クロスケさんの映画レビュー・感想・評価

クロスケ

クロスケ

邦画だとサスペンス、ヒューマンドラマ、
ベタベタ青春モノ、
洋画だとSF、サスペンスが好みです。
どちらかというと、邦画好き。
でも、あまり偏ると飽きるので
味を変えながら鑑賞しています٩( ᐛ )و

インセプション(2010年製作の映画)

4.0

夢の構造を理解するまで
時間かかります。

明晰夢ってこんな感じ?

夢の中に囚われて
長い時間を過ごした
モルやサイトーの
描かれていない時間を
思うと気が遠くなる( ´Д`)y━・~~

キック・アス(2010年製作の映画)

3.2

アメリカの子役は
すげぇ٩( ᐛ )و

一番のヒーローは$300,000の
マシンガン付きジェットパック
では………?

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

3.8

誰も知らず、
誰にも気付かれずとも、
少しずつ影響して
大きな成果に繋がっている
ことは現実にも多くある
だろうと思った。

検証はしようがない。
誰も気付かないから。

まさか多部ちゃんの
あの一言
>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

3.6

それぞれの事情を背景に、
微妙な心情の交差を
感じられた。

肩すかしの結末にも納得。
事件がきっかけとなって
過去を追憶することに
なったということに
後味の良さもあった。

良作!

インターステラー(2014年製作の映画)

4.8

家族愛、恋愛、謎解き、
SF、科学理論、裏切り、
伏線の回収、斬新な映像表現、
奇跡の生還、感動の再会!
全部詰め込みました!
3hで全部のせ系映画!

『コンタクト』以来の衝撃!
文句なし
洋画マイ
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.9

ヒロインのマリが
ベンヤミンに惹かれる理由が
謎だったことも、
ミスリードのひとつ
だったのかも。

そのマリに今ひとつ魅力がない
のが残念………。

核心に入るまでが単調。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.0

???????

登場人物たちの
鬱屈した感情が爆発した
のは分かるが、
極端過ぎてついていけない………。

裕也は最初は
あんなにヘタレなのに。
泰良と組んでから
急に気が大きくなり過ぎでは。
泰良
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.0

激ムズ………。

元気があるとき観る系映画。

時系列を変えて観ると、
善人が悪人に、
悪人が善人に変わる。

すごい………。

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.6

河崎と麗子の証言を
交互に聞いて展開する
ストーリーはとても面白い。

が、隣人はもう少し
上手く視聴者を
騙して欲しかった。

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.5

エヴァやキョウコが
美しいのと、
孤立した近未来的な施設の
映像や雰囲気は
素晴らしかったが、

展開はそっちかー………。
ありきたりに思えてしまった。

AIの知能を判定するという、
チューリングテ
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.8

現代パートが途中から
雲行きが怪しくなって、
とんだ茶番を見せられた!

と、思ってしまったのだが、
過去パートがすごく良くて、
特に、若かりし頃の楊の俳優さんが
とても良かったのだが、
調べても名前
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.8

キャストの微妙な
表情や仕草が伏線となる
非常に繊細な作品。

トゥモローランド(2015年製作の映画)

4.0

バッジを触って
異空間を見るところや、
タキオン粒子の話
などはすごくワクワクする!

本当に社会の制約がなければ
技術の飛躍があるのだろうか?

夢があるなぁ。

アフタースクール(2008年製作の映画)

4.2

アフタースクール

まず、このタイトルが秀逸だ。

冒頭から違和感だらけだけど、
とりあえず気にせずに観る。
こういう作品は、何も考えずに
騙されるのが良いかも。

ただ神野はなぜ高級車を
買ったのか
>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

3.8

伏線もしっかりあって、
監視システムの真実を
明らかにするところが
とてもワクワク。

そこまでの導入は
ありがちなテレビドラマ風で
少し退屈した。

後半の会話の伏線回収も
スッキリ。

音楽がメタ
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

ゴジラなど
怪獣映画には興味がなく、
一作も観たことがなかったが、
評判が余りにも高いので
鑑賞しました。

これはただの怪獣映画
ではない!

あれほどの緊急事態でも
法律や指揮系統を遵守して
右往
>>続きを読む

あやしい彼女(2016年製作の映画)

4.5

せつないけど、
清々しくて、
笑わせてもらえるし、
劇中歌も鳥肌もの。
何より、
多部ちゃんがかわいい………。

邦画マイベストNO.1❗️
好きすぎて3回観た。

「悲しくてやりきれない」は、
原曲
>>続きを読む

シンクロニシティ(2015年製作の映画)

3.4

台詞や行動の違和感が
後々に解明されていくのは
面白かった。

近代的なホテルも
パラレルワールドの暗喩か?

あまりにもレビューの評価が
低いので、ガッカリを覚悟で
観たが、何故そんなに低いのか
>>続きを読む

インベージョン(2007年製作の映画)

3.2

侵略SFと大きな皮肉。

元夫の実家で流れる
平和的なニュースで
サラっと説明されました。

何はともあれ、
とにかくニコール・キッドマンが
美しい……………。

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.4

過去と現在を
行き来する映像は
緊迫感や状況が
リンクしながら繋がり、
あの日の謎が解けていく。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.4

あらゆる効果音が
印象的に強調されて
いるような気がした。
それが生々しく、
気持ち悪さも増幅させていた。

ユリゴコロ と
訛らせているのは
何故だったのか?

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.5

そこで終わりかー。

というところで、
物足りなさもあるが、
これ以上、ZQNのやられる
ところも食傷気味で、
見るに耐えないので
もう十分………。

アクションが見応えある
がゆえに。

青空エール(2016年製作の映画)

3.4

野球部と吹奏楽部の
浮き沈みが全く同じなのが
ちょっと気になるが、
期待通りの
安心安全な青春映画。

吹奏楽部の顧問は
昔、山形でスウィングガールズ
やってました。
ほっこり。

二重生活(2016年製作の映画)

3.5

登場人物すべてが
自滅しているようにみえる。

そもそも不倫したから。
ちゃんと説明しないから。
理由なき尾行なんて始めるから。

尾行の臨場感とか
教授の物語の伏線とした違和感とか
石坂が珠の話をバ
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.4

もちろん原作とは別物

だが、
佐藤健じゃなきゃいけない
理由があったんだろうなあ。

でも、医師という設定だからこそ
有能さに説得力があった。

アクションはかなりスゴかった。

ラストの決着も衝撃
>>続きを読む

太陽(2016年製作の映画)

3.4

克哉が戻ってきてからの
カオスが怖すぎる………。

冒頭の克哉と駐在員、
後の鉄彦と森繁の関係が
どこで違ってしまったのか。

ノクスの法律や倫理観に
忠実すぎる言動と、
キュリオの粗暴さの
コントラ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.6

三隅は他人のことが人一倍
よく分かってしまう。
敏感な「器」だったのか。
自我が薄い存在なのか。

よくある法廷ドラマとは
一線を画す、本音と建前の
飛び交うやりとりは
実際に見たことはないが、
リア
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.6

一見分かりづらそうだが、
わりと単純で分かりやすい。

ちょっと説教くさい。

人間にとって重要なある概念が
なくなると、なるほどそういうところに
影響が出るのか、というのが
面白い。

特に、満島真
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

3.8

ベタって最高ーーーっ!

という映画でした。

爽やかな恋愛要素
期待を裏切らない「転」
狙いすぎなシュールな笑い
ダサ過ぎる坂場センパイ

主要キャストに与えられた
見せ場もニヤニヤして
観られます
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.8

何だろう………
途中からの様子がおかしい。

ファンタジーが強くなってからは
コレがどんな現象なのかは
考えてはいけない。

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.5

言葉は善にも悪にも
強い力を持つね………。

順の父親が引っ越す時に
言った悪意。
そう思っていても、
実の娘にあんなこと言わんだろ………。

スキャナー 記憶のカケラをよむ男(2016年製作の映画)

3.2

確執からの友情
師弟愛
特殊能力
暗い過去
ミスリード
どんでん返し
淡い恋

なかなかのお腹いっぱい系映画。

異質な描写で伏線かなと思う
アイテムが過去のシーンに登場
しなかったり、
フェアじゃな
>>続きを読む

青の炎(2003年製作の映画)

3.2

ラストの後味の悪さ………。

稚拙なアリバイトリックが
若さの表現か。

それにしても、通学路が
美しすぎる………。

秘密 THE TOP SECRET(2016年製作の映画)

3.0

他人の脳内映像を観る。
だから余計な台詞での説明はない。
のかも知れないけど………
分からないものは分からない。

納得出来ないまま進んで行くのが
しんどい。

>|