光光太郎さんの映画レビュー・感想・評価

光光太郎

光光太郎

感想ブログ
➡https://bright-tarou11253350.amebaownd.com

Twitter→https://twitter.com/masachika3350
感想なしは記録用。

映画(719)
ドラマ(0)

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.0

エッチさがストーリーと上手く交わっていて、エロいからこそ怒りがこみ上げ、エロいからこそ胸打たれる。素晴らしいエッチ映画。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

史実を下敷きにした話なのでどうしてもダイジェスト感は否めないけど「人が心の底から感動してる瞬間」をいくつも見せてくれるので大満足。音楽は人を救うし、聴く人もまた音楽家を救ってる。

あと、色んな映像効
>>続きを読む

シコふんじゃった。(1991年製作の映画)

4.0

相撲興味ない人でも、相撲を見る楽しさを実感出来るスポーツ映画。物語も面白くて、コメディ一辺倒に思えるテンションだからこそ、ここぞと炸裂する意地が熱い。

ベスト・キッド(1984年製作の映画)

3.2

ロッキーを調子こき男のクソガキに、ミッキーを日本人に、ボクシングを空手に置き換えたかんじ。

累 かさね(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャニーズ横山のエロすぎるキスと「抱きたい芝居」及び抱きたい欲を削がれてそのまま退場という男気に驚愕。演技はおそ松!

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.0

これまで何回も観てきたアクション映画の面白い所を凝縮して、イライラする要素を全部消してお話をシンプルにして、過去のプレデター作品とは明確に異なる「チームで勝つ」を押し出し、道徳心を消し炭にした感じ。最>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.8

思いの外真面目にジョーズしててビックリ!
ステイサム+お馬鹿クルーVS超巨大鮫の戦い1本を120分、どっかで観た話と演出とあまりにも馬鹿すぎるハプニングてんこ盛りで繋ぐ!音楽もアホすぎる!!最後はガチ
>>続きを読む

アウトロー(1976年製作の映画)

4.0

建国記念で国の闇を見せつけるアメリカはすげぇ。

叫びとささやき(1972年製作の映画)

3.0

どぎつさよりも美しさが際立つ赤い部屋と白ドレスの女達。もうこのビジュアルが強すぎる。リアルさなど欠片もなく、美術はどんどん抽象的に。対して登場人物達は肉体的接近を重ねて現実を求めていく。

でもねぇ…
>>続きを読む

沈黙(1962年製作の映画)

3.0

姉と妹、妹の息子が異国で1泊する。言葉が通じない現地の人とは身ぶり手振り思いやりで通じ合えるのに、長年連れ添い言い合ってきた家族とは憎しみ合うばかり。激しく吐露しても平行線のまま。

最初から最後まで
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.5

小難しいSFやおっぱい連呼等のセンセーショナルさよりも何よりも、誰もが楽しめる「分かりやすい物語」だった。利己的から利他的に、惚れた女の為に、自分自身で意味付ける為に……アオヤマ君という一人の子供の成>>続きを読む

>|