Ryujiさんの映画レビュー・感想・評価

Ryuji

Ryuji

映画(2994)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

アースクエイクバード(2019年製作の映画)

3.0

アリシア・ヴィキャンデルに好感が持てた。すごい日本語頑張ってるなーって。イントネーションとか変じゃないし。でも気持ち悪い映画だよね。なんであの男にそこまで惹かれるのか分からん。てか、なんで相手役あの人>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.0

あらすじを読むかぎり、主人公が自ら決定的な証拠を見つけて、判決を覆して、それで最後スッキリできるような映画だと思ってたんだけど、全然違ったね。そういう復讐じゃなかった。ずっと鬱屈した雰囲気なのもちょっ>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

派手さはないけど好き。わりとコメディぽい雰囲気もあり。実際の人物がどうだったかは知らないけど、主人公の憎めない感じが良い。やっぱり、おなじ監督作品でも、主演を兼ねてるやつはより楽しめる。

ザ・テキサス・レンジャーズ​(2019年製作の映画)

3.5

ボニーとクライドを追う側の話。主演二人の枯れた感じが渋くて良い。とくに、ウディ・ハレルソン良かったね。

ビトウィーン・トゥ・ファーンズ: ザ・ムービー(2019年製作の映画)

3.0

たくさんの有名人が本人役で出てくるので、ちょっとミーハーな気持ちがある人ならば、じゅうぶん楽しめるはず。あと、海外のスターは心が広いなあと思った。余裕があるんだろうなあ。

タグ(2018年製作の映画)

3.0

ま、普通に楽しめるよ。アメリカにも鬼ごっこあるんだね。でも多分、鬼とかそういうのはないんだろうな?てか、ジェレミー・レナーのアクションがホークアイのときよりかっこよかった気がするんだけど。

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.0

男子中高生くらいが楽しめそうな内容。おっぱいとか、そういう系のネタ多めだし。つまんなくはないけど、アメリカのコメディでよくある感じのやつだよね。まー、エグイ描写が結構でてくるんだけど、それは良かったか>>続きを読む

ホンモノの気持ち(2017年製作の映画)

2.5

ユアン・マクレガーもレア・セドゥも好きだけど、これはイマイチ。べつにストーリーとかつまんなくはないけど興味がわかなかった。多分、雰囲気とかの問題。

ギリーは幸せになる/ギリー・ホプキンズの不機嫌な日常(2016年製作の映画)

4.0

映画的な大事件とか起こらず、サラッと観れるけど、じんわり沁みる。ただ、感動して泣くほどじゃない。

ファミリー・マン ある父の決断/ヘッドハンター・コーリング(2016年製作の映画)

2.5

良い話だと思うけど映画としては面白いと思わなかったな。目新しさがないんだよね。仕事と家族どっちとるみたいなのありきたりじゃん。子供が病気なのも感動を狙いすぎで、あざといというかさ。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

見応えあって映画としては好きだけど、ちっとも共感できず。冒頭からずっと子供憎たらしい。親の責任だろうな。親がクソすぎ。どんな理由があろうがクソ。よその子がどんどん悪ガキになっていくのが見てられん。てか>>続きを読む

エドtv(1999年製作の映画)

4.0

「トゥルーマン・ショー」と同じようなコンセプト。テレビの嫌なところ出てるね。ちょっとオチが弱いかなー。もっとガツンといってほしかった。

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

2.5

ちょっと難解な感じ。キャメロン・ディアス可哀そうだと思った。150年後に生き返っても仕方なくない?

A.I.(2001年製作の映画)

3.0

これこんな結末だっけ。なかなか奇想天外な展開だったなー。正直、顔溶けるところしか覚えてなかったわ。序盤とかホラーっぽい描写で好きなんだけど、ドクターノオあたりから、うーんって感じかなー。

ダイバージェント FINAL(2016年製作の映画)

2.0

キャストの顔くらいしか覚えてなかったけど大丈夫かなーって思って観たら、さっぱりだった。この人たち、何してるんだっけ?うーん、、

マローダーズ 襲撃者(2016年製作の映画)

1.5

案の定ブルース・ウィリスほとんど出てきません。誰だか知らない奴がタラタラなんかやってました。単純に面白くないです。最後もなんだかなーって感じ。

スティール(2002年製作の映画)

2.0

スタイリッシュな感じの犯罪映画が好きな人はどうぞ。自分はそういうの鼻につくので。犯罪者のくせにって思っちゃう。

エンド・オブ・トンネル(2016年製作の映画)

3.0

シンプルで普通に楽しめるけどね、なんかちょっと物足りない気がしたかな。やたら都合のいい展開が多いし。とくに終盤とかうまくいきすぎでしょ。

エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE(2019年製作の映画)

3.0

「ブレイキング・バッド」は好きだったから、普通に後日談として楽しめたけど、これドラマ観てない人はよく分かんないかもね。全話観た自分でさえ、登場人物とかエピソードを忘れてたくらいだし。正直、懐かしいなー>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

実際の犯罪者を描いた作品とか結構あるじゃん。なんかああいう印象だよね。いち漫画のキャラクターなのに。例えばサノスなんかは映画の中の話だって分かってるから楽しいけど、これは妙にリアルでゾワゾワするってい>>続きを読む

TAXi(4)(2007年製作の映画)

2.5

もはやタクシー関係ないやん。てか、署長ばっかり悪目立ちしてる印象だなー。

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.0

妄想に取り憑かれてるとかそういうことなんかな?気持ち的にはスーパーボランティアのおっさんなんかと同じなんだろうなーって気もするけど。

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

2.5

ウォーターゲート事件の裏側みたいな感じ。渋い。ちょっとウトウト、、

ウィザード・オブ・ライズ(2017年製作の映画)

2.0

これ実話?なんかそんな感じしたけど。自分には前半から小難しくて集中力が途切れちゃったな。

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

4.0

シチュエーションが面白い。サクッと観れるのもいいね。

クーキー(2010年製作の映画)

2.5

なんか教育テレビ観てるような感覚だったな。ま、結構ダークなところとかあるけど。パペット特有の感じとかは嫌いじゃない。ただ、ちょっと退屈。半分よそ見してた。

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.5

昔のやつ観てないけど面白かったよ。勿論、前作のエピソードとかキャラクターを知っていたほうが楽しめると思う。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

結構、説明不足というか、話が飛んでるみたいなところが幾つかあって気になった。原作を無理に詰め込んだのかな?ま、内容が分からない程ではないので普通に楽しめるけど。あとポケモン的な面白さもあるよねー。

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

3.0

いやいや、これのどこがポリスストーリーやねん。安っぽいSFやぞ。冒頭から変な白塗りのやつ出てきてズッコケたわ。スターウォーズに憧れてんのかなーって場面いくつもあったよな。まー、これはこれで楽しめなくも>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.5

まー、これまでのをきっちり覚えてるわけじゃないし、キャストも変わっちゃってるので、登場人物とかそういうのがよく分かんなくて、ややこしく感じられる部分はあったかな。印象に残ったのは鼻と口の無いやつ。

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.0

面白かったんだけどね、後半よく分かんなくなってきて、え、それで終わり?って感じだった。ちょっと笑えるところもあったかな。なんで全裸で靴だけ履いて追いかけてんねんとか。

エルム街の悪夢(2010年製作の映画)

3.0

わりと真面目に作ってあって良かったよ。オリジナルなんてシリーズの最後のほう酷かったもん。あれよりはマシな感じ。ただ、ラストはちょっと違うかな。ホラーのお決まりのパターンだしさー。もはや、夢でもねえじゃ>>続きを読む

ストレンジャー・コール(2006年製作の映画)

2.5

犯人は身近な人物だと思ったのよ。あるいは姿を見せない子供が、実は引きこもりのヤバい奴でーとかさ。いざ出てきたら、お前誰やねんって感じなんだもん。

完全なる報復(2009年製作の映画)

3.5

最初のうちはね、法律の矛盾点をつくというか、難しいことは分かんないけど、ちょっと社会派ぽいのかなーって感じで、クライドこそ正義だと思って観てたんだけど、だんだん違う方向になっていって、あー、こいつただ>>続きを読む

ストーン(2010年製作の映画)

2.5

演技合戦という点では観ていて楽しめる。ミラ・ジョヴォヴィッチもいい感じだった。でも、なんだか煮えきらない。ていうか、宗教のことよくわからない。

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(2012年製作の映画)

3.0

ちょっとぬるい気がしたかな。ブレンダン・フレイザーがいないのも不自然だよね。ドウェイン・ジョンソンもいいけど、前作のほうが楽しめた。

>|