まりまりんさんの映画レビュー・感想・評価

まりまりん

まりまりん

映画(573)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

クイーン 知らない世代です。
なので、当時は実際はどうだったとか考える事なく、素直に伝説のすごいバンドとしてめちゃくちゃかっこよくて刺激的で感動した。
フレディ・マーキュリーを超えるライブパフォーマー
>>続きを読む

ビリオネア・ボーイズ・クラブ(2018年製作の映画)

3.3

タロン君とアンセル君の共演と久々のケヴィン・スペイシーを楽しめた点には満足。

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.5

「トム・ハーディ」の出番が思いのほか多くて良かった!!

サラとサリームに関する報告書(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

【2018東京国際映画祭】
ワールドフォーカス部門

ただの不倫も国の情勢によってはエラい方向にいってしまうのね…。とりあえずサリームはいろいろダメな奴だった。全くまともな奥さんがかわいそう。

ノン・フィクション(2018年製作の映画)

3.8

【2018東京国際映画祭】
ワールドフォーカス部門

いかにもおフランス〜な作品でした🇫🇷

靴ひも(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

【2018東京国際映画祭】
ワールドフォーカス部門
ゲスト:監督

念願の移植手術の末にお父さん亡くなってしまうなんて…人生はあまりにも厳しい。

堕ちた希望(2018年製作の映画)

4.3

【2018東京国際映画祭】
コンペティション部門
ゲスト:監督・女優

憧れのイタリアにも、こんな闇があるんだな…衝撃だった。

赤い子牛(2018年製作の映画)

-

【2018東京国際映画祭】
ワールドフォーカス部門
ゲスト:監督・プロデューサー

がっつり宗教モノでやはり難解だった。

シレンズ・コール(2018年製作の映画)

4.8

【2018東京国際映画祭】
コンペティション部門
ゲスト:監督・女優

ヒストリー・レッスン(2018年製作の映画)

3.5

【2018東京国際映画祭】
コンペティション部門
ゲスト:監督・女優・プロデューサー

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

4.5

ブルース・ウィリス全開で嬉しく楽しい1本😊銃の扱いにビビる演技がかわいい💕

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

まずタイトルが好き。あらすじとキャストで期待しかない。
そんな高いハードルでの鑑賞だったけど、期待以上に楽しめた!以下、良かった点まとめ。
★アリシア・ヴィキャンデル→キレイ!絵になる!そりゃ惚れてま
>>続きを読む

かごの中の瞳(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

旦那も悪いが、でもあのラストはちょっとかわいそう…

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.5

突然現れたプーに冷たくあたるユアン・マクレガー。それに共感する事で自分の心の小ささや荒み具合を実感する。そんな切なさに涙してしまいました。
三連休最終日の夜に観るんじゃなかったな。
リラックマ派だけど
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.8

ありえないほどでっかい敵と生身で戦える人間はドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムぐらいかな、と。楽しかったです。

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

4.8

テニスのルールもわからないし、マッケンローとかもわからない世代です。
が、楽しめました。何がって、ビヨン・ボルグ(役)めちゃめちゃイケメンで、それだけで楽しめる。久々のシャイア君も良かったですよw
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

めちゃ話題なのとゾンビ映画らしいので鑑賞。
いや、めちゃおもしろかった!
はじめは作品の構成に戸惑ったけど、流れにノれてからは面白くて。
こういう映画が売れる事はいい事ですね。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

あれれ…なんでこんなにハラハラしないんだろ。イケてる女性陣がデキすぎて上手く行き過ぎなのかしら。ちと残念。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

5.0

何を今さらマンマミーアの続編、それも過去の話を掘り起こすなんて…と期待せずに鑑賞。
その予想は見事に裏切られて前作越えの感動でした‼︎
特にタイタニックごっこしながらおじさんがやってくるシーンなんて、
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

4.5

子育てしてないと解らない話かなーと思ったけど、同い年のシャーリーズ・セロンが演じる役は、状況は違えど共感するポイントが散りばめられていた。
「ヤング≒アダルト」とともにライフワーク的シリーズにしたい作
>>続きを読む

追想(2018年製作の映画)

4.8

期待していなかったのだけど、めちゃ好きなやつでした!地味〜なララランドだな。

>|