marbo917さんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • marbo917さんの鑑賞したドラマ
marbo917

marbo917

北の国から(1981年製作のドラマ)

5.0

小学2年の純の目を通して、登場人物の成長、北海道の自然の厳しさ、家族の絆を丁寧な心情描写で描く説明不要の名作。
五郎、純、蛍が東京から麓郷の五郎の実家に移り住み、二軒目の家ログハウスでの暮らし始める迄
>>続きを読む

0

CREEPSHOW/クリープショー シーズン1(2019年製作のドラマ)

3.4

映画版と比較してしまうとクオリティは下がるが、ブレイキングバッドのガスとソウのジグソーが同じ画面で見られたりだけでもよしとするか。

0

北の国から '84夏(1984年製作のドラマ)

3.9

丸太小屋の火事、雪子と草太の離別と元不倫相手との元鞘、「子供がまだ食ってるで途中でしょうが」と盛り沢山。今回は純と正吉が主軸の物語で、雪子と草太の話が尺不足なのか詳細が描かれずに消化不良気味。

【以
>>続きを読む

0

北の国から '83冬(1983年製作のドラマ)

4.0

まだ髪がふさふさだった頃の笹野高史に驚き、松吉の爺さん(笠智衆)の豆まきシーンがかなり強烈。さらにみどりが去るシーンでは、もうこの土地は自分にとって故郷ではないと語る後ろで流れる中島みゆきの「異国」が>>続きを読む

0

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン1(2015年製作のドラマ)

3.5

2回目の鑑賞で、本家と比べて何故引き込まれないかを自分なりに考えてみた。

①マディソンのキャラクターはストーリーテラーとして物足りない。
②ジャンキーのニックには共感できず、いきなりサイコなダニエル
>>続きを読む

0

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン5(2019年製作のドラマ)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

人助けをする事で過去を償おうとする前半。
万人も傷つけす事なく、人助けしようとするモーガン。それに対し、自然淘汰し優秀なスキルを持つ人間を残し文明を再構築する事で人助けする開拓者。価値観の違いはあるけ
>>続きを読む

0

呪怨:呪いの家(2020年製作のドラマ)

3.3

呪怨シリーズはドラマ・映画と全て観ているけど、期待する怖さはどこにも無かった。

そんな中で良かった点
①柄本時生の不気味さ
②主題歌

惜しいと思った点
①映画版のようなアハ体験がない。
②撒いた種
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド SEASON 4(年製作のドラマ)

4.2

【ガスの監視下配置〜ガス殺害】

今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。
・例え話の盛り込み方や音楽の使い方にタランティーノの影響が見受けられる。
・ガスとウォルターの探り合いの話しの展開が早
>>続きを読む

0

ベター・コール・ソウル シーズン5(2020年製作のドラマ)

3.8

ソウルとキムの信頼関係がより深くなり、
サラマンカ一族vsフリングの闘争が今後激化。
ラロ暗殺の復讐が始まるところで終わる。

えっ!これでシーズン最終話??
かなり不完全燃焼な終わり方。

次回でい
>>続きを読む

0

ウェントワース女子刑務所 シーズン7(2019年製作のドラマ)

4.4

ヴェラの妊娠によりウィルが看守長代理を務め、ボスはカズ殺害によりマリーに交代。

第一話でリタの婚約者の暗殺から始まり、早くも激動の予兆で始まった本シーズン。
その後も、看守“ブラックホース”ショーン
>>続きを読む

0

ノット・オーケー(2020年製作のドラマ)

4.3

一話が20分程度なのでつまらなかったら、途中で止めようとか…くらいの軽い気持ちで観始めたら、続きが気になりほぼイッキ見。

ふとした事がキッカケで自分に超能力ごあると分かった女子高生が、親友の女の子に
>>続きを読む

0

ベター・コール・ソウル シーズン3(年製作のドラマ)

4.2

シーズン2とやってる事は変わらないけど、ついつい観てしまう。ジミーの奮闘の結果に安堵しつつ、マイクの暇つぶしも楽しい。
最終話でジミーが故意にお年寄りを騙した種明かしをする下りは、自己犠牲が好きなアメ
>>続きを読む

0

プリズン・ブレイク シーズン5(2017年製作のドラマ)

3.9

イエメン→ギリシャ→フランスまでは盛り上がりにかけるが、マイケルがアメリカに戻るころからから一気に加速し、随所に仕掛けられたパズルピースが最終回で一つに纏められ完全燃焼…見返すとやっぱ面白い!

でも
>>続きを読む

0

プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン(2009年製作のドラマ)

3.8

スキュラを巡り将軍とクリスティーナの間を追いかけっこ…展開が早過ぎでやってる事が同じことの繰り返しで新鮮味が感じられず、しかも長くて後半見ているのがしんどかった。

結局、マイケルの幼少期に父親に閉じ
>>続きを読む

0

プリズン・ブレイク シーズンⅢ(年製作のドラマ)

3.9

シーズン1で兄貴を脱獄させ、今回は弟を脱獄させるシーズン。刑務官のいない異国の刑務所でよく分からない組織に翻弄され、よく分からない人を脱獄させる。

ティーバックが今回も汚れ役として活躍し、
お笑い担
>>続きを読む

0

プリズン・ブレイク シーズンⅡ(年製作のドラマ)

3.9

とにかく長い。他の海外ドラマだと長くて16話くらいかと思うが22話は長い。組織の陰謀だか何だかよく分からんままどんどん進んでいくので、2周観てもやっぱりよく分からない。

汚れ役担当のベリック、グロテ
>>続きを読む

0

プリズン・ブレイク(年製作のドラマ)

4.0

適材適所なキャスティングと、
説得力と問題解決出来そうで出来ないところで、次のシークエンスに繋げられ観終わりがなかなかやめられない中毒性は、二回目に観ても色褪せない。

敵同士だったのが仲間になり、問
>>続きを読む

0

ベター・コール・ソウル シーズン4(2018年製作のドラマ)

4.3

シーズン1から4迄、一気に観てしまった。
本家を凌ぐ面白さの触れ込みは満更嘘でも無かった。キムとタッグを組んでからはもうTVにかじりつきの面白さ。

0

ベター・コール・ソウル シーズン2(年製作のドラマ)

4.2

真面目に世間に向きたいけど、ついつい悪知恵が働いてしまい「これくらいなら、まぁいいよね?」と近道を見つけるけど、結果的に遠回りになってしまうジミーの物語。

シーズン1ではBBの悪徳弁護士のイメージし
>>続きを読む

0

ベター・コール・ソウル シーズン1(2015年製作のドラマ)

3.9

始まりはパッとしなくて途中で断念しようと思ったが、第7話から一気に面白くなってきた。
BBでは悪徳弁護士くらいにしか思ってなかったのに、愛着というか親近感を覚えるまでになってしまう不思議。ピエロみたい
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド SEASON 3(年製作のドラマ)

4.2

【ガス登場〜ゲイルの殺害】

二回目の視聴にあたり堕落していく過程を列挙。
・ウォルターが新しいラボで麻薬を作る姿は、新しいおもちゃを与えられた子供のように楽しいそう。
・ジェシーが行き詰まった時何か
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド ファイナル・シーズン(年製作のドラマ)

4.5

【ウォルターの告白〜終焉】

今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。
・ジェシーがブロックに毒を持ったことに気づく工程がおかしい。
原因はリシンではなくスズラン等の花に含まれている説明を受けた
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド SEASON 5(年製作のドラマ)

4.3

【ウォルター主導の麻薬精製再開〜ハンクがそれに気づく迄】

今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。
・スカイラーがガス殺害と麻薬精製の再開を知り、子供達をウォルターから引き離し、家族との絆が壊
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド SEASON 1(年製作のドラマ)

4.0

【麻薬精製の始まり〜ハイゼンベルグと名乗る迄】

今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。
・このドラマに惹かれるのは、一見優しそうな表情の主人公が観進めるうちに凶悪なドラッグ生産王になるギャッ
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド SEASON 2(年製作のドラマ)

4.2

【テリトリー拡大〜スカイラーの家出】

今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。
・ただのジャンキーは印象だったジェシーだったが、一方的に自分の要求しか言わないウォルターに比べると、真っ当な事こ
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド シーズン9(2018年製作のドラマ)

3.9

救世主全滅後の復興への道のり、リックの退隠、新たな敵・ウィスパーズとの戦いを綴る。今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。

【前半:ウィスパーズ登場まで】
・リックがヘリコプターに運ばれるシ
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド8(2017年製作のドラマ)

4.3

ニーガンへの反撃開始から撃退救世主全滅までを綴る。今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。

【前半:アレクサンドリア没落まで】
・第一話でカールがガソリンを探しにいくシーンでは、シーズン1第
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド7(2016年製作のドラマ)

4.7

ニーガンの配下となったアレクサンドリア〜ニーガン反撃までを綴る。今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。

【前半:仲間の撲殺〜反撃の決意】
・これまでにショーンの転化、ハーシエルの首チョンパ
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド6(年製作のドラマ)

4.5

アレクサンドリアの大量ゾンビ誘導、襲来から救世主に囚われるまでの綴る。今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。

【大量ゾンビ誘導、襲来まで】
・これまでの演出がガラリと変わった。各シークエン
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド5(年製作のドラマ)

4.7

終着駅での死闘からアレクサンドリアまでの道のり、一番平和だった(?)時代を綴る。今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。


【終着駅脱出からアレクサンドリア到達まで】
・終着駅でギャレスがなぜ
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド4(2013年製作のドラマ)

4.8

刑務所での集団感染 、総裁との決闘、終着駅への道のりまでを描く。今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。

・4は最も好きなシーズン。総裁がフィリップからブライアンになり放浪の果てにたどり着くタ
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド3(2012年製作のドラマ)

4.6

農場から逃れ刑務所にたどり着き、ウッドベリー総督との諍いを中心に描く。今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。

・シーズン1では生き残りの家族や仲間を探し、
シーズン2では生き残った人々で肩を
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド2(2011年製作のドラマ)

4.7

CDC脱出からハーシェル農場への道のりと脱出までを描く。今回二回目の見直しをした際に気づいた点を列挙。

・初見時はローリの気持ちに共感出来たけど、見直すとローリの大統領夫人っぷりが腹立たしく、悪魔の
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド(2010年製作のドラマ)

4.8

アウトブレイクからCDC脱出までを主人公リックの視点で描く。

初見ではゾンビのディテールやストーリー、魅力的なキャストに惹かれたが、今回改めて見直すとに心情の捉え方が丁寧に描かれている事に気付いた。
>>続きを読む

0

奪い愛、冬(2017年製作のドラマ)

3.8

往年の大映テレビ如く過剰な演出、蘭の足の傷跡の手抜き具合がなんとも素晴らしく、特に「ここにいるよ〜」に始まる蘭の名ゼリフにハマった。

誰もまともな人が出てこない徹底ぶりも好感が持てました。

0

FARGO/ファーゴ シーズン3(2017年製作のドラマ)

4.0

自分を取り巻く世界が突然ガラッと変わってしまったら?何処にも正義が行われない世界に突然身を投げ出されたらどんな行動にでるのか?

まるで現実味のない話だが、魅力的なキャラクター明快でそれなりに楽しめた
>>続きを読む

0
>|