山桃さんの映画レビュー・感想・評価

山桃

山桃

ひたすら洋画

映画(1427)
ドラマ(0)

ハンズ・オブ・ストーン(2016年製作の映画)

-

面白かったー。ボクシングは戦略。今思えば亀田兄弟も戦略だったのかな!?

バーチャル・レボリューション(2015年製作の映画)

-

製作費がもったいないと思わせる映画。観たことを忘れてまた観てしまいそうで怖い

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

-

タイトルとポスターからはちょっと違った雰囲気だったけど、いい映画だった。ジェイクの演技がいい。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

-

検死大好きなんですけど、途中から様相が変わってきて怖かった。ほんとに怖かった。

ザ・ボディガード(2017年製作の映画)

-

サム・ワーシントンのアクションはキレがあっていいのだけれど、この手の映画を観ると、ボーンシリーズのレベルの高さを再認識することになる。しかもボディーガードではない。邦題NG

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

-

シャーリーズ・セロンが出ているだけで画面が引き締まる。ショートヘアもキャップも破れたTシャツもよく似合う。たまには優しい性格の役柄を見てみたいのだけど。

真夜中のピアニスト(2005年製作の映画)

-

ロマン・デュリスが好きなので観たかった作品。メラニー・ロランも発見

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

-

レザボアドックスっぽい。何気に知っている俳優ばかり。

シャイン(1995年製作の映画)

-

実話!?ジェフリーラッシュの演技がすごくいい。ラフマニノフ、去年行ったソロリサイタルの演目に入ってました。

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

-

ストーリーはそれなりに作ってるものの、下ネタをどれだけ盛り込むか、が監督の一番のテーマのように思えるくらい、台詞も行動もかなりお下品。「モンスター上司」もかなりお下品でしたがそれを越えるほど。ハリウッ>>続きを読む

アーロと少年(2015年製作の映画)

-

影像がすごい。実際の景色より美しいと思うほど。

ヴィクトリア(2014年製作の映画)

-

全編ワンカット、というのは評価できるけれど、フェイドアウトしている時に「今これを仕組んだな」とか「車へのカメラの乗り降りの仕方がうまい」とか本編より撮影の仕方を考えてしまう映画は、やはり集中できない。>>続きを読む

エリザのために(2016年製作の映画)

-

EU最貧国のルーマニアの閉塞感。テイストとしては「ソフィアの夜明け」や「ロゼッタ」、「ある子供」に似ている。タイトルは原題の「バカロレア」の方がいい。

コロニア(2015年製作の映画)

-

コロニアが存在したのは事実だけど、この物語はインスパイアされたものと記載あり。 ~based on~と~inspired by ~は別物。 実際はもっと酷かったらしい。見終わって知ったのは、この集団生>>続きを読む

ケープタウン(2013年製作の映画)

-

思っていたより骨太な作品。オーランドブルームのヤサグレ刑事役が今までの作品と違っててよかった。南アフリカの悪な人たちは警官だろうがなんだろうが、人を殺すことに全く抵抗がないことに驚いた。

はじまりの街(2016年製作の映画)

-

主人公の少年が美しくて、目が離せない。それぞれの痛みがよく伝わる映画でした。

ヴィクトリア女王 世紀の愛(2009年製作の映画)

-

女王って大変だってことと王室はお金がかかるってことがよくわかりました。映画は史実を追う感じで、特に抑揚はないです。「プラダ~」のエミリーブラントが、こんなに主役をつとめる女優さんになるとは思いもしなか>>続きを読む

不倫したい女(2014年製作の映画)

-

不倫したいのは男の方でした。「俺の稼いだ金を無駄遣いしている」と妻に言う男。美味しくないたかがカップラーメンを子供が残しただけで。

英雄の証明(2011年製作の映画)

-

戯曲のような台詞まわしだと思ったら、やっぱり戯曲だった。残念ながら現代の設定には合わない。レイフファインズ渾身の監督作品かもしれないけど、監督が主人公を兼任した時の失敗例のような。時代劇にするとお金が>>続きを読む

エベレスト3D(2015年製作の映画)

-

キャストが豪華。これは映画館で観た方が圧倒的にいいのでしょうが、上映時はあまり心惹かれないジャンル。家で見終わった後に映画館で観ればよかったと思うパターン。ドローンを使っているのかよくわかりませんが映>>続きを読む

カプチーノはお熱いうちに(2014年製作の映画)

-

編集が下手なのか?まとまりがあるようなないような…キーラナイトレイの眉毛と田中美奈子の唇の主人公。

ニュースの真相(2016年製作の映画)

-

このスクープは誰が何のためにリークしたものなのか。情報を精査する難しさ、それが真実であるかどうか裏をとる過程、いい意味合いでハリウッド映画らしいテンポがあったので引き込まれた。自分に都合のわるい報道は>>続きを読む

ウォルト・ディズニーの約束(2013年製作の映画)

-

偏屈で強情なイギリス人女性役を見事に演じているエマ・トンプソン。邦題はNG

バージニア その町の秘密(2010年製作の映画)

-

「その町の秘密」はいらないんじゃないか?ジェニファー・コネリーはきれいに歳を重ねてる。

>|