左から失礼さんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

ワイルド・インフルエンサー(2018年製作の映画)

2.6

ゲラゲラ笑えるわけじゃないけど
なんか演出がクセになるし
トランプのゴムマスク出てくる度にツボっちゃう
いちいち広告挟むのも徹底してたし
ラストもよかった
血のりも内臓もふざけ過ぎで笑ってしまう
フル
>>続きを読む

銀河健康センター(2024年製作の映画)

3.0

サウナなんて熱いだけの部屋じゃないですか!
まあ、そうよね
でも整ったらハマる
医学的には推奨されないけど気持ちいいのは分かる

貞子DX(2022年製作の映画)

2.7

貞子って畏怖されてほしいな
これはパロディでコメディになってるけど
たぶん普通のホラーのつもりで作ってるんじゃないかなぁ
現代に寄せて怪異も変化する、は分かるんだよね
SNSも使うとか


その面で言
>>続きを読む

ミス・アメリカーナ(2020年製作の映画)

3.2

Netflixオリジナルの楽しいライブだと思って流し見しようかなーって
ストイックなテイラー・スウィフトのドキュメンタリーで目が離せなくなった
後半は反トランプの政治活動も多かった
下腹が気になっても
>>続きを読む

恐怖の報酬(2024年製作の映画)

3.0

「アイス・ロード」の皆さんのレビューに恐怖の報酬ってよく出てくる意味がやっと分かった
けど、更にオリジナルの方が面白いとのことなのでそちらも観たいと思う

DEEP: 覚醒ゲーム(2021年製作の映画)

3.0

不眠症の実験バイトで
寝なければまず10万バーツ(日本円で約50万弱)それはやりたい!
けど眠ったら死ぬ!

ポップでゲームっぽい描写で楽しい青春映画

医学生との設定を活かしてて
グロくないタイサス
>>続きを読む

最終絶叫計画5(2013年製作の映画)

3.0

オススメに出てきたんだけど
5しか見放題になかった〜
面白かったから他のも観たい
MAMAのパロディってなんで?
観たけどそんなにメジャーなのか?
あとブラックスワンとパラノーマルアクティビティと猿の
>>続きを読む

エコール(2004年製作の映画)

3.0

色々アウトじゃないかと思うくらいには世の中変わったね
20年前の作品か
リボンが七色、虹の色かな
寮が五つ
赤リボンちゃんは指しゃぶりしちゃってる
愛らしくて守ってあげなきゃって
白い制服、レオタード
>>続きを読む

スピーシーズ4 新種覚醒(2007年製作の映画)

3.0

正統なシリーズ4作目(最後かな?
繋がりはないけど
3でチェスのルールすぐ分かるみたいな、
シェイクスピア読んでないのにとか
車のマニュアル触っただけで分かる設定は生きてる
以下ネタバレ
>>続きを読む

オーディナリー・デイズ 失踪した娘(2017年製作の映画)

2.5

お母さん、刑事、失踪した娘の3部構成
みんな演技もいいんだけど地味だね
その分丁寧とも言えるけど
以下ネタバレ




















カーラの車の中でのシーンがずっと続いて物語が動か
>>続きを読む

ノスフェラトゥ・ドットコム(2020年製作の映画)

1.5

廃墟でPOVで吸血鬼で
あれバチェラー?みたいな番組と
不思議な作品
字幕が自動翻訳みたいなので入り込みにくい

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

3.0

関西弁いいなぁ〜
今日からNetflix配信
身近じゃない人の方が打ち解けられることってあるよね
中学生だとちょっと子ども過ぎないか?
でも中学生ならではの葛藤に繋がってた
以下ネタバレ
>>続きを読む

スピーシーズ3 禁断の種(2004年製作の映画)

3.0

正統な三作目
イブの娘のはなし
監督も脚本もキャストも変わったけどちゃんと繋がってる
まだ助かる!
マダガスカル!とは言わなかった
混合種が弱過ぎ
生物は強くなる為に交配するのにねぇ

エロが減って純
>>続きを読む

スピーシーズ2(1998年製作の映画)

3.0

ミスター・ブロンドたちが「レザボア通り」って言ってた!
スピーシーズ種の起源の正統な続編
(スピーシーズっていっぱいあるよね
前作忘れてても大丈夫
しっかりグロくてよい
次はスピーシーズ3

父として(2023年製作の映画)

3.5

トランスジェンダーの父親たちが苦悩を分かち合う
当事者本人だけの問題ではないから
こういった作品を興味本位で構わないので
まずは知りたいと思う
自分だけじゃないことが救いになるし
正解ってあるのかね
>>続きを読む

ゴシカ(2003年製作の映画)

3.0

おすすめに出てきたから鑑賞
キャスト豪華〜
サスペンスホラーミステリーで幽霊も
けっこう詰め込んでて忙しい
以下ネタバレ






















ロバート・ダウニー・Jrだったらど
>>続きを読む

マルセル 靴をはいた小さな貝(2021年製作の映画)

3.0

体長2.5センチの貝のマルセル
貝の寿命を調べたら数年〜十数年らしい
ちょっとませた口をきくマルセルに笑いながら
物事の移り変わりや受け止め方
SNSの良し悪し
世界の広さ、人生(貝生)が詰まってた
>>続きを読む

マスターズ・オブ・ホラー(2018年製作の映画)

3.0

短編5話のオムニバス

この上なく良いとこどりで大爆笑したし
モヤっとしたり
ホラーコメディだったよ
どれがどの監督作品か分からないけど1話目と3話目は最高だった
以下ネタバレ
>>続きを読む

高速ばぁば(2012年製作の映画)

2.8

女の子たちみんなかわいい
高速ババアじゃなくてばぁば(かわいい
以下ネタバレ



















介護施設で「拘束ばぁば」じゃん!
感染していくタイプとは意外だった
岡田義徳の足折れ
>>続きを読む

アイアンクロー(2023年製作の映画)

4.3

実話を基にってこれやり過ぎじゃない?
(実話だからネタバレにならないと思うけど)
アイアンクローって技名と聞いたことあるレスラーが数人
プロレススーパースター列伝はある程度読んだ気がするけどなにせ昔過
>>続きを読む

アルマゲドン・タイム ある日々の肖像(2022年製作の映画)

4.0

ジェームズ・グレイ監督(ユダヤ系)の体験を元に
世界最終戦争の時、の意味のタイトル

お前は高潔な人となれ
祖父のアンソニー・ホプキンスにそう言われた主人公が人種差別や不公平に向き合う
どうにもならな
>>続きを読む

スパイダー・シティ(2012年製作の映画)

3.0

蜘蛛がコロンとしててかわいい
トレマーズみたいな理由で出来た火を吹く巨大蜘蛛
パニックに付き物の足を引っ張るおバカがあまり居ない(許容範囲)のでノンストレスで
応援しちゃう
ダメ兄貴がんばれ
>>続きを読む

アステロイド・シティ(2023年製作の映画)

3.0

絵本みたいなのとモノクロで劇中劇と
意味は分からなかった笑
でもなんか観ちゃう
キャスト豪華すぎ

ウェス・アンダーソン節ってやつか

目覚めたければ眠れ

クラリスのお化け退治(2023年製作の映画)

2.8

ヒロインは反抗期なのか家族をないがしろにし過ぎだし
お姉ちゃんは家族家族って家族教の教祖みたいだし
お化けの演出が割とホラーテイスト
以下ネタバレ

























>>続きを読む

もうひとつのことば(2021年製作の映画)

3.5

コロナ禍で作られたんだね
オリンピックが延期になったり
誰かとご飯を食べることが特別になったことを思い出して刺さる
号泣した〜
英会話はウソ
日本語ではウソをつかないルール
こんな時期に観光なんてクレ
>>続きを読む

藁にもすがる獣たち(2018年製作の映画)

3.0

最初よく分からなかったけど中盤から
ああ、そういう事かーと繋がってから面白かった
大金を廻る、振り回される人々の群像劇
サクッと刺す
以下ネタバレ




















ラスト奥さん
>>続きを読む

ある閉ざされた雪の山荘で(2024年製作の映画)

3.0

配信に来るの早すぎて嬉しいやら忙しいやら
今作は「若手俳優陣を楽しむ」に尽きるね
原作未読なのでそれなりだったけど
たぶん読んでる人には物足りないのでは
これは原作が面白いんだろうな〜

以下ネタバレ
>>続きを読む

アイス・ロード(2021年製作の映画)

3.0

氷の上のカーアクションが派手でいい
次々と問題が起こる(起こりすぎる
けどテンポが良くて楽しめた
以下ネタバレ

















隠蔽しようとしてた方がしつこい
いい人は死ななくてもよ
>>続きを読む

蟹眼(2022年製作の映画)

3.0

平家蟹?
蟹を食べる男がラストに文字で変わるので親切

Winny(2023年製作の映画)

3.8

アマプラ見放題配信開始
いやー東出昌大の演技が素晴らしい
不倫報道でいい印象の無い彼の出演作を観るたびにどんどん私の中で評価が上がる
それに加えてベテラン陣も三浦貴大も文句なし
ドキュメンタリーみたい
>>続きを読む

プロミス/戦慄の約束(2017年製作の映画)

3.0

この監督作品の登場人物はなんか性格が悪いな
一緒に自殺しようねって約束した女の子たち
絶対飛び降りだと思ったし
みんな思うよね??
1人が先に自殺して残った方は怖くなって生きてて……大人になって娘がそ
>>続きを読む

川凪ぐ火葬場(2022年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ええ……手首の傷ってことは自死ってこと?
2人きりの兄弟でそれはキツイね
学生映画祭ってすごく面白い
今作は(声の)演技もとてもよい

ちゅうちゅう(2015年製作の映画)

3.0

きれいなアニメーション
ちゅうちゅう

ちゅうの歌(ラップ?)のセンスがすごくよい

ロードハウス/孤独の街(2024年製作の映画)

3.0

ムッキムキのジェイク・ギレンホール
劇場で観たら映えるだろうなー
格闘シーンでご機嫌な音楽もいい
ストーリーも単純でただただアクションを楽しめた
ロードハウスという名のロードハウス
ザ・ボートという名
>>続きを読む