じゅんさんさんの映画レビュー・感想・評価

じゅんさん

じゅんさん

浅く広く〜(((o(*゚▽゚*)o))) 気になった映画をジャンル問わずみております。
レビューの書き方が常に迷走中(笑)

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

3.5

名前程度しか知らない自分にとっては、なるほど〜、となる内容。ストーリーの構成も生い立ちなんかがわかりやすくて良かった。

アウトサイダーズ(2016年製作の映画)

3.4

うわ〜、嫌な感じのやつだ〜。と思いながら…。親父を負かしきれない苛立ち、ん〜むずむずする〜

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.5

すごい!を通り越して、なんで?!と、つい笑ってしまうようなアクションシーン満載。復讐に命をかけた女の生き様、意外と単純。

月夜釜合戦(2017年製作の映画)

3.8

フィクションのなかにあるリアル。悲劇と喜劇の境目にある笑いと怒り。想像するに近寄りがたくてこわいイメージが少しだけやわらいだ。

エブリシング(2017年製作の映画)

3.6

ピュアな想いまっすぐ!まもりたい気持ち、愛が大きすぎるゆえに。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.9

軽いながれですごく重い。変えることやり直すことの出来ない過去の痛みとどう向き合うか。ガンガン響いてくる感情表現がすごかった。

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

4.0

観ているうちに仲間の一員になれた気がした。ただのわちゃわちゃしてるだけの映画だけどわくわく感が詰まってる。観終わったあと、さあ!…と、ひとつ深呼吸したくなるラスト。青春してえええなあ!(笑)とにかくフ>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

人の気持ちを行動として動かすきっかけってなんだろう。いろんな形でそれを見せてくれる映画でした。愛とか憎しみとか欲とか喜びとかなんとかかんとか。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.6

すごくめざめてた!若干、親の育て方に問題があるような気がしたラストに…(笑)

劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命(2017年製作の映画)

4.0

熱かったし、愛があふれていた。上映後のトークショーでは製作秘話みたいなものもたくさん聞けてよかった。「劇場版ということはどういうことかわかるか?65分なんだよ!」という支配人が監督に言ってたという話、>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

3.9

盗まれた財産がナチスによる最後の捕虜っていうのがすごくひびいた。回想シーンとのリンクが物語の重みをましていてよかった。

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

3.3

スナイパーおじさんと犬vs不法入国者。やりすぎー!こわすぎー!

砂漠に殺されろ!がかっこよすぎた。

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.7

チームも敵も上官もどこかぬけてる雰囲気があって楽しく観れました。ノリ軽すぎだろうて!上官シモンズもっていきすぎだろうて!

デトロイト(2017年製作の映画)

3.7

人種問題というのはもちろん根底にあるとして、人としての資質が問われる作品なのではないかと思った。尋問中よりも裁判中のウィルポールター君の憎らしさがはんぱなかった。ひねりつぶしてえ〜!!と、なりました。

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.6

序盤から負のオーラ全開、ずっとなにか嫌な雰囲気につつまれていて魔女とか悪魔うんぬんの前にとても気持ちが悪い。信じすぎるがゆえに失ってしまうもの。

五日物語 3つの王国と3人の女(2015年製作の映画)

3.5

願望を満たすための犠牲。現実味のあるファンタジー。3つの物語において重要なポイントが見た目にあるってことも考えると面白かった。

DARK STAR/H・R・ギーガーの世界(2014年製作の映画)

3.5

追うというよりは辿る感じのドキュメンタリー。恐怖をつよく感じるからこそ生みだされる恐怖。すごく大きな愛を持っている人だったのを知れて良かった。

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.2

現在起きている深刻な難民問題をユーモアをたっぷり含ませつつわかりやすく教えてくれる作品。出てくるおじさん達のもれなくいい味だしてくる感じ、ずるい(笑)
どう見ても山田孝之、ずるい←

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

3.0

ストーリーの設定も展開もゆるゆる(笑)よくこれでここまで全力でつくりあげたな!と、感心できるレベルでした(笑)12話完結くらいのゆるゆるヒーロードラマを90分ダイジェスト版で観たような感覚。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.6

アクションシーンの臨場感!前作からの流れで泣かせる演出!キャラの濃さ!良き!
前作を観た時に感じた目新しさがまったく感じられなかったのが残念でした。あと裏切りステイツマンのくだりはいらなかったかなぁ、
>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

3.6

小さな街のいや〜な感じと、純粋な心模様。そこが世界のすべてじゃないって、そんな気持ちになりながら。

ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で(2016年製作の映画)

3.5

単に時系列がバラバラになっているだけではないとわかった時、混乱。明確な真実が見えないまま終わってしまった感じがずるい。

エル・トポ(1969年製作の映画)

3.6

なんとなくわかるような気もするけど、やっぱりよくわからない!
なんとなく観てるとまったくわからないけど、真剣に観るとすごく疲れる映画。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

ヨシカ可愛すぎ!サンになりたい立候補したい(笑)単なる恋愛ストーリーではなく、自己のあり方ついても深く語られていてかなり惹きつけられるストーリーでした。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.7

ストーリーを知らない状態での鑑賞。謎解きもさることながら、それぞれの思いが重なり合っての結末、名作と呼ばれるのも納得。映像も綺麗でキャストも豪華なのでとても観やすかったです。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.2

わかりやすくて良い!これだけ壮大なスケールでシンプルすぎるストーリー!気持ちが良い!!素晴らしい!!潔い!!父バーフバリと比べて息子バーフバリのほうがきちんと弱く設定されてる細かさも好きです。

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.8

こういう事って本当にあるんだな、ということを知ることができたので、この映画を観て良かったと思います。なによりモレッツさんの熱演がすごかった。

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.3

過剰な表現が多過ぎて疲れるし笑ける。登場人物たちの関係とかもつれ具合とかはすごくおもしろかった。

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.2

家族のごたごた、街のごたごた、友情と愛情。終着点はどこにむかうのか、、。物語への引きこみ方がうますぎる。あっという間の4時間でした。

リュミエール!(2016年製作の映画)

3.8

世界初の映画ってどんなのだろうという興味のみでの鑑賞、字幕版でうとうとしながら。BGMと、いい声のナレーションの相乗効果で眠気が、てか夢をみているような感覚でしたね。はい!撮影された映像の構図が絵画の>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

3.9

病気のこと家族のこと生きるということ、実際に撮影された映像で進行していく様子、環境の変化がリアルに伝わってきた。魂は救われている。その言葉の重みが凄まじかった。

オリーブの樹は呼んでいる(2016年製作の映画)

3.7

おじいちゃんへの愛だけで暴走しちゃう孫アルマ可愛いじゃあないか。
切なくて熱い家族のお話でした。

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方(2015年製作の映画)

3.6

主人公もっと若いとおもってて観始めがっかりしたけど←、そこに面白さがつまってた!ちょいちょい出てくるダニエルくん、エズラさんにも笑わされた。

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.3

急にファンタジーな展開に、、あんた誰なの!?
50年、100年と時代を重ねていく様子がイメージできるラストはなんとなく良かった。なんとなく。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.6

クズ男とダメ女、ずぶずぶ。自分のことを客観視するのは難しい。

>|