くまみさんの映画レビュー・感想・評価

くまみ

くまみ

最近映画を観る本数がかなり減っていますが、映画が好きです。
(ミステリーホラーをよく観ます。SFは敬遠しがちです。)

2017年から観た映画の記録をスタート!
今まで何本の映画観てきただろう…?

映画(106)
ドラマ(0)

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.0

あれ、、、?
何故かわからないけど全然わくわくせずつまらなかった…
つまらない内容でもない筈なのになぁ。

ラストもありきたりと言えばありきたり。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

4.5

狂気と愛に満ち溢れた映画だった。 
あ、そういうことか。という人物と人物の繋がりも好きだし評価が高い!
余韻が残る映画を久々に観た。

運命って残酷で容赦がない。
あなたと出会う為の殺人。殺人を犯さな
>>続きを読む

アニマルズ 愛のケダモノ(2016年製作の映画)

3.0

ジョンが兎に角気持ち悪い。あのタイプの顔と雰囲気は本当に受け付けない…

完全なる飼育みたいにストックホルム症候群になっていくのかと思ったら全く違った。
母親が子を思う気持ちは誰もが一緒なんだなぁ…だ
>>続きを読む

ダブル/フェイス(2017年製作の映画)

3.5

106分と短めでさくっと観られた。
ありがちな内容だけど、なかなか面白かった!
卵子提供をして子どもが産めなくなり子どもを奪う女。
流産を5回も経験し代理母をお願いする女。
重いなぁ…

これニコラス
>>続きを読む

最低。(2017年製作の映画)

1.0

…期待し過ぎたのか、ストーリーが頭に全然入ってこなくつまらなかった…

時間が長く感じて、あと何分で終わる?と確認してしまった。

AVも風俗も世間では最低な仕事。
だが、性を仕事にするのは駄目なこと
>>続きを読む

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.8

内容は少しだけ納得いかない部分もあるけど、素晴らしいジャパニーズアクション映画!
ちゃんばら凄い!
衣装も小物も好き!

観て良かった!って久々に思えた。

藤原竜也も安定の藤原竜也で大満足。

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

4.5

お、面白い!!!
苦手なジャンルで避けていた作品だけど、観て良かった!!

衣装、小物が凄く好き!
着物にブーツが格好いい。

藤原竜也も安定の演技と役柄で素晴らしい!!

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.3

途中こんな感じの作品なんだ…とガッカリしたけど、ラストとても良かった。

失って気付く大切な人と時間。
愛おしい大切な人を亡くした私には刺さる部分が多かった。

私もぶっ壊して組み立て直す事ができるだ
>>続きを読む

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

3.0

可愛い少女が女になっていくのに憎悪を感じた。
ヴィオレッタの絶望は底知れない。

母親も母親の母親もおかしいよ。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

ただのホラー映画じゃないところが凄く良かった!
石を投げ合うシーンなんて、青春映画観てるのかな?と思うほど。

ピエロ嫌いな私はゾクゾクした。

予告犯(2015年製作の映画)

4.2

絶対面白くないだろうなー、
在り来りなラストだろうなー、
最後まで躊躇なく殺害して欲しいなー、

なんて思ってたからなかなか観る気になれなかったけど、もっと早く観れば良かった!!と思えた作品だった。
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

2.5

昔からぬいぐるみは好きだが人形が怖くて苦手な私には怖い作品だった。

亡くなってしまった我が子に会いたいと言う気持ちは凄く理解できる。

グラスホッパー(2015年製作の映画)

1.6

んー、、作品内容はいまいち。
それぞれ深く掘り下げれないからこんなものなのかな。

山田涼介ってなかなか良い演技するんだなぁ。と思った。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

2.0

何が真実なのだろうか?
全ては自分が信じるのか信じないのかだと私も思う。人は信じたい事しか信じない。

殺人者(犯罪者)も誰かを救う器なのかもしれない。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

2.0

トム・クルーズ主演!で期待しすぎていたかも…ストーリーは面白いのに何故かわくわくしなかった。

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.0

わたしは好きになれない作品。
最後までハマれず観るのが苦痛だった…
ただ、フランス映画独特の空気感は好き。

ミシェルの嫉妬心というか、自分が一番で自分を見て欲しいという欲求が気味が悪かった。

追憶(2017年製作の映画)

3.3

何かを守る為に誰かを傷つけたり、自分を傷つけたり、嘘ついたり、、
真っ直ぐ生きている人なんていないんじゃないだろうか。 

愛する人が近くにいる幸せを噛み締めました。

アンフォゲッタブル(2017年製作の映画)

3.8

女の嫉妬と言うか、狂ってる女って本当に怖い。
母親→子→孫と連鎖されていくのも怖い。
子をなくした母親が孫に会いに来たラストはゾッとした。

内容は難しくなく捻りもないのでサッと観れる。

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.4

漫画を読んでいないから
漫画を読んでいなくても
どちらかわからないけど、楽しめた。

バトルのCGとても綺麗!

しかし、千眼美子っていい演技するわ。

昼顔(2017年製作の映画)

3.5

ラストこれか。と私の嫌いなパターンでガッカリ(肯定も否定もできない内容だけども…)

そして『馬鹿じゃないの』と言う思いが溢れた。
乃理子の言う『許した』を鵜呑みにしてペラペラ砂羽との事を話すな
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

話題になりすぎて、期待が大きすぎて観る気になれなかった作品。

地上波で放送されたから観てみたら観終わって『面白かった』って素直に思えた。

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

2.8

ほっこりするシーンもにやけてしまうシーンも好きだな。
ただ、ラストが、、、

一応ハッピーエンドで良かった

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.8

めちゃくちゃ面白いじゃないか!!!

特撮、SF嫌いだから避けていたけど観て良かった!
リアリティ部分もラストのシーンも凄く良かった。

ゴジラって味方か敵かさえわからなかった自分を恥じる。

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.5

今までにないウシジマくんだった。

私的に竹本が一番やばい奴。
いい意味であんな人いたら怖い。

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.0

ウシジマくん観ると毎回病む。

そして、今を大切に真面目に生きようと毎回思う。

黄金を抱いて翔べ(2012年製作の映画)

2.8

原作を読んでいないから展開に期待して観れたのか、原作を読んでいないからどはまりしなかったのか、、どちらだろう。

ん???って思う事、腑に落ちない事がある映画だったなぁ

傷だらけの悪魔(2017年製作の映画)

4.5

何これ…が見終わってすぐの感想。
思っていた何倍も面白かったし、タイトルがストーリーと凄くあっている。

いじめがテーマだけど、今までになかった内容だった。

いい意味での問題作。

淵に立つ(2016年製作の映画)

2.3

あの男がくるまでは本当に家族だったのかな?とあの夫を見ると疑問に思う。

脆い。あまりにも脆い家族。
だけど、これが現実なのかもしれないな。

ラストが好きじゃなく、疑問に思う事も多く、居心地の悪いも
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

泣いた…!!

最期の最期に本当の姿になれたリリーは幸せだったんだろうな。
苦しみ葛藤しながらも本当の自分になりたいと強く思うリリーは綺麗だった。
受け入れようとするけど最愛の人が変わっていく事の葛藤
>>続きを読む

造られた殺人(2015年製作の映画)

3.5

125分と長めだけど前半はコミカルなシーンもありで退屈せず観れた。

嘘も突き通せば真実に。
真実を決めるのは視聴者。

報道されている事に真実はどのくらいあるのだろう…?

愚行録(2017年製作の映画)

4.5

素晴らしい作品だった。

冒頭の脚が悪い振りをしてバスに乗っていたおじさん(席を譲れと言われた相手)に罪悪感を植え付けるシーンで早々にガッチリ掴まれた。

誰が悪か、何が悪かは人それぞれで答えなんて出
>>続きを読む

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

2.5

ストーカー男の監禁、飼育物かと思ったら全然違った…!

ストーリー内容はつまらなくないのに退屈な映画。


檻の中の『乙女』とあったけど、どこが乙女なんだ…!
サイコパスにはどうやっても勝てないよ、セ
>>続きを読む

名もなき復讐(2015年製作の映画)

4.0

クズな警察官、強姦野郎、グロさのザ韓国映画。

ストーリー展開が良くてスッと入ってくる。
だから、とても胸が苦しい。

誰が悪いのか、不幸の始まりはどこなのかと考えても答えはでない。
『~だったら』と
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.5

優しさではじまり優しさで終わるだけの映画だと思いきや、悲しい気持ちと戦い、大切な物と人を守る為に戦いヒーローになる映画なのね、ヒロ!!

兎に角泣ける。
毛嫌いして今まで観なかった事に後悔。

>|