れおなさんの映画レビュー・感想・評価

れおな

れおな

映画(377)
ドラマ(0)
アニメ(3)

カウントダウン(2019年製作の映画)

-

余命カウントダウンで検索すると実際に映画に登場するアプリ出てきます

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

-

これも1.4倍速で観た、多量の大麻を焚いて脱出をはかるシーンがよかった

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

-

友達と1.4倍速で見たけどまあまあ面白かった、そのうちちゃんと観返したいかも

ピンポン(2002年製作の映画)

-

アニメ思い出した、面白いけどちょっとダレるな

薔薇のスタビスキー(1973年製作の映画)

3.9

・アラン・レネによるハイセンスすぎる編集、構図、カメラワークが光るが、脚本の内容はかなり漠然としていて、グッとくるシーンやセリフはあれど、(規模のデカい話の割に)単調さが否めない。
・ガキの頃、深夜に
>>続きを読む

紀子の食卓(2005年製作の映画)

-

・記録
・後半結構引き込まれた記憶ある、セリフがちょっと寒いけど面白かった
・例の性加害問題で話題になってるのを見て以前視聴してたのを思い出しました

ルートヴィヒ 完全復元版(1972年製作の映画)

5.0

完全復元版じゃない方をマークしてたのに今気づいた。ヴィスコンティで一番好きな映画。悔しいが主人公にむちゃくちゃ共感してしまう。

台風クラブ(1985年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「今度マクドナルド一緒に行かね?」むっちゃ使っていきたい

MIND GAME マインド・ゲーム(2004年製作の映画)

-

記録、映像すごいし話も面白いが登場人物のノリが寒すぎて観た後ちょっと反応に困った記憶がある

湖のランスロ(1974年製作の映画)

4.8

構成的に言えばかなりドラマチックな内容(王妃と兵士の禁断の愛、仲間の裏切り、嫉妬、そして死)なのに、ブレッソンの禁欲的な画面がそれを抑制するようコントロールし、結果としてサウナに入った後の水風呂のよう>>続きを読む

たぶん悪魔が(1977年製作の映画)

4.6

顔は感情の舞台とも言えるが、そんな感情表現豊かな顔よりもむしろ手や足、部屋の隅などにフォーカスを当てることで、均整の取れた極めて格調高い画面が演出されるのがブレッソンの特徴だなあと思いました。すごいよ>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

5.0

演出や映像の色合いもあってかなりリアリスティックな画面が作られてるが、セリフ自体はファンタジックあるいは観念的で、それが独特の美しさみたいなものを生み出してるなあと思った。近いうちに観返したいなー。

パラダイス 愛(2012年製作の映画)

-

・記録、友達とふざけて観てたから記憶がおぼろげ
・結構面白かった気がするからもう一度観たい
・まあまあ勃起しながら観てたのは覚えてる

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

-

記録、思った以上にスミス流れなくてガッカリした記憶ある

追憶の森(2015年製作の映画)

3.8

いい映画だった、伏線回収も見事だけど夜の樹海の美しさが心に残るなー

テオレマ 4Kスキャン版(1968年製作の映画)

4.3

パゾリーニの映画って面白いけど、一番不思議なのはずっと意味わかんないことしてるのになんか楽しんで観れるところだと思う。理解できないんだけど、何故か飽きずに最後まで観れちゃうんだよな〜。

マンダレイ(2005年製作の映画)

4.3

後半30分がマジでいい、衝撃度で言えば間違いなくドッグヴィルだけど単純な面白さで言えばこっちかも

ドッグヴィル(2003年製作の映画)

4.6

多分一生忘れられない映画になると思う、良くも悪くも

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

4.6

女がセックスの話をする度に聞き手の男が釣りやバッハの話をするのが面白すぎる

欲望の翼(1990年製作の映画)

4.4

今まで観たことないタイプの映画でかなり新鮮でよかった、あとずっと水の滴る音がしてタルコフスキーみたいだった

ブルジョワジーの秘かな愉しみ(1972年製作の映画)

3.8

これが遺作なのキチガイすぎ、シュールな世界観な割に情動を煽るような表現が一切ないのが面白いと思う

サーカス(1928年製作の映画)

4.4

チャップリン馬鹿すぎwとチャップリン切なすぎ(泣)が交互におとずれる

欲望のあいまいな対象(1977年製作の映画)

4.2

面白いけど面白くなるまで結構待つ必要がある。後半はマジで最高だった。

ヒロシマモナムール/二十四時間の情事(1959年製作の映画)

4.4

サイコー!!!!!もっとレネのストリーミング配信とレンタル在庫増えて欲しいです、再上映もやって欲しいよーーーー

ファミリー・ネスト(1977年製作の映画)

-

これまで観た映画の中で一番胸糞悪い映画だった。あまりに胸糞悪くて途中退出するか悩んだ。無論面白くはあるし、強いメッセージ性も感じたから観てよかったとは思うが(特に主人公夫妻の独白のシーン)、大画面であ>>続きを読む

>|