nG0さんの映画レビュー・感想・評価

nG0

nG0

ホラー映画中心に観てます。たまに韓国映画も観ます。ゾンビ物、邦画はあまり観ません。偏食です。☆3.5以上は個人的に好きな作品です

映画(686)
ドラマ(3)

マザー!(2017年製作の映画)

-

詩人は神か

約束されたプライバシーである自宅を犯される嫌悪感、人々を救うはずの詩は狂気を孕む。

参った。本当に参った。
愛着のある物を踏みにじられ破壊される胸糞、加えて徐々に現実離れしていく圧倒的
>>続きを読む

12モンキーズ(1995年製作の映画)

3.3

天王寺動物園の動物逃したらこんな感じの世界になるのかな。もうなってるか。

ホムンクルス/新種誕生(1997年製作の映画)

3.1

下水に捨てられてたネチョネチョモンスター

死んでたはずのネチョネチョモンスターが実は生きててトレーダー達を振り回すお話。
標本から逃げ出したネチョネチョモンスターは他のネチョネチョモンスターを仲間に
>>続きを読む

おそいひと(2004年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

殺人鬼は身体障害者

かなり攻めた作品だった。
重度の身体障害者が殺人意識に目覚めていく様は眉をしかめる。

ただ、それ以上でもそれ以下でもない良く言えばシンプル、悪く言えば薄い。
殺人に至るまでの決
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.1

もはや歩く事件と化したリーアムニーソンが電車に乗り込んでさぁ大変。
謎の女に大金を渡されとある人物を捕まえろと依頼される。
争うリーアムニーソン、家族を人質に取られ元警察の推理力を駆使し立ち向かう!
>>続きを読む

Dr.パルナサスの鏡(2009年製作の映画)

3.5

ジョニーデップのジョニーデップ感すごい。
不条理さと皮肉めいた描写はテリーギリアム節全開

震える舌(1980年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

指先の小さな傷口から破傷風にかかる子供と両親のお話。

狂ったように痙攣を繰り返す症状が恐ろしい。
朝から晩まで舌を噛み血だらけで吠えるように唸る娘と看病でノイローゼになる両親。

怖い、怖い。
けど
>>続きを読む

エイリアン パンデミック(2005年製作の映画)

3.5

難産の牛から遺伝子組み換えモンスターこんにちは

品種改良実験で生まれた子牛の体内からぐちょぐちょネチョネチョのかき揚げが出てきて暴れまわるお話。
大雑把なプロットは物体Xとほぼ一緒。
ただ、こっちの
>>続きを読む

ジャングル サバイバル・ゲーム/ジャングル -不滅-(2013年製作の映画)

2.0

ヒョウの撮影チームが何かに襲われるPOV作品

何かに襲われるのも遅いし本来の目的のヒョウ出現も遅い。展開を引っ張りすぎた。
地元民が恐れる悪魔だとかそれに関する黒魔術フラグは一体どこへ。

展開遅い
>>続きを読む

モンスターズ・フォレスト(2011年製作の映画)

3.3

一般人←キチガイ一家←巨大モンスター

新婚旅行先でキチガイ一家に襲われてる時に巨大モンスターが出てきて全てを破壊していく。
全体的なテイストはホラーコメディに近くて、更にモンスターパニック要素も含む
>>続きを読む

エイリアン・オリジン(2012年製作の映画)

2.0

米軍特殊部隊の密林での密着モキュメンタリーPOV

前半は行方不明の考古学者探しで後半は銃撃戦。
前半は安っぽい密着系で良かった。

問題は後半のドンパチ合戦。
肝心の相手が全く映らない。全く映らない
>>続きを読む

スクリーミング・マッド・ジョージの BOY IN THE BOX(2005年製作の映画)

2.5

異形頭家族の不条理極まりないぶっ飛んだ会話が本作の大部分を占める。
意味不明なアメリカンドラマみたいな感じ。

本編よりも関西弁の吹き替えとメイキングが面白い。
思ってたよりもコッテコテの関西弁で「ボ
>>続きを読む

リンガマニア(1997年製作の映画)

2.0

右腕ちんちん男

連続強姦殺人魔を追うお話。
眼球取れたり胎児出てきたり尺短い割にエグめの描写多め。
序盤から中盤にかけて音ズレレベルが地獄級。
途中で謎の前衛的ストップモーションが入るけど、あれ単体
>>続きを読む

ミートボールマシン(1999年製作の映画)

2.5

何も理由がないのがいい。

主人公の台詞「あああ!」「ううう…」「けけけけ!」だけ。

猟奇!食人族/密林の変態儀式(1983年製作の映画)

2.0

魔術が使える部族の王座継承争い

アホみたいに陽気なBGMに合わせてひたすら殴り合う。
手からレーザービーム撃ち出す男と胡散臭すぎる謎儀式は完全にコメディ。

冒頭はおっぱいにがっつりモザイクかかって
>>続きを読む

26年(2012年製作の映画)

3.4

戒厳軍の武装弾圧により親族を亡くした遺族たちが当時の元大統領に報復するお話

冒頭は激しすぎる武装弾圧の様子がアニメーションになっている。
残された遺族の敏腕狙撃手、警察官、チンピラが集められて報復計
>>続きを読む

ある母の復讐(2012年製作の映画)

2.9

最愛の娘を強姦された母親が犯人を追い詰めるお話。

不倫してる無関心な旦那と無能な警察に板挟みになり頼れる人が居ない母親が頑張るっていうプロットは面白い。
けど頑張ってるシーンやら拉致られるシーンを何
>>続きを読む

リバイバル 妻は二度殺される(2015年製作の映画)

3.5

時をかける弁護士

弁護士の妻が殺されて一年後、殺された妻からの電話がくるお話。
過去を変えるために血なまこになる弁護士と未来を変える犯人のぶつかり合いの緊張感。
リアルタイムで未来を変えられた時の絶
>>続きを読む

カムラニの儀式(2015年製作の映画)

3.3

サイレントヒル好きが作った感

謎の病の原因を探るべく意識下へ入り込むお話。
儀式の禍々しさと意識下の混沌具合は良い。
でも全体的に妙に小綺麗だからどっぷり世界観に浸れない。

病の原因となる世界のク
>>続きを読む

操り人間(2011年製作の映画)

2.9

自分のちんちんちょん切った女装サイコ野郎、耳の不自由なヒロイン、何故か取り憑く悪霊、強烈になっていく幻覚。

美味しい要素を盛りに盛って腐らせた作品。
変態サイコ野郎と悪霊のアンマッチ感が絶賛いただけ
>>続きを読む

Atroz(原題)(2015年製作の映画)

-

セルビアンフィルム、オーガストアンダーグラウンド、ルシファーバレンタイン3部作にならぶ『あかんやつ』
刑事パートの無駄な画質の良さ。

この世で一番汚いPOV確定


(狙ったわけじゃないけど666本
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.5

一言で言うと「よく分からん」

でっかいシャボン玉に囲まれて、その外側の世界を調査しに行くお話。
異次元ってこんな感じ!っていう感じ。
極彩色のカビ的な何かに寄生?されてる死体とか「助けて」を連呼する
>>続きを読む

スキャナーズ3(1991年製作の映画)

3.4

念力姉弟の一般人を巻き込んだはた迷惑な喧嘩

完全にコメディ。
念力に嫌気がさした弟は何故かタイへ修行に。
姉は念力を利用して世界征服を企む。


ラストの変顔対決は確実に笑かしにきてる。シリーズで1
>>続きを読む

スキャナーズ2(1990年製作の映画)

3.4

個人的に前作よりこっちの方がすき。
カラコン祭り

スキャナーズ(1981年製作の映画)

3.4

アイアンサイドの顔力がすごい。
エンドロールすき。

ビデオドロームとごっちゃになってた

トマホーク ガンマンvs食人族(2015年製作の映画)

3.5

おっさん達が食人原住民を殺しに行くお話

妻を誘拐された片脚不自由なおっさんと保安官と保安官補佐のおっさんと原住民キラーのおっさん4人で荒野を行く。
原住民退治がメインのお話だからゴリゴリ西部劇ってわ
>>続きを読む

カリキュレーター(2014年製作の映画)

2.6

犯罪者達をクリーチャーだらけの沼地に放つ刑

クリーチャーの造形は悪くないけど『クリーチャーの一部』みたいな触手系ばっかりで飽きる。
しかもムチ柳とか殺人カビとか嘘みたいにダサい名前。
設定もガバガバ
>>続きを読む

ザ・ディスカバリー(原題)(2017年製作の映画)

3.2

死後の存在を証明された世界

思ってたより控えめ。
終わり方が気持ちいい

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

3.2

分かるようで分からんから解説読んだけどよく分からん。

死霊のはらわた観に行くシーンで客席ガラ空きで笑った

蠱毒 ミートボールマシン(2017年製作の映画)

3.6

血とおっぱいとジャッキーチェン

撮影後の掃除めっちゃ大変そう。
メイキングで監督が路上で寝てた。低予算って大変っすね。

面会時間(1982年製作の映画)

3.3

サイコパスの一途すぎる行動力がすごい。
逆に殺されてあげてほしい。

American Poltergeist 2(2014年製作の映画)

2.0

わお!面白くない!

けど前作より捻りは効いてた。
カメラワークと音声とCGレベルが地獄

>|