こいちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

こいちゃん

こいちゃん

すぐ泣く

映画(542)
ドラマ(0)

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

2.6

お、おもしろくなかった。編集者的に胃が痛くなるシーン多数。〆切まもってくれないのまじでつらいからなっておもう。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.0

誰も私ほど長く立てない、のセリフいいたい!音楽もドレスもうつくしい!

SING/シング(2016年製作の映画)

3.5

地上波でやってたので吹き替えで見た。洗車のシーンでけらけらわらった。

チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密(2012年製作の映画)

4.6

もうみんな言ってくれてるんだが、ほ邦題ィィィイ!めちゃくちゃいい映画だった。心を開くと、じぶんの話をしたくなるよな。

新しき世界(2013年製作の映画)

4.9

みたことある韓国映画の中でいちばん好き
!!すごいおもしろかった。。チョン・チョン兄貴に惚れ切ってしまった。なにが正義か〜の問いは本当にあるあるではあるんだが、信念とか仁義とかもう大好き要素がしっかり
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.8

映画館にみにいくことはしないタイプの映画だとは思ってたけど、なんというかふつうに面白くて王道でもれなく泣いた笑 個人的に卓球自体が好きなせいもある。瑛太ってほんとにかっこいい、かっこよすぎてもはやちょ>>続きを読む

疑惑とダンス(2018年製作の映画)

4.4

この短さが逆にだれなくてよいし、トークショーつきで1200円めっちゃよかった。設定以外アドリブらしく、びびる、めちゃくちゃおもしろかった。こういうこというヤツおるわ〜〜と思いながら笑った。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.5

アーウィンと先生みたいな存在がいなかったティーンだったけどな?

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.8

searchとおなじ監督だよとおしえてもらってみた。なるほどなるほど〜〜となりました。たしかにあと10分長かったら飽きてしまったかも。音に集中する映画は移動中やプライムより映画館でみるのがいちばんだな>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.4

イーストウッドってほんとに才能がやばくない?と仕事中ずっと考えてしまった。ふたりで冷蔵庫的なものを運ぶ時に、字幕でメチャ重かったって出たとき、渋いおじいちゃんの現代ちっくな口語に激萌えした。いいはなし>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

4.8

未解決事件はほんとうにゾッとするし、いまだに時効、というシステムには疑問や憤りがあるが、もうこいつが犯人であってくれと投げやりかつ祈りに似たきもちで奔走する主演ふたりがとてもよかった。苦労が徒労に変わ>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.8

女王のいたたまれなさ、、魚眼レンズみたいな映像がすごかった。見出し(章の話タイトル)も粋だったし、フォントにもこだわりがあってよかった。音楽が不気味。

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

3.8

最初こんなにも音楽が流れない映画めずらしいなとおもってみてた。いろんな職業が世の中あるんだなあと思った。。後味がよくて、すてきでした、もうふつうの恋愛映画だなと思ったよ。みんなが書いてたのをみて、たし>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

3.5

先読めない、犯人が早々捕まったからそのあとどうなるんやと思った。身近に猟奇サイコパスいたらこわいなとゾッとした。

傷だらけのふたり/恋に落ちた男(2014年製作の映画)

3.8

みんなが本当の悪者じゃなくてよかったな、記憶とは愛より悲しいもの。。

ブラックブック(2006年製作の映画)

4.0

冷静に、戦争ってどちらかが降伏するまで人を殺し続けるし、終わっても征服されるし、当たり前なんだが、まじで狂気で、こわすぎるなと改めて思い知った。。おかしいことすぎる。

インサイダーズ 内部者たち(2015年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃおもしろかった。。ラストそういうことなのね!うわ〜〜いと思いました。悪が悪のままドロドロと終わっていく沼みたいなストーリーも好きだけど、正義が報われるのはほんとうにいいな。

アジョシ(2010年製作の映画)

4.5

ヴォンビン無双と聞いてはいたが、あまりにも無双がすぎる。。めちゃくちゃにかっこいいが結局悲しいし、救われないけどすっきりする。韓国映画って形容しがたい凄みがある。

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.0

やーいいはなし アミターブ・バッチャンってスラムドッグミリオネアで出てきたよね?平日ほぼひとがいなかった回だったから、友達と最後列で音楽ノリノリでみた。

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

4.8

すごくよかった。善悪の境目で彷徨うひとというテーマも、田舎のどんよりした閉塞感もぐっときた。昼と夜の風車の景色も、回数を重ねるごとに涙が出そうになった。サイレントになるところ、スローモーションになると>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.6

お姉ちゃんとはぐれて迷子になってそのあとずっと会えない、っていう状況を想像しただけで吐きそうになった。。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.0

誰にでも生きづらさあるよなと思うと気持ちが軽くなる。主演ふたりの演技がとってもよかった。どうやって映像化するんだろと思っていたけど、原作の雰囲気まんまだった!

サウスポー(2015年製作の映画)

3.5

ベタで王道で素敵。ツバメのタトゥー入れたい!

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.5

ロマンチックから徐々に徐々に現実へ、という感じ。センス溢れる仲直り。素敵なシリーズだった。

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.8

救いようが全くないし正義も悪もあったもんじゃないんだが、こういう韓国のムチャ映画は面白い、、、みんな強すぎだし足速すぎだし、殺し方熟知しすぎだしやばい。山の中銃弾の傷みて泣くとこ、半端なくつらくてわた>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

愛の起源、何回も何回もリピートして聴いてる。ラスト、ヘドヴィグが世の中のはぐれ者に対して、あなたたちは間違っていない、自分のロックンロールで生きていけみたいに歌うところ(ちょっと曖昧)なんかよくわから>>続きを読む

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

正直、後半の尊厳死とか死生観の部分のストーリーよりも、家族や身近な愛とうまく馴染めない人間同士が心を開きかける瞬間の表情とか、触れ合いとかの描写の部分のほうがぐっときた。道具を返せと言い切れないとこと>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.0

LUCKYをみてしまっているので嫌味なジイさんキャラがどうしても上回らなかった。が、翌日はボブディラン口ずさんでしまう。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.0

ちょっと難しかったな。みんなに言われてるように、邦題_:(´ཀ`」 ∠):

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

4.0

法律の不条理さとか、抜け道とか、すごく違和感を抱く。何歳だろうが罰していいとわたしはいつも思っている。

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.5

天才でも異常者でも、そばにいて支えてくれる人がいてくれたら幸運だなあと思います。

>|