Lilyさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • Lilyさんの鑑賞したドラマ
Lily

Lily

ヴィンチェンツォ(2021年製作のドラマ)

4.6

闘う相手について考えること...能力、貪欲さ、ずる賢さ
最も痛いののは、不意打ちの拳
賢いマフィアからも学ぶことは沢山あるね
0.5ℓの涙。初めて呼ぶ、お母さん...にも
ソン・ジュンギの主演に外れ
>>続きを読む

0

力の強い女ト・ボンスン(2017年製作のドラマ)

4.3

涙なし、胸キュン度はわざとらしくもあるけど、そこそこ。笑いあり。ハラハラ度とスカッと度がバランスよくてストーリーに深みがあるわけじゃないけど、最後まで飽きずに楽しめた。

0

ヒーラー~最高の恋人~(2014年製作のドラマ)

4.3

ヒーラーはカッコ良かったんだけど、涙はなかったから、少し物足りなさが。韓国ドラマは泣く為にあるんだもの。

2

ピノキオ(2016年製作のドラマ)

4.4

0.1ℓの涙。事実の揉み消しは日常茶飯事でイジョンソクみたいな真実だけを報道できる記者なんていないだろうけど、YouTubeやSNSなどで誰もが真実を伝えられる機会は誰にでもある。このドラマの難点は、>>続きを読む

0

W -君と僕の世界-(2016年製作のドラマ)

4.0

涙は0だけど、主演がイジョンソクだったから胸キュン度で星1個分上がった。ラブコメ、ファンタジー、サスペンス、ミステリー要素が上手く絡みあったドラマ。一見脈絡なさそうな言動、事件も網目状に繋がっていく。>>続きを読む

0

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~(2016年製作のドラマ)

5.0

1ℓの涙。泣かせる時はいつも同じOSTが...。こんなに儚くて切ないドラマには中々出逢えない。貪欲が血に変わるほど恐ろしいことはない。ジョンの愛が最も麗だった。

0

ロマンスは別冊付録(2019年製作のドラマ)

5.0

イ・ジョンソク好き、本好きなら観なくていい理由がない。悪人いないし、最初から最後までほっこりにっこり胸キュンするドラマは初めて。10話、11話で0.1ℓの涙。ただただ本と人を繋ぐ愛が美しい。誰かの本に>>続きを読む

0

マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~(2018年製作のドラマ)

4.6

0.5ℓの涙。今まで観たドラマの中で最も日常の等身大に近くて、温かい人に囲まれた気取らない街の映像美が好き。全ての縁は不思議なもので尊いことを教えてくれる。

0

大丈夫、愛だ(2014年製作のドラマ)

5.0

10話目からの0.9ℓの涙。誰もが心の風邪をひいてもおかしくない。でもそれを根本治癒するのは、対処療法の薬ではなくて、周囲の理解と大切な人との愛だ。ケンチャーナ、独りじゃない。それから、コン・ヒョジン>>続きを読む

0

シーシュポス: The Myth(2021年製作のドラマ)

4.6

0.2ℓの涙。また新しいSF韓ドラに出逢った。時空を超えて1人を守ることで世界を守る世界観は究極の夢物語だ。でも、そんな心意気で生きられたら、きっと悔いなき人生だね。

0

結婚作詞 離婚作曲(2021年製作のドラマ)

4.0

韓国ドラマで不倫がテーマになることも珍しいのに三重奏になっている。関係に囚われない仲でいたいというのは私も使用するセリフで、結婚がゴールではなくなるこれからももっと流行る概念だとは思うけれど、結局それ>>続きを読む

0

星から来たあなた(2013年製作のドラマ)

4.3

インテリ宇宙人と間抜け女優の会話はちょこちょこ面白かったけど、涙0ℓで胸キュンはなかった。主人公はクールだったし、ストーリーに現実味がなかったからかな。星に帰ってからの方が今日が会える最後の日と思って>>続きを読む

0

太陽の末裔 Love Under The Sun(2016年製作のドラマ)

4.7

シジンの言動にブレがなくて文句無しのできる男で、私のレンズはシジン中心。10話から14話までの0.3ℓの涙。終盤は冷め気味だった。OSTと景色は最高。

0

君の声が聞こえる(2013年製作のドラマ)

4.5

涙0.05ℓ。イジュンソクの「ああ」の声と笑顔の優しさよ。これだけでカタルシス効果絶大。恨みの愚かさを諭してくれるドラマ。

0

太陽を抱く月(2012年製作のドラマ)

5.0

赤に染められ散った花弁も冬を乗り越えまた愛咲かす。太陽と月が一対になって。1ℓの涙。美しい言葉の数々をありがとう。感謝できることに感謝したい。

4

屋根部屋のプリンス(2012年製作のドラマ)

4.8

韓国ドラマで一番笑った。ピークは19話で0.3ℓの涙。300年後もあなたを愛しています。プヨンの謙虚で澄んだ心が運命を引き寄せた。

0

キルミー・ヒールミー(2015年製作のドラマ)

4.6

17話から涙0.1ℓ。笑って泣いて、キュンキュンして、感情豊かにする。言動の予測不能なドキドキ感も含めて観て後悔はさせないよ。

0

悪霊狩猟団 カウンターズ(2020年製作のドラマ)

4.7

姉妹での目玉焼きシーンと両親との再会に0.2ℓの涙。4人がダサい赤ジャージ(キム・スヒョンの緑ジャージの真似!?)と最後はスーツ姿で横並びで歩く姿が勇ましくて好きだった。カウンターズの時と和んでククス>>続きを読む

0

死の賛美(2018年製作のドラマ)

4.6

涙も胸キュンもなかったけど、有島武郎がキーになっていて2人の言葉も詩的で文学的な脚本がよかった。最期も切なくて美しかった。

0

都会の男女の恋愛法(2020年製作のドラマ)

4.6

0.1ℓの涙。恋の捻れをどうやって解くか。異なる価値観を合わせるでも諦めるでもなく寄り添うこと、今の相手の心を抱きしめること。待つことになってしまっても。

0

それでも僕らは走り続ける(2020年製作のドラマ)

4.6

0.1ℓの涙。主演2人の美しさだけで最後まで魅入ってしまう。一緒に映画観てランして、子供みたいに戯れて、一方が辛い時は抱き合って分け合って...ゆったりとした時間が流れる2人の温かな空気感が気持ちいい>>続きを読む

0

まぶしくて ―私たちの輝く時間―(2019年製作のドラマ)

4.6

0.1ℓの涙。号泣したかったけれど、ナム・ジュヒョクの眩さが消えてしまったから。時間の価値はお金よりも尊い。若ければ若いほど。誰だって今この瞬間が1番若いのだから、今を蔑ろにする理由はないはず。成長も>>続きを読む

0

ショッピング王ルイ(2016年製作のドラマ)

5.0

10話から最終回まで涙、涙の1ℓの涙。このドラマは、終始言動に愛らしさを感じて200%胸キュンする為にある。胸キュンゆえの涙が止まらない。優しさ、笑顔、誠実、純真があれば他は許せてしまう気にさせる。

0

ドドソソララソ(2020年製作のドラマ)

5.0

1ℓの涙。ピアノ演奏で泣いたのは初めてかも。この脚本家はショッピング王ルイといい、ララといい、誰もが惚れ込むキャラクターを創りだすのが上手い。そんな可愛くお願いされちゃ、家もお金も貸しちゃいますよ、気>>続きを読む

0

Sweet Home -俺と世界の絶望-(2020年製作のドラマ)

4.8

8話目から0.5ℓの涙。信頼と懐疑、犠牲と守りの狭間で。アニメと映画とドラマとゲームのごった煮のようで斬新なカラー彩る世界観。ostも今までにないキレと重厚感があって癖になる。韓国ドラマの進化が止まら>>続きを読む

0

スタートアップ: 夢の扉(2020年製作のドラマ)

5.0

2020、2021年の最高傑作!?全話で泣いたのは梨泰院クラスとスタートアップだけ。元旦から号泣して、この感動がいつ超えられるか心配になってきた(笑)ドサンはどこにいるかな?サンドボックスのような最高>>続きを読む

0

空から降る一億の星(2018年製作のドラマ)

5.0

正義の網も掻い潜る究極の愛と孤独と原罪。1ℓの涙。完走してもしばらく涙が止まらなかった。これ以上の切ないドラマに出会える日がくるのかとても怪しい。

0

キム秘書はいったい、なぜ?(2018年製作のドラマ)

4.7

0.4ℓの涙。君を選んだ理由は...ミソだから。それ以外の理由はいらない。パクソジュンを好きにならない理由もないけれど。最も笑った韓ドラかな、ショッピング王ルイといい勝負かな。キャラクターは全然違うけ>>続きを読む

0

椿の花咲く頃(2019年製作のドラマ)

4.6

19、20話でも大泣きだったけど、6、7、8、9話でも涙。不意打ちのさりげない優しさと愛に。コンヒョジンじゃなかったら、夢中になれなかったかもしれない。韓国特有の親の口出しのしつこさには慣れないけど、>>続きを読む

0

主君の太陽(2013年製作のドラマ)

5.0

笑いと0.5ℓの涙と胸キュンと胸が痛くなる悪役がいない安心感とドラマに求めたい光を全て集めた太陽のよう。幽霊は主人公の好きになれない弱点のメタファーで、誰もが持っているもの。主君の太陽は今まで観たドラ>>続きを読む

0

青春の記録(2020年製作のドラマ)

4.6

0.4ℓの涙。汝の罪を赦すことができた時、成長した新たな自分に出会えるのだろう。それも愛に触れ合い、愛に学び、愛を育てる時に最大に発揮する。レアチーズケーキみたいな温度と甘酸っぱさと後味さっぱりした青>>続きを読む

0

トキメキ☆成均館スキャンダル(2010年製作のドラマ)

4.6

邦題はダサいけれど、中身は悪を知で滅多斬り、真実と愛を追求する中国思想も交えた哲学的ラブコメ。涙は0.01ℓだったがその分笑えた。ユアインが一枝梅みたいで好きだった。ソンジュンギのキャラも光ってた。

3

バガボンド(2019年製作のドラマ)

4.5

・事件はお金の流れを辿って誰が得をするかを探る
・ロビイストは武器ではなく人を使う
・権力というものは麻薬と同じで人をおかしくさせる
・韓国のNISがキー。日本でいうCIRO(サイロ)
・報道自由度は
>>続きを読む

0

あなたが眠っている間に(2017年製作のドラマ)

5.0

0.1ℓの涙。イ・ジョンソクもスジも大好きなのに、お互いの影響で強くてクールで胸キュンはお預けだったが、ストーリーは文句なし。予知夢が未来だけでなく、過去の罪の意識も変えてくれた。「自分を責めるよりい>>続きを読む

0

ミセン-未生-(2014年製作のドラマ)

4.5

恋愛もなし、胸キュンなし、0.01ℓの涙は最終話だけの素朴な商社マンストーリーだったのに最後まで退屈しないし、時々笑えたし、セリフが囲碁をメタファーにした名言じみてるのも多くて、観て良かった。たかが囲>>続きを読む

0

君の視線が止まる先に(2020年製作のドラマ)

3.8

最後の30秒の美しさを魅せる為のストーリー。愛の形はどうであれ、2つのpieceが隙間なく埋まれば、それは1つのpeace。周りの声も聞こえない。絡まる吐息だけ。

0
>|