sunaさんの映画レビュー・感想・評価

suna

suna

映画(221)
ドラマ(0)

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.5

主人公の陰キャ描写と演技がリアルすぎて胸が痛い。映画としてはいかにもA24な雰囲気映画で、核心に踏み込まない感じがして少々もどかしい。とはいえ10代で見たらグサグサ刺さっただろうなというストーリーで、>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

2.7

葬式で家族が集まるシーンの気まずさはリアルで良いけど、その他はちょいちょい突拍子のない話でちょっと方向性が分からなかった。岸井ゆきのは相変わらず素晴らしい存在感。

ジュリエットからの手紙(2010年製作の映画)

4.8

「少しの勇気を持ち、心に従って」

ラブストーリーとしてほぼ完璧、実に良い映画!
自然な話の流れときちん伏線を張ってからの見せ場作り(クレアへの手紙!)が光る見事な脚本。特に後半の展開は個人的に大好き
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

2.6

うーん好きな役者だらけ(ジュード・ロウかっこよすぎ)だし、音楽や雰囲気も好き。
ただストーリーと演出が全然ハマらなかった。スローモーション多用は正直ちょっとうんざり…脚本も特にアニーとスー・リン絡みの
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.4

主演2人が素晴らしい、特にイーサン・ホークの無骨な夫役は新鮮。ガタカの印象強いけどこういう演技も出来るのか~すごい。
映画としてはものすごい地味で寡黙な映画ながら、後半になるにつれてエモーショナルなの
>>続きを読む

わさび(2016年製作の映画)

2.8

芳根京子が素晴らしくて恐れ入った、作品を引っ張る印象的な存在感。
ただ映画としては父親の下りがイマイチ、うつ病で通すのにリアリティが希薄。全体に長めのCMのような感じでした。

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.0

サム・ロックウェルのほぼ1人芝居ながら、ナイーブな面と粗野な面の使い分けがお見事。映画としては正直、キモとなる設定の1発勝負で終わってしまったのでちょっとイマイチ。もうひとひねり欲しかったのと、ラスト>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.9

超豪華キャストもさることながら、圧巻の美術含めた世界観のセンスが唯一無二!中盤のスキーのシーンとか安っぽさが斬新になるセンスの塊。

ただ物語が所々グロかったりブラックだったりするのがファンタジーな世
>>続きを読む

エンド・オブ・ウォッチ(2012年製作の映画)

3.6

ド迫力の警察映画。主観カメラ中心の映像はリアリティ満点。
ジェイク・ギレンホールは相変わらずのキレキレで、グロ描写もしっかり。
強いて言うとドラマとしての深みがあるとなお良かったが、リアリティ特化と見
>>続きを読む

ローラーガールズ・ダイアリー(2009年製作の映画)

1.9

エレン・ペイジがかわいいだけの映画。スポーツドラマなのに盛り上がりどころがなさすぎなのがちょっとなぁ。

なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間(2010年製作の映画)

3.2

地味ながらなかなかの良作。
ラストが優しく爽やかで良い。前向きな気分になれます。

劇場(2020年製作の映画)

2.4

とにかく山崎賢人役に1mmも共感出来ない。テンプレな夢追いクズで、面白みも可愛げもなく見ていてつらい。
救いは松岡茉優で、作為的な面と自然な面の両方で凄い存在感。孤軍奮闘も素晴らしい。
面白かったのが
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.7

会話のやり取りが一々シャレてて、音楽のチョイス含めセンスがとても良い。題材としても、こういう不器用な主人公と大人びた友達との微妙な関係性はすごく好き。
ただ個人的にはドラマとしてもう少しメリハリがある
>>続きを読む

リアリティ・バイツ(1994年製作の映画)

3.6

昔見たやつの再見。ウィノナ・ライダー全盛期のかわいさがやばいな~映画としては見返すとちょっと甘すぎというか、トレンディドラマみたいな話。良くも悪くもThe 90年代。音楽はサントラ買うくらい好き。リサ>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

3.7

会話のセンスがとても素敵で、展開も不自然なことは起きないので見てて癒される映画。
ともさかりえ夫妻との言い争い(最高!)などちょいちょい笑えるところもあり。
ただ全体にキャラが善人すぎてファンタジーす
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

4.3

BLMが叫ばられるこのご時世にドンピシャな、非常に考えさせられる映画。
暴力に暴力では憎しみしか生まれないんだよな~結局挙げた手をどちらかが降ろさないといけないんだけど、それにはすごく勇気がいるわけで
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.4

ラピュタみたいな冒険活劇かと思って見たら、エヴァみたいな終末感漂いまくりのSFでした。
なるほど1988年(!)制作とはとても思えないハイセンスぶり。
時代を先取りした傑作なのは間違いないけど、ちょっ
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.9

ラスト含め意外と展開が骨太というかダークでなかなか面白かった。アクションも見ていて楽しい。よく見たらSAWの監督か~たまに妙にグロいシーンがあるのも納得。

コンスタンティン(2005年製作の映画)

4.0

キアヌがどのシーン切り取っても最大級に格好良いぞ!
徹頭徹尾、厨二心をくすぐる設定も最高。
十字架ガンとかのギミックを活かすアクションがもう少しあればなお良し。
ティルダ・スウィントンは相変わらず人外
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.3

タイトル通り、真夏にぴったりな刹那的な映画。
ストーリーは正直大したことないけど、音楽がめっちゃセンス良い。あと夜の遊園地とかゲームセンターとか、カットがオシャレで素敵。
ティモシー・シャラメのナイー
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

2.8

勉強にはなるけど映画としては可もなく不可もなく。ちょっと起承転結に欠ける気がする。
アーミー・ハマーが高身長イケメンで家事も出来て弁護士としてもバリバリとか完璧超人すぎる。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

5.0

3ヶ月ぶりの映画館鑑賞。
映画本編ですがこれはもう大傑作!

現在と7年前が混在する流れは一見トリッキーながら、現在と過去で上手く繋がりを持たせた場面転換なのでシーンに深みが出てとても良かった。変に奇
>>続きを読む

The Strange Thing About the Johnsons(原題)(2011年製作の映画)

3.4

アリ・アスター全開というか、よくもまぁここまで胸糞悪い話を、、
冒頭のヒキが強すぎて後半はそこまで印象的ではなかったかな。写真と写真撮影のおぞましさは悪魔の発想。
最後の暖炉でへレディタリーを思い出し
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.7

見たいリストようやく消化ですが、なるほどこれはとても良い映画。とにかく会話の自然さとセンスがピカイチ。
役者も安定のクズぶりな成田凌はじめどれも印象的だけど、やっぱり岸井ゆきのが素晴らしいな~ちょっと
>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

2.3

うーん中盤まではスナックのシーンなど主役2人の掛け合いが面白いものの、いかんせん着地点がふわっとしすぎ。
オフビートな語り口に夏帆のサバサバした感じもあまり合っているとは言えず。

さよなら、退屈なレオニー(2018年製作の映画)

3.2

思った以上にゴーストワールドlikeでびっくり、ラストとかもろに笑。主人公レオニー役の女優さんの存在感が抜群でとても良かった。
全体的な雰囲気は好きだけど、やっぱりセリフ回しとかストーリーの起承転結と
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

1.8

前から見たかった映画だけど、とにかく主人公のカルヴィンが真面目系クズでイライラした…ルビーが魅力的なだけに余計に。
結局ルビーとの関係で成長した要素が見当たらないのに、最後が取ってつけたようなご都合主
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.0

面白かった。前知識ゼロで見たので、最後に戦艦大和の名前が出て来てOPとの関連が分かり鳥肌もの。菅田将暉と柄本佑のバディぶりも見てて楽しい。欲を言うと見積もり算出の工程がやや他力本願なところがあるので、>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

3.3

アクション映画の立ち回りを戦車でやってみました!という発想が愉快。
途中の向かい合って砲身を合わせる速さが命取りのシーンは痺れた。
ただスローモーションがダサくて、しかもけっこう多用されるんだよなぁ…
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

1.5

すいません、自分には合いませんでした。。
極端にセリフが少ない、固定カメラの長回し、中盤からの超展開など賛否がはっきり分かれる映画で、自分は圧倒的に否。
前半のルーニー・マーラがパイ食べるシーンはとて
>>続きを読む

COLD WAR あの歌、2つの心(2018年製作の映画)

3.3

カットがどれも絵画のように非常に美しく、また音楽もとても印象的。こういう東欧系の音楽はホント好き。
ただズーラのあまりに奔放なキャラが性にあわず…シーン切り替えがシャープなところもあってどこか冷たい印
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.9

意外とまっとうなサスペンス映画でした。
女性の解放と男性の滑稽さ(ラストの拷問シーンとか可笑しいったらありゃしない)というテーマの描写が上手。
好みによるけど折角の成人指定なんでもう少し突き抜けてもよ
>>続きを読む

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

2.7

ジョージ・クルーニーがダンディでカッコよすぎ。映画としてはあまりに淡々と進むのでそこまでハマらず。。1000万マイルまでは行かないけど空港のシーンは出張あるあるで面白かった。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

えらい映画を見てしまった。
今まで見た映画で1番怖かったかもしれない。
國村隼の怪演(ビースト&デーモン形態)含め恐怖描写がずば抜けている以上に、この映画を恐ろしくしてるのは何一つ確かなものが存在しな
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.1

"Life is a comedy written by a sadistic comedy writer. "
音楽と雰囲気が素晴らしく好き。ラストの2人の表情も余韻があって良かった。
ただスティー
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.9

圧倒的綾野剛!序盤の初々しい感じから中盤の闇堕ちしたクズ警官、後半のシャブ中ぶりなど全てが最高。序盤のピエール瀧の存在感もすごいなぁ。
惜しむらくは途中やや間延びしてしまうところで、この辺は孤狼の血の
>>続きを読む

>|