きのはるさんの映画レビュー・感想・評価

きのはる

きのはる

  • 9Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.0

Unextで実装されてたから見ました。面白かったです。字幕の出方がオシャレです。言い残すことはないかとか言わないでさっさと殺しちゃうところが「復讐をしてもしなくても大切な人は戻ってこないんだから、やっ>>続きを読む

無聲 The Silent Forest(2020年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

聾学校に転校してきた主人公。めっちゃ可愛いヒロインに一目惚れするが、ヒロインは日常的に複数の男子生徒から性的暴行を受けていた。主人公は以前警察と揉めた時味方になってくれた新人っぽい先生に相談し、先生が>>続きを読む

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

以下面白かったところ。
・狙撃の腕前がすごい家庭教師
・ジャンプの悪役みたいな会議
・馬車が道を間違えたせいで殺されるセルビア夫妻(史実通り?)
・少年趣味のラスプーチン
・でもお父さんを指名するラス
>>続きを読む

これは君の闘争だ(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

学生運動の話です。運動はざっくり三つに分けられます。①バスの賃上げ反対。②公立高校の閉鎖反対。③給食費の不正利用とか教育費の凍結とか。(この辺よく把握できませんでした)
①で彼らはデモ行進などで勝利を
>>続きを読む

白河夜船(2015年製作の映画)

2.5

原作が好きだから観ました。Unextで。
登場人物の九割がボソボソと喋るので何言ってるか全然聞き取れませんでした。
ヒロインが特別に美人でも可愛くもなく欠食児童のように痩せ細っていますが、逆にそこが性
>>続きを読む

リトル・ガール(2020年製作の映画)

3.5

ドキュメンタリーです。劇的なところはありません。
ざっくり粗筋を説明しますと、肉体は男の子、精神は女の子のサシャが学校にスカートを履いて登校できるようになるまでの話です。
サシャが本当に美しいですね。
>>続きを読む

場所はいつも旅先だった(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ヒーリング映画です。エッセイが原作らしく、滔々とした語り口調の男性の朗読と共に世界のあっちこっちの美しい風景(早朝や深夜のダイナー、スリランカの寺院、マルセイユの港、台湾の路地裏、等々…)を堪能できま>>続きを読む

リスペクト(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

二時間ちょいの映画。長かったです。テーマとしては「束縛する父や夫を振り払って才能を縦にした歌手。その軌跡」といった言ったところでしょうか。DV夫はともかく父親に関しては娘を束縛することに多少正当性があ>>続きを読む

恋する寄生虫(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原作の静謐さが完全に失われています。美しい冬の風景以外は「過剰」って感じですね。
とりわけBGMが過剰です。意味深なことを言ってるシーンではサスペンス風のBGMが流れ、視線恐怖症を打ち明けるシーンや告
>>続きを読む