JunjiTakaneさんの映画レビュー・感想・評価

JunjiTakane

JunjiTakane

映画(98)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

娼年(2018年製作の映画)

4.1

三浦映画の中で、一番ポツドールだった。好きだよ。

海を駆ける(2018年製作の映画)

4.2

まぎれもない深田作品でした。PARKSにも通じる手触りな不思議感。ビジュアルに騙されてはいけない。

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

2.2

にゅー(す)まっぷな心意気に乾杯。監督って難しいよね、とも思ったり。

ラブ×ドック(2017年製作の映画)

-

記録。と言いつつ、ウルトラゴールデンラズベリーな衝撃作!!!

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.9

三浦透子は素晴らしい。なるさまハマってた。メガネ同様モヤモヤして終わり。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.4

究極のミニマル映画。途中まで、オカズしかない。でも、イーストウッドは肌に合わないにゃー。

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.9

インドの女子ロッキーなんですが、カメラと演出が適度な感じで楽しく鑑賞。

リビング ザ ゲーム(2016年製作の映画)

3.9

天才梅原とももちの対比が面白い。魅力的な人物は今、ITやゲームの世界にいるのかも。おすすめ。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.9

富永監督の職人技とリアル過ぎなキャスティング。音楽の抜き加減も天晴。

ダークタワー(2017年製作の映画)

4.3

エクスカリバーマカロニランボー。タワーが出てこない点も、パーフェクト💯

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.4

ミュージックWARミュージカル。ノーラン作品の中でも最高傑作。

(2017年製作の映画)

4.0

キャストと監督が俺得布陣のシズル感。ストーリー無くてもいいから1時間ぐらい観ていたい逸品。

亜人(2017年製作の映画)

3.9

いやいや、これは笑います。褒めてます。濃すぎな演技と筋肉に笑い、エンディングに笑い、ストーリーや人物描写のアラとかどうでもいいと思える怪作!

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.6

大根作品の中でも好きな部類。あーゆー女の子、むしろカッコイイよね。最後の蕎麦屋ブルース良かった。

>|