MayuShimadaさんの映画レビュー・感想・評価

MayuShimada

MayuShimada

映画(564)
ドラマ(2)

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館(2012年製作の映画)

3.5

結末がやってきたときに一瞬「えっ、そんな陳腐な…」って思うんだけど、よく考えてみたら黒衣の女の執念深さにじわじわ恐怖がわいてくる、もはやサイコホラーなゴシックホラー映画。

そうそう、そうなのよ。あの
>>続きを読む

The Little Stranger(原題)(2018年製作の映画)

3.5

イギリスのホラーってちょっと日本のに雰囲気似てるよね。

お前かぁ~、お前なのかぁ~って感じですわ、一言で言うと。ほんと、これ解るから見たら。

イギリスらしいどよ~んとした空気感と埃っぽくて人数に対
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム2(2013年製作の映画)

3.6

一昨目のような風刺的要素は少し薄まった感じはしたものの、こんなに馬鹿げた(でも馬鹿にはしてませんよ!)設定にも関わらずこんなに登場人物たちに同調できるように作れるとは、物語づくりの世界は奥が深いとつく>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

皆さんお気づきだろうか…
ステージに立つアーサーの後ろにpogo's と書かれているのを…

最近ハマっているポッドキャストがありまして。そのポッドキャスト、実在のシリアルキラーがどんな動機でなぜ殺人
>>続きを読む

モンスター上司(2011年製作の映画)

3.6

ここんとこ割とボリューム感のある映画ばっかりだったので、頭空っぽ系が見たくなって観賞!

内容が無いわけではないよ。

とか、くだらない駄洒落を言いたくなるくらいのい~い湯加減。
フレンズのレイチェル
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

3.8

わかってるわかってる。君たちの言いたいことはちゃんとわかってるよ。
「えっ!こいつハンガーゲーム見たことなかったのかよ?」でしょ?
私も同じ事思ったもんね。え?私ハンガーゲーム見たことなかったの?って
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.0

いやぁ~、トイ・ストーリーって何気に深いんだよなぁいつも。

誰にも愛された経験がないギャビー・ギャビーがね、あのキャラは深いっすよ。
「これを手に入れれば」「こういう風になれば」自分は幸せを手に入れ
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.8

雌しかいないヒトデがいるんですってよ。
そのヒトデは卵を産むけれども、もちろん受精はしないわけだから、全部母親のクローンとして成長するんですってよ。

なんでヒトデの繁殖方法の話なんか書いたかって言う
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

こんなに好きな俳優ばっかり出てるの見てバチが当たりはしないかと心配になるくらい眼福映画でした。笑

あのですね、ほんとにリアーナ出てきた時はうひゃー!ってなりました。まさかそんなキャラでリアーナ出てく
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.2

おぉぉ~~~

オーシャンズシリーズの監督だって知ってけっこう期待して見ましたよ。最後の最後まで欺き切ってくれるねぇやっぱり。
エンドクレジット後の「nobody was robbed except
>>続きを読む

バスターの壊れた心(2016年製作の映画)

3.7

なんだかキューブリックの「シャイニング」とちょいちょい目が合う気がする作品。

たぶんそうなんだろうな…きっとそうなんだろうな…って思って見てたらやっぱり"そう"だったっていうのが一番やりきれなくなる
>>続きを読む

ダーク・シャドウ(2012年製作の映画)

3.7

元々特に見るつもりは無かったが、「なんかダークなファンタジーがみたぁい」って気分になったので見てみた。

やっぱ世界観の作り方がティム・バートンはうまい気がするんですよね。
リアリティが無いようで有る
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.4

わかったわかった!もうわかったから!トム・クルーズが歳のわりにムキムキで動けるってのは充分伝わったから!

って言いたくなるくらいには内容が中途半端。

もうねぇ、「襲われて、逃げて、反撃する」だけで
>>続きを読む

フットルース(1984年製作の映画)

3.8

ケヴィン・ベーコン、おじさんになってもかっこいいけどこの頃もかっこいいな~

ちょうど良いのよね、若いから可愛らしさもあるんだけど大人になりかけてる時期独特の色気も出ててね。
あ、念のため言っときます
>>続きを読む

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

3.8

天の邪鬼がんこ親父再び!笑

橋爪功さんのこの憎ったらし~い演技すごく面白い。前のシリーズでも書いたけど、うちの父親も大黒柱である父親に楯突かせない昔ながらの家族のかたちに馴染んでいて現代についていけ
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.0

やっと見たぜ「顎」!じゃなくて「JAWS」!

三年前ぐらいにUSJのアトラクションに乗ってからずぅ~っと見たいと思ってた。
期待通りおもしろかったぞ。

このぐらいの年代のサスペンスで何がおもしろい
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.5

なんか、あんまり世間の評価は良くないみたいですが私はわりと好きでしたね。楽しめました。

って言うのも~、X-MENシリーズのうちどの作品もだいぶ前に見たきりだし~、そもそもいろいろ起こり過ぎて時間軸
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.4

ずーーーっと見たいと思ってたのを、最近お気に入りのラミ・マレックも出ていると知ってやっと観賞。

予告では一瞬しか映らなかったのでラミちゃんちょい役かと思いきや、ファーストカットからがっつり出てました
>>続きを読む

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011年製作の映画)

3.7

男にナメられるのが一番嫌ってそこの君、マーガレットがお手本だ!

彼女が首相だった頃世の中でどんなことが起こっていたかという部分はわりと淡白に描かれているので、歴史モノとして見ると物足りない。
しかし
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

4.0

こう見えてクリスマスの話に弱いのよ私。

今年のクリスマスはまだまだ先ですが、きっと今年は今年のクリスマスムービーが公開されるだろうからここらで去年なんだかんだで見られなかったグリンチを見てしまおう、
>>続きを読む

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

3.7

中盤からラストにかけておもしろさがグッと増量。

アベルのみが軸かと思って観ていると最初の方のシチュエーションの切り替わりがちょっと急激に感じるので、誰がどっち側の何をしている人なのか若干混乱。
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.5

ハッピー感も感情移入のスキも一作目のほうが強かった…

なんかこう、番外編というか人気出たから作ったエピソード0的な感じなんですよねぇ。
その"ついで"感を歌の上手さとキャストの豪華さで誤魔化されてい
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.6

問題提起を目的としていたとしたらなんかファジーな終わりかた…

これ、サークルという企業の最初の印象づけからちょっと失敗している気がする。
トップシェアを誇ってるのはわかるけど"何の"トップシェアなの
>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

3.2

ミシェル・ロドリゲスの姉貴を主役に据えて誰かをボッコボコにぶちのめし、ついでにお色気シーンもつくる為に作られたシナリオ。って感じ。

深みとか論理性とかリアリティのある表現とかはとりあえず箱に詰めて何
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

人生の最後の部分まで描かれないからこそ彼の伝説的な特徴が強調されるという手法…

つい調べちゃうよねその後を。つい好きになっちゃうよね…!

いろいろ細かい部分のタイミングを映画にする上で事実とは少し
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.7

超真面目なシーンでも、下ネタとも取れるようなふざけた台詞を入れちゃうくらいには、ずっーっとふざけている!笑

でも最後の増えーるワカメな展開にはちょっと驚いたし、最後の最後の展開にもおっ!ってなりまし
>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(2012年製作の映画)

3.5

特に観る予定は立ててなかったんだけど最近重めの映画が多かったので

サッ!パッ!ドンッ!はいッ面白いッ!!

みたいな感じ(解りづらい)の映画が見たくなってドウェイン出てるし見てみました。

ジュール
>>続きを読む

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方(2015年製作の映画)

3.7

何気にキャストが豪華~!って思った映画シリーズ~!と言っても連続二作目~!

アイ フィール プリティー見てからエイミー・シューマーがなんか好きみたい。
ちょうどいいブスとか言って注目されてる芸人さん
>>続きを読む

ノア 約束の舟(2014年製作の映画)

4.0

なかなか興味深い。そしてキャストが何気に豪華!

遠い昔から、ちょっとひねくれた芸術家たちが聖書の記述とは違う自分なりの解釈を加えた宗教画を描き、依頼主に怒られたり受け取り拒否されたりしてきましたが、
>>続きを読む

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

3.8

評価低いっすね~笑
なんせ邦題と内容が全然違うからね。フライヤーの雰囲気ともけっこう違うしね。
作った人ほんとに観てから作ったのか?と疑問に思うぐらい違うのよね。

日常的な風景を描きながら実はけっこ
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.2

子供の頃テレビかなんかでやってたセブン。
おそらく母はただかっこいいブラピが見たくて見ていたのだろうが、巨漢がスパゲッティに顔を埋めて死んでいる序盤のシーンが幼い私の脳裏に完璧に焼き付き、見事トラウマ
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.7

アクアマンっていうかジュール・ヴェルヌ感がそこここにすごいぞ…!

最初にちょこっとヴェルヌの小説について触れていたけど、メカ系のデザインとか、アトランティスとカラゼンのいる場所のデザインとか、一昔前
>>続きを読む

大いなる沈黙へ ーグランド・シャルトルーズ修道院(2005年製作の映画)

4.1

アンドレイ・タルコフスキーばりにどのカットも文字通り「絵」になるほぼサイレント瞑想ムービー。

私はクリスチャンではないし、というかなんの宗教も特に信仰しているわけではないですが、見ているとなんとなく
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

3.7

相変わらずティーンエイジャーなピーター・パーカーで安定安心! 笑

エンドゲームを一緒に見に行った友達と、で、彼らの年齢はどういうことになったんだ?と議論していたのがスッキリ解決いたしました。

ま~
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

3.7

「そっ…そっ…そりゃ納得いかんのぅ…!」
これが聞きたくて見ました 笑

スピルバーグはやっぱり安定感ありますね~。
ちゃんと始めてちゃんと終わるよねいつも。ちょっとへそが曲がった作風がお好みの方には
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.9

あぁ~これガイ・リッチーなのね!!

ウィル・スミスのジーニーが見たくて見に行きましたが、予想を越える楽しさでちょっとびっくり。

アラジンはアラジンなんだけど程よくリブートされている感じで。今実写で
>>続きを読む

>|