作の映画)

3.4

セルフ締め出し

牛の屠殺場で働く男が次々と人を殺し部屋に放置するお話。
殺人量が死体処理に追いつかず部屋に放置。挙句の果てには臭すぎて自宅に入れなくなる。ちょっと可愛い。
尋常じゃないくらいキョドり
>>続きを読む

呪いの深海獣(1966年製作の映画)

3.2

フラグとは

深海調査船を横切る謎の物体。
中には謎の物体が。持ち帰るとそれが孵化して中から魚人間が出てきて暴れるお話。

深海じゃなくてめっちゃ浅瀬。
ラジコン級の大きさの調査船の内部は恐ろしくシン
>>続きを読む

ブレーダーズ クライチカ(1997年製作の映画)

3.6

近親相姦で生まれたフリークス達のお話

血液の病に苦しむ夫の隠された秘密。

内容が内容だけにエグいしエロい。
ゴッテゴテのグロシーンもあってすごく良い。
テンポも悪くはないしかなり観やすかった。
>>続きを読む

呪怨館(2014年製作の映画)

2.6

家にまつわる怖いお話

よくある、やつ。
家で殺されて怨念が残ったまま新しい入居者が来て巻き添いくらう系。
本当によくあるやつ。
効果音ドーーーーーーーン!!!系。

前の入居者のババアが怒鳴るシーン
>>続きを読む

ヘレナ(2012年製作の映画)

3.2

歯の妖精に付きまとわれるお話

抜けた歯をなんちゃらしたらどうにかなるっていう例のおとぎ話?を題材にした映画。
妖精というかゴリゴリの亡霊で笑った。
天井から雨の如く降ってくる歯が怖かった。物理的に怖
>>続きを読む

ドリーム・ホーム(2010年製作の映画)

3.3

憧れマンションの購買価格を下げる為に住人を殺しまくるお話。

グロ描写自体は良いとして見せ方がくどい。
「頑張ってグロくしたよ!見て!」感がどうも鼻につく。
妊婦の顔面圧縮袋は良かったけどそれ以外が素
>>続きを読む

XYZマーダーズ(1985年製作の映画)

3.6

全員顔面うるさい。特にブルースキャンベル。

ノリが完全にトムとジェリー。
いわゆる『ハチャメチャ枠』に収まりきれてないぶっ飛び映画。

サムライミとコーエン兄弟っていう500%混ざりきれない味付けが
>>続きを読む

ビヨンド・ザ・ダークネス/嗜肉の愛(1978年製作の映画)

3.5

基地外若旦那のはみ出した愛情と性癖

最愛の恋人を亡くした若旦那が内蔵をくり抜き保存。次々と女を処理していくお話。

ネクロフィリアとカニバリズムを取り入れたエログロ作品。
かなり血なまぐさいシーンも
>>続きを読む

死霊伝説ヘルデモンズ(1989年製作の映画)

-

質の悪いアドベンチャー物?

キリストツアーズ一行がメキシコに行って何やかんやするお話。
どう考えても撮りながらシナリオ考えてる。
ちょいグロかったりハートウォーミングだったり温度のムラがハンパない。
>>続きを読む

ネクロフェイジア 殺人遊戯 Through Eye Of The Dead(2002年製作の映画)

-

デスメタル?バンドの演奏の合間にいろいろなホラー映画のショートムービーが入ってるかなり変わった作り。

一曲終わる度にバンドメンバーの謎インタビューが入る。
スナッフ系とかインモラル的な映像が好きな人
>>続きを読む

キンドレッド(1986年製作の映画)

3.6

ねちゃぐちょ弟探し

狂った研究者の母が海洋生物由来の弟を培養。
事実を知った兄が秘密を探しに行くお話。

ふざけ倒したモンスター系かと思ったら結構ちゃんと作られた良作だった。
シナリオ展開も裏付けが
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.2

こんなに笑ったの久しぶり。
前作の続きでハゲヒゲが裏切った経緯が本筋。
相変わらずぶっ飛び合戦が最高にアホ。

今年最後の劇場で見る作品がこれでよかった。
今年一年はバーフバリの為に頑張りました。
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

-

散らかすだけ散らかして踊りで誤魔化した超異次元作品。

今年一番の問題児映画

僕は好き

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

-

そろそろ何が良くて何が悪いかを考えた方がいい

良かった点
・CGレベルそこそこ高し。予算のほとんどをここに注ぎ込んだのでは?
・ラスト役の松雪泰子が超絶適役。ナイスキャスティング。
・本田翼かわいす
>>続きを読む

血のバケツ(1959年製作の映画)

3.5

THE有頂天ウエイトレス

冴えないウエイトレスが事故で死んだ猫を彫刻にした事を皮切りにガンガン人を殺して彫刻にしていくお話。
褒めたら伸びるのベクトルが斜め上すぎる。

「なんすかこれ」みたいな作品
>>続きを読む

オテサーネク 妄想の子供(2000年製作の映画)

3.6

爆食切り株物語

不妊夫婦が赤ん坊を模した切り株を手にしてから切り株の食欲が止まらなくなるお話。

元ネタはチェコの民話から。
シュヴァンクマイエル特有のストップモーション、ドアップ咀嚼シーン、クソ不
>>続きを読む

マタンゴ(1963年製作の映画)

3.6

キノコフェス開催

座礁したヨットの乗組員が無人島に漂着。
その島に生える謎キノコを食べちゃうお話。

7人中5人がクソキャラで絶望的。
難破船のカビ感がリアル過ぎてこっちが気分悪くなる。
後半のキノ
>>続きを読む

サラリーマン・バトル・ロワイアル(2016年製作の映画)

3.4

ばかすか頭破裂しまくって楽しい。
殺し方のコンテンツが多くて楽しい。
ラストもいい感じに捻ってて楽しい。
文句めっちゃあるけど結構血見れたから別にいいや。

ジェームズガンの爽やかさが楽しめる。血まみ
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.5

本気のダークファンタジー

ここまで本気過ぎると思わず半ば舐めてかかって観てしまった。
作り込みが半端じゃない。濃すぎ。
民俗的なアレとかアレがヤバい。
ヤバさレベルでいうとラーメンにオムライスとハン
>>続きを読む

ラ・ジュテ(1962年製作の映画)

3.7

モノクロ静止画が醸し出す異常なまで不気味で悲しい物語。

第三次対戦を迎えたパリで実験台にされた男と記憶に残る女のお話。
一枚一枚に物語があり、それらとナレーションの組合せがすごく前衛的だった。

>>続きを読む

ラ・ワン(2011年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃCG

ゲーム開発おじさんが最強の敵を作ってしまって大変な事になるお話。
ラニジおじさん主演のロボットに続くSF作品。
今作に限らずこの手のインド映画は全く展開が読めないのがとても楽しい。
>>続きを読む

グレースフィールド・インシデント(2017年製作の映画)

2.3

イイハナシダナー

自力でスマホのカメラを義眼に搭載させた男が宇宙人に振り回されるお話。
すごく雑。
上司のビッグフットハンターの伏線は何処へやら。行き当たりばったりのストーリー進行で頭が痛くなる。
>>続きを読む

悪魔のサバイバル(1985年製作の映画)

3.4

サバゲー版クライモリ

サバゲー野郎チームゼロボーイが無人の民宿に入り込みイチャイチャ。
毎度お馴染みイカれ野郎が風紀委員と化して殺しまくるお話。
この手の作品は腐るほど量産されてるけど、この作品はや
>>続きを読む

スレンダー 長身の怪人/都市伝説:長身の怪人(2015年製作の映画)

2.9

棒立ちスーツ男

カメラ映像でしか姿を現さないスーツ男を追う記者とカメラマンのお話。
展開はpovの王道中の王道。
男女が謎の何かを追う→追って行くうちに追われる側に→途中で喧嘩。女がわめき散らす→誰
>>続きを読む

>|