soさんの映画レビュー・感想・評価

so

so

見ていると何だか不安な気持ちになる映画が好きです。お勧めできない映画を好きになってしまうので、困ります。

映画(378)
ドラマ(8)

アラジン(2019年製作の映画)

4.5

ジャスミンとジャファーの顔が可愛すぎて溢れ出る良い人だった。アラジンの前髪が素敵だった。ジャスミンは優しいお顔が最初はアニメと違うと感じたけれど、実写版のストーリーに合っていてどんどん強く変化していく>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

3.0

人物のセリフもゴジラの出番も少なすぎてドキドキした。フォードが次から次へと災難続きで気の毒だった。
でもフォードはなんやかんやでじわじわ移動できるのが凄いなと思った。さすがクイックシルバー。
ジュラシ
>>続きを読む

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

3.5

やっぱりマグニートーはかわいそうだし精神がガタガタだと思った。いろんな子たちの若かりし頃が集まってきて、歴史が変わって良かったと思った。戦闘シーンまでが長かった。
アポカリプスは歴史改変前はどこにいた
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

2.5

会議と現実のギャップがすごい。自衛隊の攻撃、あんなに的確に命中するもんなんだなぁ。
ゴジライルミネーションだった。と思ったら攻撃始まってそれどころじゃなかった。
キャラクターが濃すぎて何言ってるかあん
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

4.0

ウルヴァリンが飛行機乗ってるとドキドキする。あれ?ビーストって未来でどうなったっけ…。相変わらずマグニートーはすごい強い!でも精神がガタガタ。
繋がりとか矛盾とか考えだすとストーリーに集中するのが難し
>>続きを読む

パーフェクション(2018年製作の映画)

3.5

そんな袖でトマト切ったら汚れちゃうなと思った。なかなか具合が悪くなるけれど、種明かしでとても引き込まれる。
そんなに誰もが入れたがる、入りたがる学校なのかな?とも思った。最高のフィクションだった。面白
>>続きを読む

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

3.0

助手席のフランクのお歌最高だった。ウィルスミスがベテランエージェントになってて驚いた。馴染みの宇宙人も新しい宇宙人も魅力的でやっぱり笑えた。田舎の郵便局、宇宙人多すぎて笑った。

メランコリア(2011年製作の映画)

2.5

姉妹の配色が対照的で綺麗だった。式が終わるとやっとストーリーが動き出す感じ。
地球最後を徐々に迎えいれて、妙に冷静になるやばいやつ。まともに生きてるって思い込んでるやつの、どうにもならない状況になった
>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

1.0

やっぱり髪型は外ハネになってしまうんだなぁ。
ローガンは日本で最も浮く外人だなと思った。
ウルヴァリンが日本にいるってだけでストーリーが入ってこなかった。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

3.5

今に至るまでのいろいろを半端なく回収しまくるお話でただただ楽しかった。
ジェニファーローレンスのミスティークがあまりにも可愛い。昔が可愛いすぎて、切ない。心が弱すぎて悲しすぎるマグニートー信じられない
>>続きを読む

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.5

MIB司令部みたいなところの人たちすごい冷静だなぁ。その円盤も!?飛ぶのか!と驚いたり。そしたら最初の円盤小さすぎんか…。とても笑えて、長さもちょうど良い。
生きてる人は嫌い。

夜になるまえに(2000年製作の映画)

2.5

赤パンツのバルデム、セクシーすぎる。ジョニデがすごい。
とても壮絶な現実と、妄想。

奇跡の海(1996年製作の映画)

5.0

精神病といわれている主人公、どうやって知り合ったのか…よそ者の男性との突然の結婚、教会の鐘がなくて不審に思うこと、土葬=地獄へ落ちるという教え、神様と語り合い想いを叶える力、全てラストの一瞬の出来事へ>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

2.0

小さい犬に引っ張られ続ける大男がかわいかった。美しい男アダムドライバーの日常を眺められる映画だった。バスで名乗ってるの面白い。
犬の演技力がすごかった。ロミオとジュリエットには笑った。

風立ちぬ(2013年製作の映画)

2.5

何度も見てるけど、やっぱり見るたび、虚しくて悲しくて救いようがないお話だなぁと感じる。ジブリにはめずらしく希望を感じない物語だと思う。

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

3.5

オープニング長いなぁと思った。エレベーター開いて直接部屋なの驚いた。ヘリとはすれ違った方が良かったのではと思ったり。
シリーズ1.2.3見たけど一番面白かった。回収のオンパレード。よくできたお話で楽し
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

2.5

毎度、始まりはドキドキワクワクさせられるのに終わってみるとあっさり感。シリーズ一貫してやってることは同じだなと思った。
家にいれるなって言ってるのに家の中に放り込むのかとびっくりした。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

2.5

さすが芸術家志望、図面も模型もうますぎ。友達とウキウキ計画立ててる間が一番楽しいよね、何事も。音楽が大げさで笑ってしまった。本人と役者をいったりきたり、やたら凝ってるところあった。
現実は映画のように
>>続きを読む

トスカーナの贋作(2010年製作の映画)

2.0

登場人物全員面倒くさい。ことごとく意見が噛み合わない。全員わがまま。良い雰囲気でもすぐカチンとくるし喧嘩しててもパッと切り替える関係が夫婦なのかと思うと疲れる。

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

3.0

本当にこの方の作品は謎ダンスとセックスと流血、あと人をランク付けするのが好きだなと思った。
他の作品もそうだけど、非現実的で理解に苦しむのに、ラストは何故だか説得力があって不思議と納得させられてしまう
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.5

着替えた時のオールブラックなクーパーさん美しい。
ブラッドリークーパーは血だらけでもドロドロでもスタンガンに撃たれても殴られててもぐちゃぐちゃでも何しててもハンサム。エンドロールも笑う。

BOY A(2007年製作の映画)

3.5

助けてくれる人や仲間や良いエピソードがたくさんあるのに、悪いところばかり印象に残ってしまうのが悲しい作品だった。
どこが間違っていたのか、何が正しかったのか、正解はないなぁと感じた。

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

2.5

どっちもイラッとする男だけど中身がクリスとブリュールだから許せる。レースに入るとかっこよく見えちゃうのが謎なくらいバカな男の話だなと思った。
ニキの彼女の髪型がなんか嫌だけど。ご本人2人とも雰囲気似す
>>続きを読む

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ面白かった。最初とっても本格的でびびるけど、だんだん様子が変わってきて凄くわかりやすく驚かせまくってくる。フォード伍長がとにかくかっこよくて最後までかっこいい。思わぬキッズ要素もたまらない>>続きを読む

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

3.5

重くて感動系かなと思ったらコメディでびっくりした。いい人ばかり。ジュノがいい奴すぎるから、男のことが全然気にならない、ジュノマジックだなと感じた。ラストもジュノだから納得。

X-MEN2(2003年製作の映画)

3.0

よくわかんないけどいろんな能力の人たちがでてきて面白い。マグニートー強い…!仲間にいれば凄く頼りになるなと思った。前作とうってかわってプロフェッサーが強いのか弱いのかわからない。瞬間移動させる時にギュ>>続きを読む

潜水服は蝶の夢を見る(2007年製作の映画)

4.5

彼目線の映像で始まり、すぐに、伝わらないいらだちやもどかしさ、進まない時間を感じて、この映画を見続けることができるのかなと不安を感じた。
お父さんからの電話でいっきにこの映画に引き込まれた。少ない登場
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.5

オープニングからまっすぐで実直な人なのがわかってそれだけで泣きそうになった。序盤、ラクシュミがどこでナプキン作っているのか気になった。ディズニー映画みたいな場所だなと思った。
最高の瞬間が案外あっさり
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.0

ポケモン達がはちゃめちゃに可愛くて字幕についていけなかった。人物にオートフォーカスしすぎて背景のぐにゃぐにゃが気になった。エンドクレジットで泣きそうになった。タイトルになるだけあって余すことなくピカチ>>続きを読む

X-メン(2000年製作の映画)

3.0

髪の毛のわりに体毛はそこまでじゃないんだなぁウルヴァリン。自分の意思関係なく触れるだけで吸収しちゃうのは大変だなと思った。敵が強いんだか弱いんだか…でも変身しちゃう能力は凄すぎる。

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.5

もっとワクワクドキドキ大冒険!なのかと思ったらなかなか壮絶で驚いた。わたしもスタートレック好きだけど、クリンゴン語は凄い。
小さい頃の思い出はビデオテープだよなと思った。ビデオデッキに感動。
犬の演技
>>続きを読む

ビリオネア・ボーイズ・クラブ(2018年製作の映画)

2.0

なんかよくわかんないけど凄く面白そうな雰囲気の映画。金もセックスもセレブも全部中途半端で、凄くすごいことしてる感が薄い。
若くて知ってる役者さんがたくさんだ〜て映画。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.5

トイレ問題が本当に不安だったけど、あっという間だった。見始めたら膀胱が消えた。何回も見ようと思った。

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

4.0

どういう経緯でその学校に行くことになるのかとか、たくさんの点で想像させる内容だった。が、原作を知り、映画では説明がほとんどなく、その真意を知り驚いた。説明が少ないことが映画の良かったところ。原作を読ん>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.0

戦艦等の知識がないためハンターキラーって名前の潜水艦からしてやばいなと思ったけど、どちらかというと周りのがやばかった。次から次のお約束の塊。戦闘シーンが最高すぎた。ジェラルドバトラーのなすがまま。>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

2.5

タイラーが同じこと二回言うの笑った。一瞬何かが映るのが、見ちゃいけないものを見ちゃったのかと思って怖かった。
「ファイトクラブ」という組織が何故そんなに男達を魅了し、男達が集まるのかはわたしには理解で
>>続きを読む

>|