明太ちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

明太ちゃん

明太ちゃん

映画(808)
ドラマ(12)

オリ・マキの人生で最も幸せな日(2016年製作の映画)

3.5

ライヤちゃんが気になって集中力と闘争心が全く出ない、試合も2Rで戦意喪失負け…でもこれで良かったんだ

サマーフィーリング(2016年製作の映画)

3.7

辛い出来事から立ち直るのは急にでは無くて徐々になんだな。それを丁寧に描いた映画だった

街の灯(1931年製作の映画)

4.0

酒で股間びしゃびしゃにするシーンとボクシングのシーンは声出して笑ってしまうね(笑)

若い娘がいっぱい(1966年製作の映画)

3.3

お話は…だがOPの着物姿の女子短大生達は華やかで印象的だ

伊賀忍法帖(1982年製作の映画)

3.3

生首が良く飛んでいく映画だった…東大寺の大仏の首も飛んだし(;´・ω・`)

南極物語(1983年製作の映画)

3.7

鯱から仲間を守ってズタズタになりながらも食糧の場所を教えて死んでいくリキが切ない

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

4.0

登場人物が原作クリソツで感心した。アニメの実写版で一番の成功例だと思う。

エル・スール(1982年製作の映画)

4.0

落書きと電話の内容だけでかなりのアホだと解るカリオコ君の話をもうちょっと観たかったな(笑)

キッド(1921年製作の映画)

4.5

子役が可愛らしい上に演技も達者で魅入ってしまった。

チャップリンの黄金狂時代(1925年製作の映画)

4.0

鶏の形態模写が上手過ぎて(笑)
靴喰ってたけど食べ物で作ったのかな

太陽の下の10万ドル(1964年製作の映画)

3.8

山坂道で無茶仕掛けたり裏をかいたりして来るベルモンドVS耐える男ヴァンチュラ
最後ヴァンチュラは怒り通り越して呆れて脱力したんだろうな(笑)

哀愁(1940年製作の映画)

3.8

一緒に踊り子クビになった友人が良い人過ぎて切ない

Get to Know Your Rabbit(原題)(1972年製作の映画)

3.5

ピアノ調律師のオッサン何だったんや(笑)何時の間にか朝食作ってくれてたし(笑)
話の筋は解ったし笑えたけど不思議な映画という印象

それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ(2006年製作の映画)

3.8

アンパンマンや改心したドーリィちゃんの言葉をがっちり受け止めた小さなお友達は居るのだろうか…(笑)

127時間(2010年製作の映画)

3.6

腕の神経千切るシーンはジタバタしながら拝見(;´・ω・`)フゥ…

サラの鍵(2010年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

よかれと思って納戸に隠した弟が駆け付けた時には既に死んで腐っていたという展開は目を背けてしまう

初春狸御殿(1959年製作の映画)

3.5

勝新は何時見ても目がくりくりしててカワイイわ(笑)

運動靴と赤い金魚(1997年製作の映画)

4.2

失くした妹の靴を探しに行く映画かと思ったら違った、でも良い映画だった。
兄妹とも泣くのを堪える顔が可愛かった(笑)

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

4.5

本当にこういう人なんじゃないか?っていう位ジェニファー・ローレンスが役に嵌ってた。

あ、ダンスの大技は酷かったです(笑)

海峡(1982年製作の映画)

3.5

喧嘩っ早い三浦友和の髪型が寿司屋の大将みたいで可愛かった(笑)

続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(1966年製作の映画)

3.8

墓地を駆けるイーライウォラック、走る姿と言うか手振りが少女っぽくって(笑)

恋におちて(1984年製作の映画)

3.6

デニーロがベタベタな恋愛映画しとった、不倫だけど…そしてそのまま終わった(笑)
奥さんに高速ビンタされるデニーロが見所

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.8

チャンクの過去のくだらない悪戯の懺悔を全部聞いてやる悪党共に(笑)

影を斬る(1963年製作の映画)

3.7

登城の様子が現代サラリーマンの出勤風景そっくりで(笑)

ロープ(1948年製作の映画)

3.7

長回しのおかげで映画というより舞台を観てる様な気分になる。
自分が嘘をついてバレる寸前の息苦しさや居心地の悪さも感じた

軍曹(1968年製作の映画)

4.0

ロッドスタイガーのいやらしい芝居が見事過ぎて目が離せない。

アンナ(1966年製作の映画)

3.8

最初から最後までアンナちゃんを愛でる映画。

少林サッカー(2001年製作の映画)

4.0

最後、相手のキーパーがシュートの衝撃で素っ裸になってたのは気のせいかな…(笑)

新諸国物語 七つの誓い 黒水仙の巻(1956年製作の映画)

3.5

時代劇以外のヨロキンを初めて観た
しかしピーターパンみたいな格好で五郎って名前はどうだろう(笑)

動乱(1980年製作の映画)

3.6

二・二六事件の原因を解り易く描いてるだけでも評価したい。
決起時のBGM何処かで聴いたなぁと思ったらZガンダムでした(笑)

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

3.8

リンカーンはイケメンで良い奴で子煩悩とか弱点無しだな(笑)やっぱりマーゴとくっついたし
最後に船に向かって走るメイジーちゃんに笑顔が無かったのが少し気になったが…

軍旗はためく下に(1972年製作の映画)

4.2

あれだけ知りたかった真実を知って得た物は軍隊や政府の理不尽さだけとは…

夕陽のガンマン(1965年製作の映画)

3.8

何でマカロニの登場人物達の顔はいつもテカテカなんだろう(笑) まるでサラダ油を塗りたくった様だ

機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-(2006年製作の映画)

4.0

シロッコとハマーン相手にボコボコにされるシャアのやられっぷりが見事(笑) やっぱりシャア・アズナブルはやられ役じゃないと光らないね。

それにしても3部作全部新規作画で観たかったなぁ…

機動戦士Zガンダム II -恋人たち-(2005年製作の映画)

4.0

カツ・コバヤシくんは出て来る度に苛々させてくれますね(笑)

>|