Boschさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • Boschさんの鑑賞したドラマ
Bosch

Bosch

日本沈没ー希望のひとー(2021年製作のドラマ)

3.5

10話と言う長丁場のため、映画に比べるとかなりドラマ部分が増やしてあるし、テレビ作品であるために1話ごとに強引にドラマやトラブルを起こさざるを得ないため無駄エピソードも多々ある。
しかしそれを差し引い
>>続きを読む

0

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン2(2017年製作のドラマ)

3.5

裏側の世界からの新たな侵略を描く。

キャラが多いから一年後の設定説明、さらに新たな仲間?敵?の登場説明で始まる。
賑やかでそれぞれにエピソードを膨らませているが、中盤で話が間延びしてしまっている。
>>続きを読む

0

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン1(2016年製作のドラマ)

4.0

一連のスティーブン・キング作品、特に「it」、そして「ET」を足して、クーンツ作品のスパイスをかけたようなストーリー展開。

つまり、田舎町を舞台として、少年少女の友情と冒険に、謎の組織、そして怪物…
>>続きを読む

0

サーヴァント ターナー家の子守 シーズン1(2019年製作のドラマ)

3.5

シャラマンらしく、サスペンスなのかミステリーなのか、ホラーなのか、SFなのかも分からない展開。

メインの登場人物は4人だし物語に大きな起伏はないのだが、少しずつ現れる謎のキャラ、さまざまな変異やガジ
>>続きを読む

0

サーヴァント ターナー家の子守 シーズン3(2022年製作のドラマ)

3.0

前シーズンより遥かにテンポが良くなり、リアンの正体がよりハッキリしてくる。カメラが珍しく家の外にも出て脚本にも工夫の跡が見られる。

2nd、3rdシーズンを一気見したが、続けてみると同じ様なエピソー
>>続きを読む

0

サーヴァント ターナー家の子守 シーズン2(2021年製作のドラマ)

1.0

話が迷走しだした。

前作のラストで、既にリアンの能力もジェリコの行方も分かっている。
そこからの展開はサイコサスペンス調だけど、キーキー騒いで暴走するヒロインには最早共感できない。

カメラはほとん
>>続きを読む

0

NOW&THEN 過去からの招待状(2022年製作のドラマ)

3.0

単に「ラスト・サマー」のように、謎だけを追うのではなく、20年間と言う時の流れで、立場が変わる事で起きるドラマが見どころの一つだし、現在と過去を行き来しながら、少しずつ真相がわかる作りはうまい。

>>続きを読む

0

インベージョン(2021年製作のドラマ)

1.5

エイリアンの地球侵略というスケールの大きい話を、ほとんどエイリアンを直接的には描かず、巻き込まれていく家族や軍人、子供たちのパーソナルな視点で描く。

当然映画ほど費用がかけられないので「サイン」のよ
>>続きを読む

0

ガリレオ 禁断の魔術(2022年製作のドラマ)

1.0

取ってつけたようなストーリーは単調な上、話しの骨子が分かってからも話がダラダラと続く。
何の意外性もミステリもなく、安っぽいドラマに終始した。
どのキャラも単調で魅力もなく、ラストに至っては馬鹿らしく
>>続きを読む

0

ブロードチャーチ ~殺意の町~ シーズン1(2013年製作のドラマ)

4.5

海岸で見つかった11歳の少年の遺体…

事件を追う過程で住人の秘密が徐々に炙り出されると言うのは「ツイン・ピークス」以来お馴染みの手法だが、イギリス作品らしく陰影のあるリアルなドラマとなっている。
>>続きを読む

0

ヒューマンズ シーズン1(2015年製作のドラマ)

4.0

メインプロットは「ウエストワールド」に「ブレードランナー」のテイスト。

SF作品ではあるが、イギリス作品らしく派手なセットやVFXにお金をかけず普通に撮影しているが、雰囲気のあるロケやセットがリアル
>>続きを読む

0

シグナル 長期未解決事件捜査班スペシャル(2021年製作のドラマ)

2.0

テレビシリーズが終わったところから話が続くが、今回のメインの事件自体は想像通りの展開で、意外性がない。

しかも終わり方も玉虫色で、映画に続くための橋渡し的な作品になっていて、テレビシリーズに比べると
>>続きを読む

0

シグナル 長期未解決事件捜査班(2018年製作のドラマ)

4.0

過去とリンクするという横軸と、長期未解決事件=ゴールドケースの捜査と言う縦軸で話は進む。

これに、全体を通じて行方不明になった刑事、主人公の過去、という大きな謎やドラマが加わって見応えがある作品にな
>>続きを読む

0

ターミナル・リスト(2022年製作のドラマ)

4.5

主演がクリス・プラット、共演がテイラー・キッチュと主演級の二枚看板の上にアントン・フークアが製作。

何故、イランでのシールズ作戦が失敗に終わり、生き残った隊員が狙われるのか?
サスペンスタッチで、主
>>続きを読む

0

マニアック(2018年製作のドラマ)

1.0

治験に参加する話しなので、サスペンスか社会派か、と思えはコメディ?ロマンス系ドラマ?

オープニングのレトロ調のパソコン設定から斜めっぽい角度の作品のような気がしたが、それにしても異質の作品。

治験
>>続きを読む

0

ダイイング・アイ(2018年製作のドラマ)

1.5

演出が古臭くて、日活のようなベッドシーンが多いのには辟易させられる。
サスペンスとして、もう少しストーリーが走ってくれれば良いのだが、どうでも良いシーンが多いしスリルも全くない。

センスの良いサスペ
>>続きを読む

0

アウターレンジ ~領域外~(2022年製作のドラマ)

1.5

とにかく長い。
謎の穴の提示があった割には話が進まない。

思わせぶりなセリフに肩空かせのシーンばかりで話のテンポが悪い。
雰囲気を出す為にじっくり描くと言うなら分かるがメリハリも無く冗長なだけ。8話
>>続きを読む

0

蝶の力学 殺人分析班(2019年製作のドラマ)

4.0

シリーズ3作目で今までのクォリティでしっかり作られている。

刑事物でありながりも謎を中心にそえ、刑事達の群像としての捜査劇をリアルに描く。キャラも陰影がありながら、安いドラマに流されすら硬質なドラマ
>>続きを読む

0

パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件(2020年製作のドラマ)

1.0

ケースワーカー殺人事件と言うサブタイトルに騙された。

全5話だが、1話目は何も無し。
合間の安っぽいケースワーカー苦労物語も薄っぺらいし、キャラも退屈、ミステリーに至っては構図が丸見えで犯人も真相も
>>続きを読む

0

オザークへようこそ シーズン4(2022年製作のドラマ)

3.5

シーズン4まで、しかも最後は12話目までありラストに至っては1時間超え。
ここまで長い作品なのに基本的には1話! 

さまざまなキャラが入り乱れ、利害が絡み、相反し、殺し殺される。どこまでも追い詰めら
>>続きを読む

0

オザークへようこそ: シーズン3(2019年製作のドラマ)

3.5

今回はFBIが新たに登場したりヘレンが物語に大きく絡んだりはするが、メインブロットは弱くなりストーリーそのものより登場人物かあやなす物語がメインとなる。

1番大きいポイントはウェンディの弟が登場した
>>続きを読む

0

オザークへようこそ シーズン2(2018年製作のドラマ)

3.5

次々にトラブルが起き、三つ巴どころか四つ巴のような利権と欲望に一家は巻き込まれて行くが、説得力が弱いモノもあり、もはやブラックコメディのノリ。

それぞれのキャラの行動がだんだん欲に侵されて行き、皆が
>>続きを読む

0

ボーダータウン 犯罪が眠る街 シーズン1(2016年製作のドラマ)

4.0

「ブリッジ」や「キリング」などの傑作が多い北欧発のサスペンス。

2話程度で1事件を描くが、犯人の意外性と言うより、事件の構図を主人公がいかにして解き明かすかがメインとなっており、意外とあっさり事件は
>>続きを読む

0

オザークへようこそ シーズン1(2017年製作のドラマ)

3.0

前半はストーリーが単調で間が長い。何よりキャラがあまりにも利己的すぎて好きになれず、奥さんや子供たちにも共感できない。

…と思っていたが、中盤から徐々に悪党どもの立ち位置やここにいたる一家の軌跡も分
>>続きを読む

0

YOU -君がすべて- シーズン3(2021年製作のドラマ)

3.5

セカンドシーズンからそのまま続き、新婚となったジョーとラブ夫婦は子供と共にサンフランシスコへ舞台移動。

最初の2話くらいは退屈だが、徐々にキャラも揃って、再び殺人劇が繰り広げられる。
キャラが多く、
>>続きを読む

0

YOU ー君がすべてー シーズン2(2019年製作のドラマ)

3.5

舞台はいきなりロサンゼルス。
街の雰囲気やセットの雰囲気も変わって良いし、今回は『本』に加えて『映画』もネタの一つとなる。

ヒロインは好き嫌いが分かれるが前作とは敢えて?違うタイプを選定。
あれよあ
>>続きを読む

0

YOU -君がすべて- シーズン1(2018年製作のドラマ)

4.0

ストーカー物?しかも10話もあるし、と思って見てなかったが、評価が良くて見てみた。

ラブロマンス、コメディ、親子ドラマ、友情、サスペンス、とトーンが多岐に渡っていて飽きない。

脚本のパランスが実に
>>続きを読む

0

チェンバース: 邪悪なハート(2018年製作のドラマ)

1.0

ストーリーがビックリするくらい起伏がなく、ある意味怖い!今時こんなホラーも珍しいかも。
さほど驚きも無く、長い長い退屈な10話だった。

そして、ストーリーに負けずひどいのがヒロイン。流行りのLGBT
>>続きを読む

0

窓辺の女の向かいの家の女(2022年製作のドラマ)

3.0

事件が起きるまでが長く、丸2話かかってやっと事件。
(とは言え1話が25分程度だが)
酒と精神薬を飲みまくり、人の家を覗いてストーカーするヒロインにはあまり共感出来ない。

中盤からの話の展開はドタバ
>>続きを読む

0

トワイス・アポン・ア・タイム(2019年製作のドラマ)

1.0

タイムリープ物ではあるが、焦点は恋愛ドラマ一直線。

しかし男性も女性もキャラが曖昧だし、話しの進み方も行き当たりばったりで全く面白味がない。無駄な会話がダラダラ続くし、不要なキャラも多い。主演2人は
>>続きを読む

0

クリックベイト(2021年製作のドラマ)

4.0

誘拐動画を配信して身代金を要求する劇場型犯人との戦い?
…と思いきや、全く違った。

誘拐された旦那を巡って、事件の動機・犯人を追いながら、それを奥さんや妹・刑事などの関係者の視点で描き、1話ごとに事
>>続きを読む

0

彼女のかけら(2022年製作のドラマ)

3.6

全くストーリーを読まず見始めたので、母娘が行きずりの殺人に巻き込まれる葛藤モノ?と思っていたら、それは導入部でそこから話は大きく動いていく。

現在と30年前の過去を交互に描き、現在での母娘の逃避劇と
>>続きを読む

0

瞳の奥に(2021年製作のドラマ)

4.0

主要な登場人物は3人、後半1人追加。
三角関係を巡って、女性の嫉妬や怨念が事件を起こす…

しかし、誰が誰を騙しているのか微妙にわからないまま話は進み、サイドストーリーとして、夢遊病や明晰夢がクローズ
>>続きを読む

0

The Sinner -隠された理由- シーズン4(2021年製作のドラマ)

4.5

前シリーズ後に退職、彼女とカナダの美しい島で長期休暇の予定が、そこで目撃した少女の自殺?失踪?事件に巻き込まれていく。

話が淀みなく進みながらも、少しずつ事件に絡む人々の裏の姿や秘密が暴かれていくの
>>続きを読む

0

ジャック・リーチャー ~正義のアウトロー~(2022年製作のドラマ)

4.0

最初はどうしてもトム・クルーズの機知に富んだキャラと比べてしまうが、慣れてくるとこちらのアスペルガーっぽいリューチャー像もそれはそれで楽しめる。

チームで動くため、それぞれのキャラがしっかり掘り下げ
>>続きを読む

0

今、私たちの学校は...(2022年製作のドラマ)

2.5

「ウォーキングデッド」の”少年少女、学校から脱出版”

襲い来るゾンビに対してのサバイバル戦で、少しずつ淘汰されていく辺りは面白いが、少年少女版なので子供っぽいロマンスや諍いシーンが多い。

キャラも
>>続きを読む

0
>|