kwtn37さんの映画レビュー・感想・評価

kwtn37

kwtn37

映画(1294)
ドラマ(21)
アニメ(0)

ミッドナイト・キラー(2021年製作の映画)

1.9

ストーリーは時事問題を取り上げてる感じで意外としっかりしているが、何か味気なくパンチが物足りないシリアキラーを追う刑事物の可もなく不可もないありふれたお決まり展開の作品。
出演者の割に演出が結構安っぽ
>>続きを読む

デンジャラス・プレイス(2022年製作の映画)

1.2

哀しみのウィリス兄さん…
とんだ間抜けな犯人に、意味のない謎のレズ設定…娘と一緒に故郷に来た恋人は撃たれて切られ災難…警察所長は胸を撃たれても無傷同然の動きとジョーク三昧…笑
いかんせん全員撃たれ過ぎ
>>続きを読む

ワイルド・ワイルド・ウエスト(1999年製作の映画)

1.5

西部時代に似合わない近代メカが出てくるテイスト自体がよく解らない映画…
同監督のMIBを意識した二人組によるアクション映画になっているが、ストーリーとアクション共に完全にスベッており、良い所を探すのが
>>続きを読む

ヴァチカンのエクソシスト(2023年製作の映画)

2.3

実話シリーズ。
実在したエクソシストであるガブリエーレ・アモルト神父の悪魔祓いがモデルの映画。ラッセル・クロウvs悪魔。
原チャ+ラッセル・クロウの組合せが何故か強烈でそれだけで面白く、ストーリーは単
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

2.5

ジャケット通りのホラー作品。
ホラー作品の設定としてはオチ含めて中々面白いが、序盤〜中盤の中弛み感は否めず飽きてしまったが、終盤で一気に巻き返した様な展開と構成。
伏線回収は小ネタ散りばめでそこそこ良
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

2.7

SFスリラー作品。
よくある使い古されたUFO系の作品かと思いきや、いい意味で期待を裏切ってくれたので、序盤のオーソドックスなストーリー展開から一気にテンションは上がった。
ジョーダン・ピールの作品は
>>続きを読む

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

1.9

シリーズ第3作品目。
時系列で言うとキングスマン創設迄の前日譚に当たる始まりのストーリー。
印象的にこのシリーズはもっと気軽に観やすかった印象であったが、ストーリーが中途半端に小難しく、脚が治ったりと
>>続きを読む

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

3.0

オーソドックスで非常に解りやすい詐欺師の王道ロードムービーであるが、少女との組合せが素晴らしく今見ても古臭くなくセンスの良さを感じる。
後のレオン等などの映画に影響を与えていることは間違いないと感じら
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

2.8

恋愛映画でそうではない男の教科書映画。
気楽な距離と関係を好む女と運命を信じる男の話。
男の感情をこれでもかと上手く描いており、世界の男の考えに国境は関係ないことを知る…サマーは支離滅裂な気分屋で作中
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

2.5

シリーズ第1作品目。
列車で出会った異性とのワンナイト的恋愛を追った会話劇の何でもない映画の内容であるが、何気無い会話や表情が感情を上手く表現しており、ちょっとした非日常が非常にロマンス的で切ない。
>>続きを読む

プロジェクトBB(2006年製作の映画)

2.3

プロジェクトシリーズと思いきや関連性はない単独作品。日本向けの単なる邦題。
ストーリーはジャッキーの子守り2時間で内容はあまりなく、いつも通りのジャッキー映画と言えばその通り…吹替のダジャレが圧倒的に
>>続きを読む

AVA/エヴァ(2020年製作の映画)

1.9

女性暗殺者物。
ストーリーはシンプルで解り易く楽しんでいたが、最期一番面白くなりそうな所で「えっ」という終わり方…いかんせんラストがダメ過ぎて全てを無にする仕様。
シンプルに王道歩めば良いのにかなり中
>>続きを読む

リミット・オブ・アサシン(2017年製作の映画)

1.8

イーサン・ホークとジョン・ウィック製作陣ということで期待したが、最期の銃撃戦以外何も印象に残らない映画…
脚本が悪いせいか設定自体が全く面白くない薄っぺらい内容で、アクションもジョン・ウィックとまでは
>>続きを読む

ザ・ガンマン(2015年製作の映画)

2.3

ショーン・ペンには珍しい肉体派アクション映画。身体を仕上げてるのが流石の一言…しかしながら、ストーリーは解説を見ると凄いオーソドックスでシンプルな内容ではあるが、映画の構成が下手くそで状況が伝わり難く>>続きを読む

フラッグ・デイ 父を想う日(2021年製作の映画)

2.6

実話を基にしたシリーズ。
重犯罪者が自分の父親だったという衝撃の内容であるが、作品自体は静かに淡々と時系列に父と娘の人生が交錯する展開。
言葉で説明するのが難しい映画だが、どんな悪人でも父は父、娘は娘
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

2.5

突然、癌により生存率50%を宣告された27歳の闘病生活を描いた作品。
題材的には重たい内容を想像するが、全体的にポジティブな内容で周りの人間の大切さが伝わる作品。
恋愛部分はオプションみたいなものだが
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

3.0

7歳程度の知能しかない父親が娘を取り戻す為に裁判で闘うヒューマンドラマ。
ただのお涙頂戴の映画かと思いきや、第三者による関与が良くも悪くも色々と考えさせられる内容で、アメリカ制度特有の部分はあれど良い
>>続きを読む

フィスト(1978年製作の映画)

2.5

スタローンには珍しいかなり硬派な社会派ドラマ作品。題材はトラック運送の労働組合が舞台で、主人公の成り上がりを描いた内容。映画の題材としては労働組合というコアな分野の内容ではあるが、起承転結がしっかりし>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

2.8

シリーズ第1作品目。
ストーリーは詐欺師者の内容で、非常にシンプルで特別驚く捻りはないものの、解り易くテンポもいいので飽きずに鑑賞できる。完全に騙されるどんでん返しとまではいかないが、詐欺の結末も面白
>>続きを読む

フレンチ・コネクション2(1975年製作の映画)

1.9

シリーズ第2作品目。
舞台はNY→マルセイユへ。
ストーリーは前作の正当な続編となっており、取り逃がした麻薬取引のボスを追う内容。1よりもストーリー性はあるものの、ダラダラ間延び感があり何度もダレてし
>>続きを読む

フレンチ・コネクション(1971年製作の映画)

2.0

シリーズ第1作品目。
実話を基にしたシリーズ。1961年の麻薬密輸事件がベースの模様。
オーソドックスな麻薬捜査官による追跡ストーリー。淡々と捜査シーンが2時間程続くだけの映画で、あまり迫力のあるシー
>>続きを読む

バガー・ヴァンスの伝説(2000年製作の映画)

1.8

ゴルフ映画。
戦争からの帰還ででスイングを忘れた元天才ゴルファーが町興しに72ホール周って感覚を思い出し人生を取り戻す話。
ストーリーは非常にシンプルで、コースをひたすら周る中での軽いヒューマンドラマ
>>続きを読む

炎のメモリアル(2004年製作の映画)

1.9

消防士のヒューマンドラマ。
走馬灯演出にてオチは何となく察しがつく。非常にシビアな内容で、現実的ではあるが救いはないのでひたすら現実を受け止める哀し過ぎる内容…実際の炎が使用されているらしいので炎の迫
>>続きを読む

キッド(2000年製作の映画)

2.6

突然40歳の自分の前に8歳の頃の自分が現れて大人になって失ってしまった何かを取り戻すファンタジー作品。
とてもディズニーらしいシュチュエーションに演出が重なり非常にディズニーらしい映画で浪漫が詰まって
>>続きを読む

小説家を見つけたら(2000年製作の映画)

2.6

年の差を越えた友情物語。
淡々とノホホンな展開が続き、一人の青年と老人の友情を描いた作品。
派手な演出等は一切無くストーリー自体も地味なものではあるが、昔ながらのヒューマンドラマで非常に観やすく心地が
>>続きを読む

アメリカン・アンダードッグ(2021年製作の映画)

2.3

実話シリーズ。
元アメリカンフットボール選手であるカート・ワーナーの自伝映画。
アメリカンフットボールのルールは全くわからないが、ヒューマンドラマが中心の為、鑑賞にあたり支障は無かった。
ストーリー自
>>続きを読む

Lift/リフト(2024年製作の映画)

2.0

Netflixオリジナル作品。
キャストはかなり豪勢。しかしながら面白い訳でも面白くない訳でもなく、只々久々ジャン・レノが観れて嬉しくなる映画…

バッドランド・ハンターズ(2024年製作の映画)

1.8

Netflixオリジナル作品。
ゾンビ物の映画であるが、団地の構内という世界観の規模がかなり小さく、また、このジャンルで一番重要であろうアクション部分が少なく薄っぺらいストーリーがダラダラ展開される…
>>続きを読む

アウトフィット(2022年製作の映画)

3.4

スーツの仕立て屋の店内だけで繰り広げられる会話劇。
非常に地味で2時間ほぼ会話劇のみであるが、起承転結がハッキリしており、内容に緊迫感があるので引き込まれる。
また、想像もしていなかったどんでん返し的
>>続きを読む

ジョン・ウィック:コンセクエンス(2023年製作の映画)

3.8

シリーズ第4作品目。
舞台は日本も出てくるが、ハリウッドお決まりの日本映写違和感はあるものの、武器多種のまるでゲームの様な爽快アクション映画。シリーズでも1番のアクションの多さと派手さ…ストーリーは一
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

3.5

実話に基づいたシリーズ。
どこまで脚色されてるかわからないが、警察とヤクザが手を組んでサイコパスを捕まえるというとんでもない話。
マ・ドンソクがハマり役で物凄いオーラを放っており、ストーリーは勿論のこ
>>続きを読む

守護教師(2018年製作の映画)

2.4

役柄が教師なだけで内容は完全なサスペンスな作品。
ストーリーは学園の生徒が行方不明になり…ツッコミ処も多く学園は序盤の少しだけで、展開が急に駆け足で壮大になっていくので学園内でのGTO予想してたら全然
>>続きを読む

ファイティン!(2018年製作の映画)

2.3

韓国版オーバー・ザ・トップ。
マ・ドンソクを癒し系に全振りした作品で、台詞等ロッキーの影響も感じる。
ストーリーは単純明快で解り易く何も考えずに観れるが、全体的にドラマが安っぽいのと吹替が酷い。なぜ子
>>続きを読む

ミュータント・ニンジャ・タートルズ3(1993年製作の映画)

2.4

シリーズ第3作品目。
エイプリルは2から続投。ケイシーが1より再登場。
舞台がNY→何故か戦国時代の日本。
ストーリーはかなり急ぎ足で取って付けたようなタイムスリップ物なので設定はガバガバです。また、
>>続きを読む

ミュータント・ニンジャ・タートルズ2(1991年製作の映画)

2.6

シリーズ第2作品目。
主要キャラのエイプリル役、シュレッダー役が1より変更。また、主要キャラのケイシーも今作は登場しない。
前作よりもアクション部分が強化され、全体的にエンタメ要素が強くなっており、ス
>>続きを読む

ミュータント・タートルズ(1990年製作の映画)

2.7

シリーズ第1作品目。
Blu-ray化が待ち望まれ遂に実現。
30年以上前の作品であるが、未だに違和感が少ない着ぐるみ実写版作品の大作。
オーソドックスなシンプルなストーリーにボスのシュレッダーが弱過
>>続きを読む

>|