くるみんさんの映画レビュー・感想・評価

くるみん

くるみん

映画(102)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

さほど興味はない映画だったけど、AmazonPrimeに加わっていたので今さらですが見てみました。

ゾンビ映画とかあまり好きじゃないので前半は見始めたことを後悔していたのだが、その前半の「なんかダレ
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.5

記録。カウリスマキの映画と考えるとあんまり。もうすこし間接的ならいいのだけど、直接的な社会性ってぼくは映画にはさほど求めてないのかも…

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.8

記録。良作だが、前半はかなりいらいらする。デニーロの演技すごい。

スティング(1973年製作の映画)

4.2

記録。脚本が本当に素晴らしい。文句なしの名作。

バスキア(1996年製作の映画)

3.8

記録。おもにボウイのウォーホル役が最高ってだけの評価。音楽はわりといい。PILとか。

ノミ・ソング(2003年製作の映画)

3.8

著名人(?)では最初にエイズで死んだと言われているクラウス・ノミのドキュメンタリー。モリッシーが以前インタビューでこの人の「death」という曲の詩に触れていてその存在を知った。
ボウイみたいな本物の
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.8

記録。良作などだと思うが、この手の話を素直に肯定的に受け止めてしまうのは何となく嫌だなと思ってしまう。

ONCE ダブリンの街角で(2007年製作の映画)

3.4

記録。同監督の『シングストリート』や『はじまりのうた』と比べると、肝心の音楽がさほど心に響かず。

ビル・エヴァンス タイム・リメンバード(2015年製作の映画)

3.0

キネマ旬報シアターにて。
演奏シーンが少なく物足りない。インタビューもぶつ切りすぎて、もう少し編集どうにかならなかったのかしら。

あれだけドラッグと女と金にだらしない最低のクズ男の人生を垂れ流された
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

3.8

『トト・ザ・ヒーロー』のジャコ・ヴァン・ドルマル監督作品。あらすじを読むだけでもすごく面白そうな設定だけど、実際やっぱり面白い。映像もとても美しいしエアも可愛い。
ただ全体的にやや冗長に感じるのと、性
>>続きを読む

ムード・インディゴ うたかたの日々(2013年製作の映画)

3.8

大好きな原作と、この原作を映画化するならこの監督しかないかなという理想的な組み合わせ。クロエ役もオドレイ・トトゥならぴったり。事前に出てたスチール写真も雰囲気よくて、大期待だった…そのぶん公開時にかな>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

3.5

評判の良さに期待して観たのですが、あまりノリが合わなかったです。終始テンションが高すぎて、うるさいし疲れてしまった。レゴの人形の造形にあまり魅力を感じないせいもあるかも。終盤、人間が出てきてからは少し>>続きを読む

バンデットQ(1981年製作の映画)

3.6

邦題の『バンデットQ』のQって何?
テリー・ギリアムらしいといえばらしい映画なんだけど、中盤まではかなり退屈してしまった。創造主がでてくる終盤あたりで、ぐっと面白くなるんですが。
残念ながら、時の洗礼
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.1

この映画をみると(自分にはなかったしもう取り戻せない)子供時代の宝物のような友情や冒険の記憶に、ちょっと胸が苦しくなるような気がします。
悪役のエース・メリル、(『24』のジャック・バウアーの)キーフ
>>続きを読む

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

4.1

テリー・ジョーンズの監督作品っていつも微妙な出来っていうイメージなんですが、この映画は大好きです。世間の評価がいまいち低い理由がよく分からない。
キャストが豪華(モンティパイソンが最後の?勢ぞろい)な
>>続きを読む

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

3.8

2019年の自分の視点でみても、たしかに悪くはない、というかわりと好きな雰囲気ではあるのですけど。
当時あれほどのブームになった理由まではよく分からず…この手のものを好きと言わないといけない空気があっ
>>続きを読む

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

3.8

『プラダを着た悪魔』のモデルとも言われる名物編集長アナ・ウィンターを中心に、米版ヴォーグの9月号ができるまでを描いたドキュメンタリー。
実質的な主役はクリエイティブディレクターのグレイス・コディントン
>>続きを読む

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

3.8

ストーリーが平坦で全体的に盛り上がりにかけるのが残念なんだけど、主役のリリー・コリンズ(フィル・コリンズの娘!)がとにかく可愛くて魅力的。それと石岡瑛子の遺作の衣装が本当に素晴らしい。映像もきれい。>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.6

面白かった。出演陣が超豪華。音楽も聴いたことのあるものばかり。後続のいろんな人たちに影響を与えていることがよく分かる。
けどちょっと伝説になりすぎているというか、映画単体で見ると内容はそこまででもない
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.2

いつも通りに字幕で見てしまったのだが、これは吹き替えで見るべき映画だったかもしれません。
ロボット好きとか怪獣好きとか特撮好きなら、きっとわくわくするんだろうなぁ。
でも自分は子供の頃からそうでもなか
>>続きを読む

愛の調べ(1947年製作の映画)

3.8

ブラームスがとても魅力的。
ただ史実としては、クララとは生涯に渡り親交の深い友人だったということと、生涯独身だったという以上のことは(クララへの恋愛感情の有無などは)分かっていないはずだけど。
リスト
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

3.8

今みても名作ですが、さすがに時代は感じますね。
終盤に挿入される「ブロードウェイメロディー」はまるまるいらないなーと思いました。
それよりは物語じたいをもうすこし掘り下げていて欲しかった。
でも、ジー
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

4.0

こんな映画でしたっけ?
全体的に暗いストーリー。
単純なヒーローも悪役もいない複雑な人物造形。
ヒロイン・エイドリアンのあまりの地味っぷり(だからこそあの有名な「エイドリア〜ン」が効いてくるかも)。
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.5

文句なしの傑作。
アップルコンピュータのリンゴマークの由来かもしれない(スティーブ・ジョブズは一応否定している)アラン・チューリングの実話に基づく物語。
ラブストーリーといってもいいかもしれない。
>>続きを読む

テルマエ・ロマエ(2012年製作の映画)

3.6

Amazonプライムビデオで鑑賞。
面白かったです。古代ローマの公衆浴場について調べてしまった。
恋愛要素とかシリアス要素がところどころ寒くてこういうの不要じゃない?とは思ったけど上戸彩の演じる漫画家
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

3.0

「メリー・ポピンズ リターンズ」への予習のつもりで見た。
古典的な名作としての価値はともかく、2019年に観るには冗長すぎるし、退屈すぎました。途中からはもう苦行のようだった。同年の映画「マイ・フェア
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.0

Amazonプライムビデオでやたらと評価が高かったので見てみたが、自分には全く合わなかったです。
動物(とくに猫)は大好きなんですが、ベタなドラマ展開が多すぎるし感動の押し付けって感じてしまった。犬好
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.0

Amazonプライムビデオでやたらと評価が高かったので見てみたが、自分には合わなかったです。
ジム・キャリーの苦手な部分がでてる映画だった。『(500)日のサマー』に引き続き、ズーイー・デシャネルの演
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

3.8

量子力学の話とかはわりと好物なので面白かったけど、実際には観測できない高次元空間を映像化することの難しさも感じた。人間の想像力の範囲ではそうならざるをえないんだろうが、ワームホールとか大きな入り組んだ>>続きを読む

>|