ダギリオりょりょりょさんの映画レビュー・感想・評価

ダギリオりょりょりょ

ダギリオりょりょりょ

映画(430)
ドラマ(0)

何者(2016年製作の映画)

3.0

再鑑賞。

就活の過酷さ、SNSの闇、ドロドロな人間関係など、現代社会をリアルに描いた作品。

100分弱。もう少し長くてもよかったんだが。
そこまでキャラの個性も面白さも引き立たせられてない映画。
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.4

伝説の傑作。

と言われて見ないわけにはいかない!
ムムッ?4時間!?
殺人事件?サスペンスなの?ホラーなの?
みたいな疑問が見る前から次々と浮かんできて混乱。
その謎を解決するためにも今日鑑賞してし
>>続きを読む

Heaven and Earth Magic(原題)(1962年製作の映画)

4.0

死ぬまでに見るべき1001本の映画読んでたらこれ出てきてビックリしたので一応レビューしておく。

シュヴァンクマイエル、テリー・ギリアムなどのアヴァンギャルドな映像作家にめっちゃ影響与えてそうな実験フ
>>続きを読む

Z(1969年製作の映画)

4.3

今ではもう入手困難になってしまっている作品。オスカーもカンヌも制覇してるのにこの有様。再販求む。

てなわけで英語字幕で全編を見たせいで体力がかなり消耗してしまったが、社会的サスペンスの傑作と呼ばれる
>>続きを読む

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

3.3

そういえばこれ狙撃シーンのためだけにちょっとだけ見た記憶があるけれど、まあまあ面白かった作品

撮影や編集も良かったし、グロい通り越して生々しかったし、逃げ場のない状況からも絶大な緊張感が溢れていて楽
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.8

五里霧中。

見た直後に感想なんて軽々と書けないのだが、とりあえずこの震えた手で文字を打っていくことにする。
通称胸糞映画って呼ばれてるだけあって、なにが胸糞だよとなんの覚悟も持たず見に行った自分を殴
>>続きを読む

はなればなれに(1964年製作の映画)

4.8

「はなればなれに」
美しい邦題だわぁ。

洒落たセリフや独特な編集法からはいつも通りゴダールらしさが溢れていたが、本作は珍しく結構ストーリーに焦点が当てられていたので通常のゴダールとは違う感覚で楽しく
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.9

アベンジャーズの監督が参加した、Netflix限定のオリジナル作品。

麻薬王の息子を守るタイラーの話。

アベンジャーズを手掛けてきたルッソと、それに出演したクリス・ヘムズワースであったが、アベ出身
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

4.5

何から何まで可愛らしい、愛おしい映画。

ゴダールの初カラー撮影の映画だが、色鮮やかなヨーロッパの街並みは美しく、彼特有の解放感溢れる演出は見事としかいえない。

画面サイズが広くなったことで映像の収
>>続きを読む

叫びとささやき(1972年製作の映画)

4.4

赤すげぇ…赤すげぇってずっと思ってた

ベルイマンのカラー作品。
サスペンス的照明やエクソシスト的ホラーは恐ろしくも美しいもの。

でもあまり赤すぎる部屋に僕いたら、不安しかなくて耐えられない気がする

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.0

映画ファンは必ず見てる映画

ってことで、僕まだこれ最初の方しか見ていなく、恥ずかしい思いでいっぱいだったので鑑賞してみた。


大胆にクローズアップしていた撮影法や、スピード感ある編集によって、銃撃
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.2

うん、まあ面白かったよ。

タイムループ系な映画だったけど、ありきたりなホラーに見せず新感覚な演出に取り組もうとする監督の意向は結構良かった。(結局青春メインなのだが)

でもコメディに目を向けすぎて
>>続きを読む

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

4.2

マイケル・ファズベンダーの体を張った演技。かなり生々しかったが、ひた隠しにせず映しとったのはすげぇ根性が必要だったと思うし、映画として非常に完成度が高まっていた。

セックス依存症の男性の前に、恋愛依
>>続きを読む

ぼくの伯父さんの休暇(1952年製作の映画)

4.1

タチさんってすげえなぁ。
笑いの上に更に笑いを重ねるって感じのセンスがとても見事。

ボートが真っ二つになるシーンが印象的

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.9

バットマンがもはやジョーカー

現実的にはあり得ない殺人鬼の映画だったが、全体を通してみれば監督の意図していたテーマがようやく見えてきてなかなかよかった。

色々な解説を読まないと深く飲み込めないとは
>>続きを読む

ヘルプ!4人はアイドル(1965年製作の映画)

3.8

ヘルプ!の米国盤を購入したついでに見たけど、やっぱり面白かった。

赤い指輪を巡ってリンゴ・スターが殺されそうになるという本編以前からめちゃくちゃなストーリーだったが、そのツッコミどころ満載な台詞や演
>>続きを読む

キングコング(1976年製作の映画)

3.2

見たことある。

オリジナルをそのままリメイクしてもおもろない。

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

4.2

Baby You're a Rich Man !!!
天才だからってなんなんだ、友達関係ちゃんとしようぜ

マーク・ザッカーバーグの、Facebookを立ち上げるまでを描いた物語。

これ、最初はサク
>>続きを読む

アンカット・ダイヤモンド(2019年製作の映画)

4.1

ダイヤモンド…
見つめるだけであなたの虜…
なんて美しいのだ…
これがないと俺生きていk…
ガラスガッシャン!

サブディ兄弟の最新作!
Uncut Diamond!!!
え、あれ?原題ちゃうわ…
U
>>続きを読む

ビートルズ/イエロー・サブマリン(1968年製作の映画)

4.9

こんなに愛が詰まったアニメ映画がかつてあったのだろうか。
イエローサブマリン、最高のアニメだ。

とにかくサイケな映像が素敵だ。
色彩を限界まで詰め込んだ摩訶不思議な作画がしっかりとビートルズの曲とマ
>>続きを読む

母なる証明(2009年製作の映画)

4.5

ほんとすごい。予想を裏切られた傑作だった。

ポン・ジュノ監督が作った家族ドラマとミステリーを兼ね揃えたようなサスペンス映画だったが、冒頭から重たい空気を感じるダンスシーン、恐怖を煽る裁断機(指切れそ
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

4.4

タランティーノの初長編作品。

"初"とは思えないほどの出来だった。

全編会話劇で登場人物もずっとアジトにいるだけなのに、全く退屈しない素晴らしい脚本づくりは最初からすごかったんだなと改めて感心
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

4.0

サイコスリラー的映画と見せかけてのスカッとジャパン。(ジャパンじゃない)

なかなか面白かった。
最初から不穏な空気が漂う映像であり、見ていられないほどジワジワと畳み掛けてくるストーリーや俳優たちの演
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.3

髭生えたディカプリオがジャック・ブラックに見えてきたなぁと感じつつも鑑賞終了。映画館で見たかったなぁ。

タランティーノ監督9作目!
彼はこの映画が絶賛されたら引退するという基準があやふやな宣言をした
>>続きを読む

鏡の中にある如く(1961年製作の映画)

4.4

ベルイマン監督が二連続で外国語映画賞を獲ったうちの一つ。

僕が宗教に関して恐怖を感じていることもあってか、本作の後半からの「神」をテーマにしたスクリーンプレイはずっと意味不明で複雑な気持ちにはなった
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

ビックリドッキリクリ…

桃李くんが日本アカデミー賞を獲ったらしかったので鑑賞。

とにかく役者の本気っぷりがすごい。
感情のぶつけ合いが非常に凄まじく、全体的に密度が濃いストーリーとなっていた。
>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

2.9

凄まじい緊迫感を味わったが、
より恐怖を味わったのはウトヤ島にいた、希望に溢れた若者たちだ



「72分間ワンカット」って、なんか「カメ止め」の宣伝のようで不謹慎だと薄々思ったが、とりあえずどういう
>>続きを読む

パラード(1974年製作の映画)

3.6

タチ監督のDVDは廃盤が多いのだが、運良く本作を新品で入手できたので鑑賞。

ビデオ、スーパー16、35mmなど、あらゆるメディアを使用して撮られていたため、修復には時間がかかったよう。

テレビ用に
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.1

見ようかなーいやいいかなぁ
と思ってたら日本アカデミー賞二冠
そしてアマプラ配信
なんですかこれ



面白かった
けどね、「え?は?」って感じです

日本アカデミー賞で監督賞と脚本賞を獲ってしまい、
>>続きを読む

アンダー・ザ・スキン 種の捕食(2013年製作の映画)

4.3

ホラー目当てで見た人にとっては期待外れかもしれないが
とにかく芸術的でダークな映像が素晴らしかった(2001年宇宙の旅的な映像が割とよき)

タイトルでほぼ説明してるのであらすじは割愛しておくが、ちょ
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

以前、ラストの手前でどんでん返しの正体がわかってしまったという間の抜けたレビューをしてしまったので、もう一度再鑑賞してレビューを書こうと思った。
無意識にネタバレしてそうなので一応ネタバレ表記にしてお
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

4.5

あまりにも有名な登場シーンしか見たことがなかったので鑑賞。

個人的にシュワちゃんは演技うまいと感じていなかったが(トータル・リコールしか見とらんが)、本作では無感情の殺人ロボットを演じたことで筋肉も
>>続きを読む

>|