AYANOさんの映画レビュー・感想・評価

AYANO

AYANO

映画(61)
ドラマ(0)

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

クスッと笑えた。テンポがいい。モップのシーン本当面白くて一人で笑ったの初めてかも映画館で。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

映像とか色とか綺麗だった。階段を横から写すことでの裕福と貧相の差とか所々垣間見れた。ハッピーエンドのような空気感の中でのバッドエンド。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.0

観る人々によって「こういう映画だったね」てのが何通りもありそう。全部が妄想だったのかな。もしかして

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.0

最後の炎につつまれてる家をみてニヤッと笑った吉沢亮が美しいサイコパスで怖い。スミレちゃん好き。

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.0

キャストが豪華。豪華なんだけどなんか。うんなんか。高良健吾が出てきた時のピリッとした空気感。流石高良健吾。やっぱり顔が好きだ。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.0

ただただ魔性の希子ちゃんが可愛いです。奥田民生の曲好きだから私得の映画です。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.0

いや〜なるほど。阿部サダヲの愛が凄い。蒼井優って役にハマるからもうそれにしか観えなくなる。電話のシーン(松坂桃李に)とかこういうお客さんいるな〜みたいな。

娼年(2018年製作の映画)

3.0

朝一で観に行ったら女性の方ばかりだった。松坂桃李が色っぽくてあんな大学生いたら耐えられない。かも。

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.0

切ない。寂しい。これ一人で行ってたらちょっと耐えれないかも。

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.5

京都大火編!これ面白かった!アクションシーンも凄いし音楽もいい。るろうに剣心の中では一番好き。

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.0

この日を境に「かたじけない」が口癖になりました。

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

3.0

チワワちゃんに引き続きこの方の映像とか空気感とか色とか音楽とかやっぱり似てますね。kyla la grangeの曲がいい。

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.0

もう成田凌の印象しかない。音楽とか映像とか中毒性がある目が回る。結局チワワちゃんを殺した犯人はんからないんだけどね。エモいってやつだね(初めて使った)

サンブンノイチ(2013年製作の映画)

3.5

小杉が頭皮マッサージ棒されてる時笑った。面白かった。ナイス小杉!

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

誘われて行ったけど普通に面白かった。コン ユが大沢たかおにしか見えなかった。面白くて最後は泣けた。

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

2.5

まさかのゾンビ映画だったとは。古川雄輝くんのクズっぽい感じは好きだけどそれ以外は面白くはなかった。ナポリタン食べたくなってその次の日喫茶店でナポリタンまいてきました。

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.5

岡田くんってアクション俳優なんかなってくらい凄い。フードマン福士蒼汰も悪くない。

無限の住人(2017年製作の映画)

3.5

この頃は福士蒼汰目当てでいってた。美しい悪人って感じ。杉咲花ちゃん可愛いなあ。主題歌も割と好きやった。

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.0

ドラマから好きだった。面白かったしキャストがいい。東出くんのぼくちゃんが割と好き。騙されたけど面白かった。テンポが良いよね。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

2.5

予告とか最後の五分全てが覆るって言ってるけど全然やった。映画館で観るほどでもなかった。残念

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

3.0

東野圭吾の小説が好きだから映画はチェックしてるけどこれはまあ普通かな。時系列が色々変わるし目紛しい。途中の吉岡里帆に対して狂った玉森君が怖い。

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

面白い!面白い面白い面白い!リコール隠しとかとりあえず今の社会にありそうなことだらけ。気付いたら七つの会議だった。面白い!所々クスッと笑える。ドーナツ泥棒のシーンとか。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.3

90年代の音楽とか好きだから所々歌いそうになった。普通に泣けた。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.5

とにかく成田凌っていう感想しかない。BARみたいな所で立ち上がった北川景子を下から見上げてるシーンが狂気的すぎてあの目が怖すぎてずっと頭に残ってる。メンノンの爽やか成田凌はどこにいったのさ。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.0

期待して割りにではあったけどキャストが豪華。東野圭吾は読み尽くしてるけどこれは普通だったかな。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

これずっと観たかったから楽しみだった。二宮さん取調べのシーンアドリブであの演技してるって思うと凄い。松倉っていうハゲのおっさんがとにかく気持ち悪い。ごめんなさい。

少女(2016年製作の映画)

2.5

朝一の時間帯で観た。朝に観るものではない。普通に面白くない。真剣佑のサラサラの髪質は良かった。アンジャッシュ小嶋の役が割と重要とは知らず。

>|