taiさんの映画レビュー・感想・評価

tai

tai

ひとよ(2019年製作の映画)

3.6

父親のDVから家族を守るために母親が父親を殺害。そして服役して15年後に再会。
間違っても謝らない母親。
「自分のしたことを疑ったら子供が迷子になる」、「自分にとっては特別な日でも、他人にとっては何で
>>続きを読む

フラッシュダンス(1983年製作の映画)

3.4

音楽とダンスが斬新。
音楽もいいし、路上のブレイクダンスなどキレキレで観ていて楽しい。
そしてジェニファー・ビールスが可愛い。

オーディションのラストシーンのダンスを踊っていたのが男性だったとは…流
>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.5

岡田准一のアクションは見もの、マンションの足場での格闘シーンは凄かった。
ヨウコもめっちゃ強くてファブルはヨウコの100倍強い(自称)笑
堤真一は悪役は似合わない気がする、ひょうきんな三枚目が好き😂
>>続きを読む

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

3.6

実話に基づく内容で、大企業を相手に有害物質六価クロムの健康被害を受けて苦しむ人達と補償を勝ち取るために立ち上がる。
弁護士事務所で働くエリンにとっても、育児や金銭の問題を抱えながら苦労する。

支えて
>>続きを読む

新しき世界(2013年製作の映画)

3.7

韓国らしいヤクザ映画。
イ・ジョンジェもいいけどファン・ジョンミンがよかった。

潜入捜査して犯罪組織の壊滅を狙う捜査官ジャソン。犯罪組織の会長亡き後に後継者争いが勃発する。その中にあって潜入捜査官の
>>続きを読む

Arc アーク(2021年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

短編SF小説の映画化。
芳根京子演じるリナが夫と共に不老不死の処置を受け、夫は遺伝子異常で適合せず、リナだけが生き残り子供と共に長い人生を歩む。

遺体を特殊加工して生前の姿まま保存する施術(プラステ
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.6

VFXが凄い、ゴジラもコングもスター・ウォーズで出てくるような乗り物も。
前半、眠くなるような展開から一転、ゴジラ対コングの闘いが始まる。
モンスターハンターを思わせるモンスターやエヴァの19番めの使
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.4

岡田准一は身体能力も高くアクションもいい。迫力と言う点では、まだまだだけどコメディ要素もあって十分楽しめた。
主人公が超強いっていうのはいい。

ノンストップ(2019年製作の映画)

3.3

オム・ジョンファとアクション、どんな映画かなと思って観た。
出だしからの銃撃戦、おー期待できるなと思ったのは最初だけ。完全なコメディやん😂

ハワイ旅行が当たり、初めての海外旅行。
その飛行機が北朝鮮
>>続きを読む

きっと、またあえる(2019年製作の映画)

3.8

久し振りのインド映画。
学歴社会のインド、インドは自殺率が高いということを「きっと、うまくいく」を観て知った。
その裏には教育の競争社会があって、生まれたときからエンジニアか医者になることを望まれてい
>>続きを読む

真実の行方(1996年製作の映画)

3.8

法廷ものの映画は面白い。
大司教殺人の真実を争う裁判。
殺人現場にいたアーロン。何かこいつ怪しいと思いつつ、そうか多重人格者か。時々、ロンが顔を出す。
正に真実は何かを追求し、検察と弁護人の懐の探りあ
>>続きを読む

毒戦 BELIEVER(2017年製作の映画)

3.4

キム・ジュヒョク「プラハの恋人」「ホジュン」等ドラマでよく観た俳優で、いい役しか知らないので今回の役は以外だった。もう彼の演技が観られないのが残念。

銃撃戦や爆発シーン等は迫力があって面白いが、全体
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.8

ストーリーも展開も面白かったし、後半の意外な展開も良かった。終わりかたも次あるの?って感じ😅

なんと言ってもFUKASEが良かった、不気味なサイコパスな両角役がはまってた。抜擢したプロデューサー、監
>>続きを読む

マーズ・アタック!(1996年製作の映画)

3.1

しょうもない火星人だと思ったら凄くて野蛮、地球より文明が進んでるし、核兵器なんてなんてこったない。
しょうもない宇宙船だと思ったら機能が凄くて戦闘能力抜群。
しょうもない映画だと思ったらキャストが豪華
>>続きを読む

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

3.4

時間があって、予備知識もなくたまたま観てしまった。海外のSF小説を基にしたタイムスリップ系の映画。

設定も内容も無理してるなーって感じた。
過去に戻って未来を変えるなんて、若干「バック・トゥー・ザ・
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

相手が誰であろうとマイペースのニックと、ケネディ大統領の前でも演奏したことがあるお堅く礼儀正しい黒人ピアニストのドクが、人種差別の根強い南部までの演奏旅行。
ニックはドライバー兼マネージャーとして力を
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.4

70年代、日本でもディスコブーム。
六本木や新宿によく行ったころを思い出す。青春が甦る~🎵
トラヴォルタはこの映画のヒットで一躍有名になった。

トニーはクールで真面目、仕事も休まず評判がいい。躍りが
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.7

クリント・イーストウッド演じるウォルトは堅物で口が悪くて子供や孫達にも嫌われている。二人の息子とつきあい方がわからなかったと懺悔する。
朝鮮戦争で辛い経験をした。
人生の幸せも心の安らぎも感じたことが
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.6

夫ニックと妻エイミー。
結婚5年目に妻が疾走するところからストーリーが始まりストーリーが進むにつれ真実があらわに。練りに練られたサスペンス。
エイミー演じるロザムンド・パイクのストイックさに凄みを感じ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.7

なんてたって映像が綺麗で内容も面白かったし観ていて飽きなかった。
悪い奴は何処にでもいるもんで、死者の世界だったら普通悪い奴は地獄に堕ちてるはずだと思うが‥。
しかしガイコツ💀という設定は死者の世界だ
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.7

1969年(昭和44年)から始まり
2012年(平成24年)と1980年(昭和55年)を時空を越えて繋がっているという面白さ。

ナミヤ雑貨店の店主西田敏行の33回忌を記に一夜だけの悩み相談の復活。
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.3

下らないだろうなと思って観たけど、期待どおりだった。😂
最初から笑いのブッコミ。大企業のOL達の派閥争いが力ずくで行われる。意外な展開と面白さがいい。
遠藤憲一、勝村政信らがOLで出てきたのにはガッカ
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.7

何でカッコーなんだろうと調べたら、頭のおかしい奴という意味があり、カッコーの巣とは精神病院の事を意味しているらしい。成る程、タイトルからしてそんな深い意味があったなんて。

カッコーは他の巣へ自分の卵
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

-

事実に基づく映画。
1979年11月、イランの米国大使館が大勢の民衆によって占領、襲撃され60人が拘束された。他に6人が大使館の裏口からカナダ大使館に逃げ込んだが、イラン側が人数が足りないと必死で探す
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

出だしからのドライビングテクニック、まるで玩具みたいに車を走らせる。音楽とテンポのいい展開が面白い。
強盗団から抜け出せないベイビー、恋愛と
強盗の狭間で葛藤する。
強盗をしきるはケヴィン・スぺイシー
>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

1968年に起きたシカゴ暴動に関わる裁判、ベトナム戦争に反対する組織がシカゴで行われる民主党大会に合わせてデモを行い警察と衝突する。
暴動の引き金は警察かデモ隊か。

1967年夏にデトロイトでも暴動
>>続きを読む

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

3.4

ターミネーターみたいにコンピューター、ロボットに支配された社会に立ち向かう変り者家族の物語。

家族愛がひとつのテーマかな。
ヘラジカ語を一つ覚えた。
アウ~(愛してる)✌️

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.7

犯罪組織のスパイとして刑事になったコリン、自分が生き残るためには仲間も殺す。
潜入捜査官として犯罪組織のスパイとなったビリー、精神的に追い詰められてゆく。
お互いの存在が組織に知られ探り会う展開が続く
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

大麻ビジネスに関わる裏社会の攻防の話。

情報屋のフレッチャーが自分のネタを2000万ポンドで売込みに、麻薬王ミッキーの右腕レイと二人の会話によってストーリーが展開して行く。
時系列が入り交じって最初
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

時系列が逆にストーリが始まったことが、後からわかってきた。
ルイーズは言語学者で地球外生命体と通訳として召集され生命体との対話を試みる。生命体が表示する丸い輪っかみたいな言語を分析する。QRコードみた
>>続きを読む

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

突っ込みどころ満載のゾンビ映画。

出だしからのゾンビでラスベガスが全滅。
韓国の「新感染半島」でも朝鮮半島がゾンビに占領された。ゾンビはどこでも日光が嫌い、そして感染力が強い。最近はゾンビが大量発生
>>続きを読む

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

人間界に興味をもった死に神が一人の青年の命を奪って富豪の元へやって来た。
設定が面白くブラピが若く初々しい。

ブラピのコーヒーショップでの口説き方が上手いというか憎いね。イケメンだったらこうありたい
>>続きを読む

ハリソン・フォード 逃亡者(1993年製作の映画)

3.5

再視聴
アメリカのドラマで日本でも一世を風靡した有名なドラマのリメイク。
ハリソン・フォード、トミー・リー・ジョーンズ、言うことのない組み合わせ。
トミーはこういう追っかける役が多い、まだ若くてキレが
>>続きを読む

チョ・ピロ 怒りの逆襲(2018年製作の映画)

3.4

2014年セウォル号が沈没、修学旅行中の300名の高校生が犠牲になった。
「君の誕生日」でセウォル号事故の犠牲になった青年のことを想った映画もあるが、何年たっても記憶から消えることのない事故。この事故
>>続きを読む

私というパズル(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

男性はあまり理解できない映画かもと思った。レビューを書くのも難しかった。😅

冒頭から凄い出産シーンで、思わず力が入ってしまった。演技も素晴らしかったけど、女性は改めて凄いなと思いました。

助産婦さ
>>続きを読む

>|