noonさんの映画レビュー・感想・評価

noon

noon

休日にのんびり映画を観るのが好きになりました。寂しい映画に惹かれます。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.7

パドメはいつ観ても可愛い。そして一番かっこよかったのは間違いなくヨーダだと思った。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

自分とあまりにかけ離れた人間達が出てくる映画だったので、あまり感情移入はできない感じ。
音楽という夢を追いかける男を支えることに生き甲斐を感じ、男に自分の夢を投影する女と、そんな女の態度に自然とプレッ
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.4

2018年初めに観た映画。まさに一夏の思い出って感じの映画。ダニエルの髪の毛がとんでもないことになったのには笑った。でもこれも大人になったとき、彼らのいい思い出になるんだろうなあなんて。とても仲良い子>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.6

可愛くてたくましい女の子が大好きなので楽しめた。めちゃくちゃな設定だったけどそれはそれで面白い。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

3.6

初めてスターウォーズを観た…まさにファンタジーの世界。時折見られる日本要素に監督は日本好きなのかなと思った。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.6

映画全体に圧倒的な寂しさが立ち込めていてそれがたまらない。今年は似たようなテーマを扱っているゴースト・イン・ザ・シェルのハリウッド版を観たけれど、断然こっち派でした。

劇場版 SPEC 天(2012年製作の映画)

3.4

観る順番を完全に間違えた…コミカルな動きをする加瀬亮が観られるということがわかったので他のシリーズも観ようと思う。

エレファント(2003年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映画のジャケットからは想像できない、美しく残酷な映画。
高校生たちが当たり前の日常を過ごしている中で起こる非日常に、高校生たちの日常は強制終了させられる。
時間軸は同じ中で、高校生たちそれぞれの視点か
>>続きを読む

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

4.0

伏線がきちんとあって、それを少しずつ回収していくと最後はとんでもない結末になる映画だった…本当にマジカル。少しずつ様々な不幸が折り重なった結果は悲惨すぎ。
魔法少女を始めとして、監督の日本への憧れを感
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.8

悪い加瀬亮を拝める貴重な映画(笑)。ああエリートチンピラ…!
仁義を通したり通さなかったり、揉めたり殺しあったり。ヤクザの世界も大変だ…ラストシーンを観て次で北野武がどんな動きに出るのか気になるなー。
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

大根仁監督全開の映画。女性に振り回されて悶々とする冴えない男性という構図が大根監督は好きなのだろうか…(今回はおしゃれ雑誌の編集者をやってるしモテキのときみたいに冴えない訳ではないか…)
水原希子がハ
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.7

誘われて人と一緒に観に行った。原作本も貸してもらって読んだ。基本的には原作本をきちんと再現しているが、大人になった後というのは映画のみのストーリーであり、有名俳優を起用するためにあえて作ったのかな…と>>続きを読む

紙の月(2014年製作の映画)

4.0

最初は不倫で堕落していく女の話かと思い、いらいらしながら観ていたけれど、話が進むにつれて彼女の子どもの頃が出てくるとそのいらいらは止まった。彼女は人に何かを与えることで喜びを見出す人であり、そのためな>>続きを読む

東京オアシス(2011年製作の映画)

3.1

加瀬亮の横顔が最高に美しかった。あとは淡々と観ていた。特に何が起こるでもなく、日常の一部を切り取ったような映画。小林聡美が、小さい頃は逃げても誰かが追いかけてきてくれたけど、今逃げても、逃げるときも帰>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.8

キャストが想像以上に頑張っていたので銀魂の世界としてすんなり受け入れて観ることができた。橋本環奈ちゃん頑張っててよかった…個人的にはもうちょっとギャグ入れてほしかったかなあ…なんて。

聖の青春(2016年製作の映画)

3.5

原作本が素晴らしかったので映画も鑑賞。原作本の中から羽生善治氏との対戦に焦点を当てて作られており、二人の友情が描かれている。原作本を読んだ者としては正直物足りない感じではあったけれど、東出くんの羽生氏>>続きを読む

オー・マイ・ゼット!(2016年製作の映画)

3.2

アホ丸出しのグロテスクなゾンビ映画。コントみたいな感じだった…最初ほのぼのしていたので始終このままかと思ったら、最後はキチッとゾンビ映画になっていた…しかしお金かかってなさそうだなあ。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

4.1

滑り込みで観てきた。

原作が詩集なので、始めは登場人物たちの台詞が詩や哲学臭く、ずっとこんな感じで話す映画なのかと思っていたがそんなことはなかった。
たくさんの人間が集まる東京という大都会で、たくさ
>>続きを読む

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

3.8

父親殺し(実際は死んでないけど)をした研吾は幼い頃から父親に厳しい剣道の訓練を受けて成長した。しかし父親は愛人を作ったり、酒に溺れたりと研吾が尊敬できるような強い父親ではなかった。父親への畏敬の念はい>>続きを読む

恋の罪(2011年製作の映画)

4.0

東電OL殺人事件をモチーフにした作品。

昼間は貞淑な妻、あるいは有名大学の助教授、でも夜は不特定多数の男を捕まえ、セックスに明け暮れる。一定の地位があったとしてもそれだけでは満たされない、女達は男と
>>続きを読む

GOTH(2008年製作の映画)

3.6

原作本も漫画も読んだことがあるのでこちらも観てみた。映像化するためにだいぶエグいところは取られ、話に手が加えられていたけれど、いい雰囲気が出ていたように思う。この作品は傍観者がただ何かを眺めているよう>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

まず観ていて思ったのが、モテキに似てる…で、調べてみたらモテキはこの映画を参考にしているようで納得。
天真爛漫なサマーに振り回されるトム。サマーは恋愛したくないと言いつつ、あっさりトム以外の別の人と結
>>続きを読む

PicNic(1996年製作の映画)

3.7

岩井俊二の作品をもう一つ観る。いわゆる精神病院と呼ばれるものに閉じ込められたココがそこで出会ったツムジとサトルと共に塀を伝って世界の終わりを見に行く。塀を伝っていくだけであんなに行けるものなのか…結局>>続きを読む

ヴァンパイア(2011年製作の映画)

3.6

現代を生きる寂しい吸血鬼の物語。岩井俊二独特の世界観は美しく、採血をしているシーンすら美しい。やたら血が出てくるので血が苦手な人は観ない方がいいかも。

帝一の國(2017年製作の映画)

4.4

漫画は未読なのですが、この世界観たまりませんね。漫画も読もうと思います。旬の若手俳優達がエリート高校生に扮して生徒会長の座を狙う。小ネタも効いてて最後の最後まで面白かったです。竹内涼真がいいキャラ過ぎ>>続きを読む

カナリア(2004年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

母親に連れられ、自分の意思とは無関係に新興宗教に入信することになった少年。そして教団が崩壊後、児童養護施設に入れられる。
親を始めとした大人たちの身勝手さ。子どもは親を選べない。生きるためには親の言う
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.2

実際に原作読んでいたので、森見ワールドをよく再現しているなあと思いましたが、あのテンションの高さは観ていて疲れた。原作を読んだときよりだいぶ歳をとったせいかもしれない。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.4

クズで下品な奴等が集まっちゃった映画。やってることは最低なはずなのに、観終わった後は爽快感がある。音楽もかっこいい。一般的な幸福なんてクソ喰らえ。ヘロイン打ちまくって強盗やって女の子と遊んで、本当にハ>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.2

大学時代に障害者福祉の講義で途中まで観ていたものを遂に最後まで観た。健常な人でも障害のある人でも誰かのサポートがあればできることはたくさんある。問題はそのサポートをより多く得られるか。それはたとえ健常>>続きを読む

すーちゃん まいちゃん さわ子さん(2012年製作の映画)

3.6

原作が好きで本も持っている。その分、すーちゃんが柴咲コウというのは、えー合わないと最後まで思いながら観ていたが、あの独特の優しい雰囲気はよく出ていたと思う。
近年は女性の社会進出もあって昔ほどではない
>>続きを読む

暗闇から手をのばせ(2013年製作の映画)

3.1

障害者専門のデリヘル嬢サオリを通して描かれる身体障害者達の姿。楽にお金が稼げそうだからという理由で障害者専門のデリヘル嬢を始める彼女だが、様々な障害者に出会うことで彼女の価値観が変わっていく。日本には>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

一言で言えばお金がかかってる映像が観られる映画。映像は綺麗。街のアジア圏がごちゃ混ぜになった感も面白かった。
が、キャストとストーリーは微妙。そもそも素子らを外人が演じるというのが最初から抵抗感があっ
>>続きを読む

神のゆらぎ(2014年製作の映画)

3.9

エホバの証人と聞くと思い出すのは勧誘やら輸血に纏わるエホバの証人事件やらで、ほとんど知識がないですし、そもそも宗教を堅く信じているような人間でもないのですが、人が生きていく上で、宗教というものの持つ影>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

4.2

初めての新宿武蔵野館、初めての韓国映画。初っ端から暴力暴力暴力の嵐で、え、みんな短気過ぎない?ってくらい殴り合って血みどろになっていたので、二時間半ぶち切れまくりの映画なのか…とビビっていましたが、ス>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

前半を観てると下ネタ満載のコメディーだが、後半のシリアスさにはびっくりする。男が嫌いで、自分を助けてくれたサソリのことを女だと思い愛するヨーコ、そんなヨーコに対して真っ直ぐな愛を貫くユウ(またの名をサ>>続きを読む