カナさんの映画レビュー・感想・評価

カナ

カナ

善惡の刃(2016年製作の映画)

4.0

この映画、事実が元になってるなんて信じたくないくらい胸糞シーン多すぎて、ほんとイライラした。。韓国警察あるある、証拠でっち上げがち。

胸糞な場面が続く一方で、主人公の弁護士さんの顔つきが変わっていく
>>続きを読む

代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン(2017年製作の映画)

4.0

初めは弱々しく、自分の境遇に病める光海君だったが、代立軍の人々と共に戦いの場を経験していくことでどんどん成長していく姿がかっこよかった。輿の中、あるいは書物だけでは学びえないことが沢山あり、自らの足で>>続きを読む

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.5

なんとも言えない気持ちで観終わった
主人公たちがそれぞれ様々な傷を抱えていて、ずっとやるせない悲しい気持ちが続く作品。決して楽しい作品ではないです笑
ショーン・ペン、作品作品でほんと違った人に見えるな
>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

4.0

少女であるソミが、ネイルアートを楽しむなどしっかり子どもらしい一面がありつつも、育った環境のせいで時に悟った大人のような表情をするのが見ていて辛くなる。また、薬物に溺れた母親でも娘にとっては大切な母親>>続きを読む

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(2012年製作の映画)

3.5

大好きな作品の最終作。
もっとしっかりとした結論があってもよかったな〜
それくらい私の中で大好きなシリーズ。
俳優陣の年齢的にこれで本当に終わりなんだろうけど、まだまだ続きが欲しい作品。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.0

同じくソン・ガンホ主演の『弁護人』を観てからの鑑賞〜
光州事件の前知識入れておくと良き🙆🏻‍♀️

ジャケットからは想像つかないほどに重苦しい内容。言葉でしか知らなかった軍事政権の実態を映像で体感して
>>続きを読む

奴が嘲笑う(2015年製作の映画)

3.0

薄目で見るとアンジャッシュ児嶋に見えてくる主人公の弁護士、チャラくて破天荒だけど頭がキレる。好き嫌いが分かれそうなキャラだなと思った。

途中そんなわけあるかい!っていうシーンも出てきてちょいちょい
>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

3.5

現実的に考えて観てしまうと良くない
ちゃんとフィクションとして観たらめちゃくちゃ面白いです コメディ要素多め

殺し屋が、めちゃくちゃ真面目で努力家で可愛らしかったし、ほっこりする場面も多くて、どん
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.0

観るのが遅すぎた
子ども心みたいなのを思い出した
ずっと絵本を読んでいるような感覚になる作品
将来子どもに見せたい

死体が消えた夜(2018年製作の映画)

3.5

邦題だけ見るとおもんなそうだけど構成しっかりしてて面白かったです。
奥さんは死んだのか死んでないのか、ジャルジャル後藤似の主人公と共にかき回された〜。二転三転する感じたまらん。

韓国映画特有の重さは
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.5

海という落ち着く綺麗な景色とは裏腹に、どんどん人が死んでいく様は気味が悪くある意味爽快でした。
悲しくやり切れないシーンもありつつ、最後はしっかり結論付けてくれるので気持ち良く見終われました🙆🏻‍♀️

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

3.5

親子愛を描いたものかと思いきやそれだではなく、同じ房の囚人たちが個性豊かなキャラばかりでとても好きになった。だから余計に後半のシーンは理不尽で胸が苦しくて涙が止まらなかったです。
韓国映画は警察の捜査
>>続きを読む

弁護人(2013年製作の映画)

4.0

ソン・ガンホの演技が迫力すごくて、リアルすぎて、常時彼に感情移入してしまった。裁判のシーンは息を飲んでしまう〜

理不尽な場面やだいぶきついシーンもあります。。心が元気な時に観た方が🙆🏻‍♀️笑

スパイな奴ら(2012年製作の映画)

3.0

コメディ要素多いけどアクションシーンもしっかりしてる。
しかし薄っぺらいところも多々。親子愛や家族愛も描くのなら、家族とのシーンがもっと多い方が感情移入できたな〜と思った🙌🏻

軽めのスパイ映画を観た
>>続きを読む

さまよう刃(2014年製作の映画)

3.5

亡くなった娘を想って、我を忘れボロボロになりながら突き進んでいく父親の姿が見ていて悲しかった ずっと胸が苦しい映画
綺麗事が無いのが良い

目撃者(2017年製作の映画)

3.5

ん〜!どっきどきしておもしろかったけどツッコミどころ多い!このシーンいるか?みたいな😇

後半があんま納得いかなかったです

だけど、いわゆる現代社会の問題描いた設定でそこは好きだったから3.5!

EXIT(2019年製作の映画)

4.0

必死で逃げていく姿にリアルに手に汗握ったし、応援したくなった!
グロさとかはないので全世代楽しめる作品

友達と観たら絶対楽しい!

ベテラン(2015年製作の映画)

4.0

ずっと観たかったやつ!

主役の刑事さんがずっと正義貫いてる様がカッコイイし、真っ直ぐさが気持ちいい。その反対に、御曹司が気持ちいいくらい非道すぎてイライラして最高。

アクション要素も満載だからスカ
>>続きを読む

ザ・ファン(1996年製作の映画)

3.5

ロバート・デ・ニーロ、サイコパス役やらせたら天下一品すぎる、圧倒的ナンバーワン。それを楽しむ映画。

悪魔は誰だ(2012年製作の映画)

4.0

結局誰が犯人なんだ?と主役の刑事さんと一緒に振り回される感覚がハラハラして楽しかった。
やはり子どもが絡むこういう話は本当に胸糞悪いな〜。特に、母親役の人の演技がリアルすぎて、感情移入してしまうほどで
>>続きを読む

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

4.0

勝手にB級映画かと思って観たらめちゃくちゃおもろいんかーい❗️

似たような作品としては、「ギルティ」「セルラー」が挙げられると思うけども、個人的な評価としては
「セルラー」>「本作」>「ギルティ」
>>続きを読む

スウィンダラーズ(2017年製作の映画)

4.0

詐欺師が裏でどんどん作戦を進めていく描写がテンポよくて観てて楽しかった!韓国お得意のしっかり胸糞な描写もあって、たまらなかった〜

テーマがきちんと一貫しているから、最後の展開気持ちよすぎて思わず唸っ
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

3.5

血みどろ満載、暴力満載

韓国の社会の闇みたいなのがガッツリ描かれてて胸糞悪かった(最高)

ほんとに救いのない内容

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

4.0

R18にビビって見れてなかったけどおもろかった〜〜〜〜!楽しいグロ!

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

3.5

ゴリゴリの法廷サスペンスかと思って見だしたけど、父と子の親子愛を描いたシーン多め。
ジャケットが法廷モノ感満載だったのでそういう要素を期待しすぎてしまった、なのでその点は△だけども、ストーリーは好きで
>>続きを読む

幼い依頼人(2019年製作の映画)

4.5

児童虐待のお話で、描写があまりに辛すぎてずっと涙止まらなかった
子どもの周りの人々の態度がリアルで、これが現実なんだろうなと思ったし、実際に韓国ではこのようなことが横行してると思うと胸が痛いです

ザ・セル(2000年製作の映画)

3.0

設定は好きだけど私にこの芸術性は合わなかったです。。。

>|