ゾロさんの映画レビュー・感想・評価

ゾロ

ゾロ

映画(803)
ドラマ(0)

舟を編む(2013年製作の映画)

4.0

辞書作りに心血を注いだ人達の
ひたむきな姿と身近な人との
人間模様を描いた映画

三浦しをんさん原作(未読)


好きな役者さんばっかり

主人公
 松田龍平

献身的な妻
 宮崎あおい 

同僚
 
>>続きを読む

トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2(2012年製作の映画)

3.5

シリーズ5作目
最終章の後篇

前作で生まれた赤ちゃんにより
三角関係が解決して
ベラも念願の吸血鬼になる
カレン一家と人狼達の
安息の日々が訪れるはずが・・

生まれた子供に難癖つけられ
ヴォルトゥ
>>続きを読む

トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 1(2011年製作の映画)

3.5

シリーズ4作目
最終章の前篇

シリーズ4作目で
監督も4人目

原作の魅力と人気がわかる
おそらく、物語も原作に忠実だと思う

人間、吸血鬼、人狼の三角関係も
人間と吸血鬼の結婚で終着

そして、ハ
>>続きを読む

007/ゴールドフィンガー(1964年製作の映画)

3.5

シリーズ 第三作目

ジェームズ・ボンド役は
”ショーン・コネリー”


舞台はマイアミから

カードゲームのイカサマを暴き
意気揚々と女性と楽しんでいると・・・

相変わらず、
簡単に気絶させられる
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.5

実際にあった祖父母殺害事件に
着想を得た母と息子の物語

母と息子の気持ちは
全く、理解できない

途中、児童保育所勤務の
アヤさんが色々代弁してくれる

多感な息子には
響いた声も
母親には全く届か
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.5

無茶苦茶良かった

本作もコロナの影響で
公開が遅れた映画

期待していた映画で
早くからプレイリスト♪を
がっちり聴いたうえで
映画館で鑑賞



■PVを観てるよう

■色使いが綺麗

■様々なコ
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ第三弾 完結編

人間 対 機械の最終戦

現実世界(ザイオン)に侵攻した
センチネンタルの迎撃戦がメイン
ヴィジュアル的にも
アクション的にも
マトリックス感は無い

ラストに
ネオ VS 
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

4.0

シリーズ第二弾

前作に続き

斬新な視覚効果でデジタル世界を体感

シックな衣装による華麗なアクションに
魅了される

ヴィジュアルが本当に魅力的な映画



ネオが複数の銃弾をとめてしまう
「ザ・
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

■良かった点

松岡茉優さん凄すぎて

ラストが見事

陰と陽の表現が良かった

 陽の当たる場所にいるサキ
 陰ばかりにいる永田

 暖色ばかりのサキの部屋が
 永田がいなくなった後は暗くなる
>>続きを読む

大脱出(2013年製作の映画)

3.5

スタローン × シュワちゃん

脱獄のプロをスタローン
収容所の囚人のボスはシュワちゃん

罠にはめられたスタローン
罠の理由、目的は?
シュワちゃんは、敵か味方か?
脱獄不可能の収容所の全貌とは?
>>続きを読む

007/ロシアより愛をこめて(1963年製作の映画)

3.5

シリーズ 第二作目

ジェームズ・ボンド役は
”ショーン・コネリー”

舞台はイスタンブールから

「スペクター」に
宿敵認定された”007”の元に
殺し屋が送られてくる物語


前作より
アクション
>>続きを読む

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

4.5

題名通り家族の物語
母親の突然の余命宣告に
残された家族が奮闘する

配役が好きな役者さんばっかり

可愛いお母さん
 原田美枝子 さん

厳格な父と言えば
 長塚京三 さん

引きこもり経験有りの長
>>続きを読む

007/ドクター・ノオ(1962年製作の映画)

3.0

シリーズ 第一作目

MI6の諜報員
コードネーム【007】

ジェームズ・ボンド役は
”ショーン・コネリー”

舞台はジャマイカ
月面ロケットの発射を
妨害しようとしていた
世界的犯罪組織
「スペク
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.5

面白かった!!

凄い良かった!!


予告からある程度は予想できるけど
ネタバレ無しで映画館鑑賞を推奨


ひりつくような空気感

静寂の緊張感




エリザベス・モスの悲壮感

視えない恐怖と不
>>続きを読む

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語(2018年製作の映画)

3.0

確か、日比谷シャンテで上映
見づらい映画館なので、敬遠
DVDを待ちました

■期待値が高すぎた
あらすじから、壮大なドラマ感を
煽られて、期待しすぎてしまった



■観るタイミングが悪かった
前日
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.0

好きだったドラマの映画版
第二作目

ダー子、ぼくちゃん、リチャードに
加えて、今まで出演してきた
個性豊かなキャラ達による
演出や仕掛けは、既視感があって
展開まで予想させてしまう

だけど、
ニヤ
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

3.5

山田孝之さんの演技が好きで
公開前から楽しみにしていたが
コロナ禍の沖縄騒ぎもあり
鑑賞を迷っていたが・・・劇場へ


重松清さん原作で未読

シングルファーザーと娘の成長期

予想通りたくさん泣かさ
>>続きを読む

ハスラーズ(2019年製作の映画)

3.5

ニューヨークのストリッパー達の
栄枯盛衰を描いた物語

ウォール街の裕福な男たちから大金を
巻き上げた実際に起きた事件がベース

予告と少しの事前情報で
”オーシャンズ8”のような
”華麗” ”秀逸”
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.5

ダン・ブラウン『インフェルノ』の実話
(地下牢での軟禁による翻訳作業)をベースに、
インターネットなどデジタル要素を
組み込んだミステリー映画


時間軸のズレや
立ち位置のミスリード
小説や会話の引
>>続きを読む

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

フランス南部の田舎町
オートリーヴに実在する
シュヴァルの理想宮と
呼ばれる建築物

たった一人の郵便夫が
道端の石を拾っては積み上げ
削り、加工しては積み上げ
33年の月日を費やし
作り上げた建造物
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.5

マーゴット・ロビーの演じる
ハーレイ・クインが観たくて鑑賞

スーサイド~の続きの設定だけど
見ていなくても、問題無し

DCの原作を知らなくても楽しめる



ハーレイの家やクラブの雰囲気
警察への
>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.5

北根壊(ほくねい)高校編

原作を読んでいたけど、
全く覚えていなかった

話と展開は単純明快
本作だけ見ても楽しめる

ただ、ドラマ版見てると
倍以上に楽しめる

昨日の敵は今日の友 
お約束だけど
>>続きを読む

機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編(1982年製作の映画)

4.5

劇場版 シリーズ第三弾
完結編

■航路
 地球~月への航路(見せかけ)
  (陽動作戦)
 サイド6
  (補給目的)
 テキサスコロニー
  (本体との合流)
 宇宙要塞ソロモン
  (ソロモン攻
>>続きを読む

ポリス・ストーリー レジェンド(2013年製作の映画)

3.0

”ポリスストーリー”を
シリーズとして考えると
1~3まで
新作ごとにアクションが減りつつ
ストーリー性を重視してきたイメージ
それでも、常軌を逸したアクションと
コミカルなアクションが見所

実話を
>>続きを読む

機動戦士ガンダム II 哀・戦士編(1981年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

劇場版 シリーズ第二弾

■航路
 中央アジア~東ヨーロッパ
  (オデッサ作戦参戦)
 東ヨーロッパ~南米ジャブロー
  (地球連邦軍本拠地)


 ガルマの仇討ちで
 ランバ・ラル隊が木馬を強襲
>>続きを読む

機動戦士ガンダム(1981年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

完全に”ガンプラ”世代

アニメも観ていたが、当時は
ガンダムが発進しない放送回は
つまらないと感じていた

そもそも、戦争であり勧善懲悪ではない
ジオン軍にも正義や戦う理由があり
連邦軍には、腐敗も
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.5

記念すべき 777レビュー!!


たくさんの素敵な映画に出会える事に
感謝して、今後もお世話になります

と言う事で ”セブン”

少し前に、何観ようか?
考えたけど、777はコレでしょ



”ブ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

大人気海賊映画 シリーズ第五弾

テーマは”家族”


ジャックと若い男女
呪いと宝
ライバルと仲間
そして・・・愛

一作目を彷彿とさせる脚本


3部作の終わり方を
正当化するような綺麗なラスト
>>続きを読む

ハンニバル・ライジング(2007年製作の映画)

3.0

『羊たちの沈黙』で異彩を放った
”レクター博士”の生い立ちに
焦点をあてた物語

シリーズとしては、4作目

描いていたイメージと違い
完全に蛇足と感じた


時代背景やトラウマの設定、
クライマック
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

4.0

シリーズ第五弾 完結編

第一弾は 1982年
38年の歴史に終幕!

今回はメキシコの
人身売買組織が相手


 良かった!!!


前作からの続きの物語として
年月や設定に無理が無い

本作は一言
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉(2011年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

大人気海賊映画 シリーズ第四弾

装い新たに新しい冒険


初見時
「あー、やっぱり
 ウィルとエリザベスが
 いなくて、残念・・」


ジャック・スパロウ船長の
海賊としての魅力に迫る物語

前作ま
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

大人気海賊映画 シリーズ第三弾

三部作の完結編であり

 ジャック・スパロウ船長の物語ではなく
 ディヴィ・ジョーンズの悲しい恋物語


初見時
「ウィルとエリザベス
 ハッピーエンドか?
 悲しい
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

大人気海賊映画 シリーズ第二弾

●"デッドマンズ・チェスト"
(=死者の宝箱)
 ※chest=心臓の意味も有り


初見時
「えっ?ここで終わり?」
・・・と思ったよね

多くの謎や消化不良を
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

4.5

大人気海賊映画 シリーズ第一弾

原点にして最高傑作
シリーズの中で一番好き

世界観

脚本

音楽

アクション

そして、何より

ジャック・スパロウ船長の魅力



何度も観てるのに
世界観や
>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

イップマン シリーズ第四弾 完結編

・・・悲しすぎる

 泣いてしまう
 ポイントがありすぎて・・・


癌の宣告

奥さんの遺影

息子との電話

息子との距離

永遠の別離



格闘シーンもテ
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

ルイーザ・メイ・オルコットの
自伝的小説で南北戦争時代の
アメリカの四人姉妹の物語

字幕とか、説明とか無く
過去や現在を行き来しながら
進んでいく展開は、時代背景や
登場人物を知らないと大変かも?
>>続きを読む

>|