かずタロさんの映画レビュー・感想・評価

かずタロ

かずタロ

2015/5/1~ 気まぐれ

映画(285)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.5

命も心も人間関係も壊れるのはとても簡単で、長く大事にするのは手のかかることだけど素晴らしいことだなと、修復されたメリーゴーランドを見てそう思いました。

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

4.0

母親の彼氏がヘドが出るほど最低最悪で、サム・ロックウェルが眩しくて直視できないくらい最高でした。

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

4.0

嫌だ、こんな夫婦になりたくない。
どっちの立場も嫌だ。

ああ爆弾(1964年製作の映画)

5.0

狂言で始まり、ジャズして、ミュージカルして、シニカルに終わる
あーもう、これだから岡本喜八が大好き

リアリティ・バイツ(1994年製作の映画)

3.5

大学を首席で卒業したもののテレビ局でアルバイト、しかも毛嫌いされたあげくクビ、ラジオ局では向いてないと言われ、新聞社では相手にされないリレイナ。ギャップに勤務している友人を見下している。

アワワ…痛
>>続きを読む

卒業(1967年製作の映画)

3.5

めちゃくちゃ居心地が悪い。ダスティン・ホフマンを叱責したい。

ラストの(それでさ…どうすんの…これから…)感がアメリカンニューシネマっぽくて良かったです。

ベニイ・グッドマン物語(1955年製作の映画)

3.5

もっと曲のできる過程や背景を見たかった気がします

ライオネル・ハンプトンやハリー・ジェイムス本人が出ててビックリ

>|