あいさんの映画レビュー・感想・評価

あい

あい

マインドファックムービーを探すのが趣味です。ミステリーとラブコメが特に好き。
☆3が普通の面白さ。
☆4以上はかなりお気に入り。
面白いミステリー映画教えて下さい!

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

2.8

最近原作にハマって最新刊まで読んだ喰種新参者です。

実写化されるということでビジュアルも悪くはなさそう、しかし主題歌は驚くほど合わない、果たしてどのような出来になってるのか期待半分で鑑賞。

うーー
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.7

前作4を見ずに鑑賞しました。

旅行ついでに「スクリーンX」とやらが最新上映システムに導入されたと聞いたのでどんなものかと見に行きました。

やー凄かった。
視界270°ってピンと来なかったんですが目
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.8

土方さんがお気に入りキャラなんですが群を抜いて沖田の完成度が120点。

強引なキャスティングのはずの佐藤二朗とムロツヨシが大成功してて笑いました😂

ギャグもシリアスも上手く分配してたと思います。
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

2.9

良い意味でも悪い意味でもアニメそのまま。

台詞まで全く同じでちょっと退屈。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.4

タロンくん歌上手すぎて聴き惚れました。
是非ともオーディションのシーンで歌唱していたStay With Meのフルが聴きたい。

オリジナルソングもキャッチーで楽しめました、歌う歌全てが楽しい!
字幕
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.3

ジェニファー・ローレンスがめちゃくちゃ可愛い。

ラストに不満。

オンディーヌ 海辺の恋人(2009年製作の映画)

3.0

女性を釣り上げた漁師。
ロマンチックな出会い、展開。

幼い娘に人魚を連れ帰ったと思われ現実を話せないでいる漁師。

おとぎ話の世界にしてはあまりにも空気が淀んでいました。
人魚だと勘違いされたオンデ
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.7

お勧めされ、評判も良いノーラン監督の作品。

ライバル同士のマジシャン2人による騙し騙されのイタチ合戦は楽しく脳を混乱させ、鑑賞後に伏線にも気付けたんですが…。

まず途中から登場する近未来的なマシー
>>続きを読む

ニューヨークの恋人(2001年製作の映画)

3.8

メグ・ライアンかっっっっわい。

やばいくらい可愛い。
いつもウザいキャラばっかりだけど可愛いからオッケー。

そんな性格難ありのキャリアウーマンの前に現れるのはタイムスリップした19世紀の貴族レオポ
>>続きを読む

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

4.0

上質ミステリー発掘!

【心臓発作に見せかけて妻を殺害。悲劇の夫を演じていると妻の死体が消えた──】

久しぶりに王道ミステリーが観れました。

ここは必要なのか?なシーンの連発で最初は退屈してたんで
>>続きを読む

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

4.5

【人生は短いのよ。悲観してる暇はないわ。謳歌しなきゃ】

すごく良かったです!

ターシャ・テューダーさんのことは絵本作家ということしか知らなかったのですが、予告が気になったので鑑賞。

のどかな田舎
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.5

マカヴォイ堪能映画。

潔癖眼鏡なマカヴォイ
エレガントなマカヴォイ
アホ可愛いマカヴォイ

人格によって訛りや話し方の癖、言葉遣い、身のこなし、肩の角度など全身で演じ分けるマカヴォイの演技力に脱帽。
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.7

妹の受験の付き添いで大阪に行ったら丁度いい時間で4DXがやってたので、最後の追い込みをする妹をホテルに置いて観に行きました。

人生2度目の4DXでしたが、初めて雪が降ってくる演出を見れました!
冷た
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.8

ウルヴァリンの泥臭い漢らしさと、R-15の残酷描写が格好よくマッチしてました。

ヒーロー映画というよりハードボイルドアクション映画。
加えて車で長旅をするので一昔前のロードムービーっぽい。

そこに
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ヨンドゥ〜〜〜〜〜!!!

2回観ましたが、まだまだ足りないです。

グルートのおつかいと、ヨンドゥのメリー・ポピンズのくだりでどうしても笑ってしまう。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

2005年版が苦痛なくらいつまらなかったのでハードルが地の下だったんですが、いやぁ〜

ごめんなさい!楽しかったです!

ノリがね。思ったより軽かった。
コングさんええゴリラだった。

主人公のトム・
>>続きを読む

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

3.7

おとぎ話の実写化はストーリーにアレンジを求める派です。

今までのストーリーなら筋を全て知っていのですから、わざわざ実写で観たいと思わないのです。
子供の頃好きだったあのアニメはアニメとしての思い出で
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.1

すごくよかった!

優秀でイヤミはないけど内気な主人公と、クレイジーでパワフルで魅力的な兄妹。

ティーンの若さゆえの立ち直りっぷりや物事が簡単に解決されるところなど、見てて気持ちのいいところが好きで
>>続きを読む

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

3.6

タイムトラベル系大好物です。

不定期でコントロールできないタイムトラベルは珍しいですがもう少し工夫できたんじゃないかなという出来。

もちろん楽しんで鑑賞できましたがどうにも地味。
リアリティを強調
>>続きを読む

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

3.9

コメディ映画でくらいツキまくってる奴がいてもいいじゃないか!

という感じで主人公のフェリスはツキまくり高校生。
世の中チョロいぜと言うようなフェリスの余裕こいた態度、1ミリ分けてほしい。

楽しんだ
>>続きを読む

タイガーランド(2000年製作の映画)

4.4

主人公がすごく好き。
非常に胸に残るキャラクターでした。

ベトナム戦争へ備えた訓練兵の話。

殉職率の高いベトナムへ向かう予定の兵士達、当然雰囲気は和やかなものではありません。

そんな中、主人公の
>>続きを読む

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

3.8

男性向けのファンタジーってなかなか珍しいんじゃないでしょうか。

謎の啓示を受け、今後無理をするのも難しい歳…と考え畑を切り開き野球場を作ってしまう野球好きの主人公の情熱。
反対や嘲笑を跳ね除け、誕生
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

【自分の生活が全世界に放送されてたら?】

恐ろしすぎる話。
何から何までフィクションだった主人公の人生。
辻褄を合わそうとあれこれセットする様子は面白いですが恐怖映像。

主人公が自分の人生に違和感
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2000年製作の映画)

3.2

エンジェル達のコスプレ潜入、アクション、恋の行方を楽しむ映画。

若いサム・ロックウェルが可愛い。

ダブリン上等!(2003年製作の映画)

3.4

アイルランド訛り可愛い!!

かわいい!!!!!

舞台はダブリンですがアイルランドだけでなくイギリス人も数人いてブリティッシュ好きには満足でした。

トレインスポッティングのような雰囲気の群像コメデ
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.3

【パリに行きたくなる映画】

お気に入りです。
小説家になりたい売れっ子脚本家の主人公が1920年代のパリにタイムスリップ!

というロマンを感じるお話。

ピカソやダリ、ヘミングウェイなどの超大型有
>>続きを読む

グリーン・ホーネット(2010年製作の映画)

3.8

【もしも金と権力を持った脳内男子高校生がヒーローに憧れたら?】

大好物のアホアクション。

主人公の正義感だけが取り柄のアメリカ人ドラ息子と、運転手兼バリスタ兼エンジニア兼発明家で戦闘力も高い日本人
>>続きを読む

天然コケッコー(2007年製作の映画)

2.3

高校生の時に見たのに刺さらなかった…。

夏、田舎、方言で好きになる要素しかないと思ったんですが恋愛パートも映画全体的にも日常的すぎて顔面偏差値の高い他人のホームビデオを見てる気分になりました。

>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

3.9

6代目ボンドの作品で1番好き。

シンプルにカッコよくてスタイリッシュで話にも捻りがあって文句なし。

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

3.6

マイケル・ファスベンダーとキャリー・マリガンの兄妹役?!福眼!と単純な理由で手を伸ばしました。

依存症の映画は数あれどこんなに苦しいのは見たことなかったです。

大抵止められない主人公にイライラして
>>続きを読む

アメリカン・アウトロー(2001年製作の映画)

3.3

【伝説の強盗ジェシー・ジェームズの伝記映画】

今から約150年前、世界で初めて銀行強盗に成功したアメリカの実在したガンマン。
彼が有名なのはその盗んだ金を貧しい一般人に分け与えていたネズミ小僧的なエ
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.5

ティム・バートン映画はアリスやチャーリーより、フランケンウィニーやコープスブライドなどのヒューマン色強めの話が好みなので本作はどうなるかと思ったらヒューマンとファンタジーの中間のようなバランスの良い作>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

冒頭で某有名どんでん返し映画のオマージュがあって期待大な掴み!

3度の衝撃に構えてワクワクして鑑賞しました。

醜い人間達のドロドロした嫌忌劇をメリーゴーランド方式で描き、そこに謎が静かに散りばめら
>>続きを読む

>|