knjhtさんの映画レビュー・感想・評価

knjht

knjht

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

コメディ、泣き、妄想と、アップダウン激しい一人芝居シーンを繰り広げ、歌まで歌う。松岡茉優でしか成立しなかったのではとも思ってしまうはまり役。歌のシーンなど、小説では表現できない、映像化した作品ならでは>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

登場人物1人ひとりを丁寧に描いているおかげで、それぞれをより理解できるように。特に、ただただ弱い心の坊ちゃんという印象だったカイロ・レンが、8では魅力的に見えた。
二転三転のストーリー展開にも、どうな
>>続きを読む

一礼して、キス(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

安いAVの、演技のシーンだけをずっと見てるような感覚。キュンキュンさせたいシーンを見せるために、その間は唐突な展開続きで繋いでる感じ。ヒロインも相手の男役も、どちらの気持ちもわからないまま終わった。池>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.5

すごい映画。CGをほぼ使ってないなんて信じられない。でも、感想は「疲れた」。これ以上上映時間が長かったら耐えられない気がする緊張感。時間をごちゃ混ぜにした構成で頭を使うし、音で緊張感がものすごく増す。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ザ・高校生の青春映画。学園映画要素、成長要素、アメコミ要素と大好きなものばっかり。しかも、クモに噛まれたところから始めなくてさらに好感。

トリガール!(2017年製作の映画)

4.5

まさかの掘り出し物。土屋太鳳&間宮祥太朗のコメディ合戦に笑った。土屋太鳳は、恋愛よりコメディが合うのでは。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

多くを語らず徐々に状況を説明しながら、人間の醜いところを描いていくので好印象。主人公の変化にうるっときた。様々な登場人物それぞれのストーリーもいい。ゾンビ映画で涙が出るとは。ゾンビ大連結は大笑い。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

女性に囲まれて、人生を学んでいく15歳の少年のストーリー。母親の、息子に対する愛情にグッっとくる。自分の母親の心情はどうだったのか、とか重ねてしまう。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

ずっと漂う緊張感と度々起こるどんでん返しに、あっという間に時間が過ぎた。純粋に面白かった。藤原竜也も伊藤英明もいい演技。

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

ひたすらバカバカしいけど、学園の生徒会長選挙と大人の世界の政治を上手く組み合わせて、しかも意外とホロリともさせる。主要メンバー+数人にそれぞれしっかり自然に見せ場もつくってどの人も美味しい役になってる>>続きを読む

ポエトリーエンジェル(2017年製作の映画)

3.0

ポエム・詩のボクシングがよくわからなく、やや期待薄で見てたけど、話が進むにつれじわじわと来た。決意のポエムは思わず泣きそうに。山田真歩あたりの笑わせる演技もよかった。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

すごい重厚感で見終わった後、疲れた。アメコミとは思えない。ひたするただウジウジ悩む某アメコミのヒーローと違い、本当に重い。一人の男の最後。これまでのX-MENシリーズは終わったんだなと思わされる。最後>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0

IMAXに合う映画。とにかくバカバカしく、迫力満点の映像オンパレードで、それしか感想がない。サミュエルLジャクソンが超怖く、主役のお株を奪う感じ。あと特になにするでもないのにずっといる意味不明な中国人>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最後はハッピーになれると信じて見るも、ブラック企業・上司っぷりが酷くて、しかも長くて憂鬱に。映っている時間と役的には工藤阿須加が主人公に見える。彼の役が小池栄子と接する場面では、会話で全て説明するので>>続きを読む

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

下ネタ満載で、カメオ出演もたくさん、笑いいっぱい。でも恋愛に不器用に向き合うストーリーもしっかりしてる、かなり拾い物のラブコメだった。ビルヘイダーが相手役っていうイケメン美女のカップルじゃないのもいい>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.5

「インセプション」的な地面グチャグチャ系の映像から、時間巻き戻しの中の戦いまで、面白い映像たくさん。IMAXで見てよかった。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

予想以上のコメディノリに驚き、頑張ってる姿などにホロっとくる。タイトルからも全米を制覇するとわかっているので、その過程を飽きさせずに見せるのは難しそうだけど、素直に作っていい印象。ラストの天海祐希演じ>>続きを読む

獣道(2017年製作の映画)

4.0

「地方都市で生きるたちの人生」みたいなテーマは気が滅入る作品が多いけど、この作品はコメディ交えて描き方が面白くて楽しめた。ドンドン落ちて行く伊藤沙莉の演技がすごかった。アントニーの演技もまさかの良かっ>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーの中身はないけど、ポップスターを皮肉った小ネタの応酬で満足。ジャスティン・ティンバレークやマイケル・ボルトンなどが出てきても劇場内の反応がほとんどなく、なんとなく声出して笑える雰囲気じゃなか>>続きを読む

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

中国で鑑賞。

ラストシーンに象徴されるようにまさにプロパガンダ映画ではあるけど、冒頭の水中格闘シーンに始まり、ロケットランチャーを金網で受け止めたり、戦車バトルなどと笑えるアクションシーン満載。アク
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

名作「死霊館2」に比べるとやや普通ホラーという印象。でも、畳み掛けるような後半の怖がらせ方など楽しかった。特に、アメリカホラーお約束の悪魔が姿を見せるシーンは好物。

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

2.5

ストーリーを収束するため、前作でよかったアクションシーンが少なくなり、また岩田剛典の役の比重が高まった印象。でも、爆破シーンなど金かけてる感は健在。

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.5

抗争ストーリーは自分はやや興味薄いけど、カーアクションや各チームの特色ある動きを生かした長回しのアクションシーンの迫力は驚いた。

火花(2017年製作の映画)

2.5

淡々と進み、長く感じた。桐谷健太の役になぜ菅田将暉の役があれほどまでに引かれたが、やや伝わりにくかった。菅田将暉のラストライブシーンはうるっと。主演二人それぞれの相方、木村文乃がハマってた。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

子供たちの成長ストーリーに、見終わった後、爽やかな気持ちになるホラー。NKOTBの使い方好き。ホラー好きな自分としては、もっと怖くても。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0

シリーズの内容を忘れていてややついていけないストーリーもあるけど、宇宙ホラーとして楽しめた。ホラーのお約束多いし、哲学的なプロメテウスより好き。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

ファンタジーだからそんなことはないとわかってるけど、ちょっとおばかで健気な犬の気持ちに、犬を飼ったことのない自分でも何度も泣いた。飼っている人はつらいと思ったりもするのかも。犬を飼いたくなった。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.5

結果、とんでもない展開になっていくのに、それまでの展開に引き込まれるので、トンデモになってからも楽しめる。
12/2に、気になってもう一度見たら、色々なシーンやセリフに違和感を感じさせる要素を盛り込ん
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.0

原作未読。アクションに特化した作りで、情報ない自分でも楽しめた。最近のマンガ原作のなかでは好き。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.5

冒頭から小ネタ・ギャグをはさみまくり、しかもテンポも良く進んでいくんで楽しい。真面目なソーより、断然こっちが好き。伏線もしっかり回収していくし、ストーリーも好き。

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.0

福田雄一節炸裂のただただバカバカしい94分。でも山﨑賢人はじめみんなバカ演技で笑った。照橋の妄想のなかでウキウキ演技する姿みて、山﨑賢人に好印象を持った。

ミックス。(2017年製作の映画)

2.5

特に驚きがないスポーツラブコメ。テレビドラマを映画館で見たような印象。ガッキーが主役だから成り立ってる印象。演技では、蒼井優がかっさらった感じ。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.5

子役の演技の素晴らしさに尽きる。柔らかく綺麗な映像も良かった。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

設定は面白いし興味深いけど、全体的にあっさりと進む印象。いろいろ考えさせるんだけど、もっともっと面白い映画になりそうでなんだかもったいない。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

もっと軽快な雰囲気に仕上がっているかと思ったけど、そこまでではなく。でも、これまでのシリーズに比べれば、小ネタギャグも飛びかい楽しい。特にフラッシュの軽快さが良かった。