みどりょさんの映画レビュー・感想・評価

みどりょ

みどりょ

気になったらなんでも見ます。

映画(765)
ドラマ(0)

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

5.0

森見登美彦節で描かれるE.T.、SUPER8、ストレンジャーシングスに並ぶジュブナイルSF大傑作。
やけに凝ってるフェチ描写も最高。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

スカッとする内容に思わずニヤリ。

最後の最後までスマートなサンドラ・ブロック、嫌でも胸元見てしまうアン・ハサウェイ、イケメンすぎるケイト・ブランシェット。これだけでも満足。

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

2.5

途中で飽きてきて、こいつらどこまで遡るるつもりだ??って思ってしまった。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

あれもこれもほぼ全部トムクルーズが実際にアクションしたって考えるとイカれてるとしか思えない。最高に面白かった。
M:Iシリーズの全部のせ。

バオ(2018年製作の映画)

3.6

かなり挑戦的な表現だと思った。
これ見た子供はどう感じたんだろう…。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.7

スーパーヒーロー映画として、娯楽作品として普通に面白かった。
エンドロール中に流れる曲に注目!

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

「あれ、なんかジュラシック・"パーク"見てる感じがしないな〜」なんて思ってたけど、そうだこれジュラシック・”ワールド”だった。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

主人公オギーだけでなくさまざまな登場人物の視点から描かれていて、いろんな物事の裏には別のストーリーがあるっていうのがものすごくわかりやすい。
誰でも共感できるような映画だと思った。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.2

最近スカイウォーカーサーガに疲れてきた自分にとっては、これ以上ないほどの満足感のある作品だった。

シリーズ見たことない人でも楽しめるし、この作品からスターウォーズ見始めるのもアリじゃないかなと。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.7

巨大ゴリラに負けないくらいゴリラしてるドウェイン・ジョンソンが最高。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

うさぎたちのモフモフ感に最高に癒される。触りたい…笑
いたずらのノリがホームアローンみたいな感じだから、冷静に考えるとかなり過激なことしてる笑
ホームアローンの泥棒たちに負けないくらいのやられ演技?の
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.8

登場人物の緊張感を音楽で演出してるのがほんとすごい。聞いていて不安・恐怖・緊張感に襲われるスコア。

全体的に見ると直接的なバイオレンスシーンはないけど、「ドライヴ」のエレベーターのシーン並みに印象に
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

おぉ、ファミリー映画じゃん…。

「アトミック・ブロンド」のデヴィッド・リーチ監督が引き継いだおかげか、前作の個人的な不満点であるアクションが増し増しになってた。

ギャグパートも期待以上のものが観れ
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.8

今まで見た事も想像すらしたことがないような、美しくも恐ろしい世界が広がる。謎が多くて想像させる世界観はまさしくSF映画の醍醐味。

これは映画館で、IMAXで見たかった!完全にそっち向けでしょ…。

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.8

もはやゴジラ映画じゃないんだろうけど、1つのSFアニメとして観たら十分に面白いと思う。
終始ワクワクしながら観れた。まさかあんなカッコいいロボ出てくるなんてね。最高。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.7

冒頭から衝撃的な映像。正直直視できなかった。

現在と過去、小説の3つの物語が同時並行で語られるが、非常にわかりやすく混乱せずに観れる。

小説は彼からの愛か復讐か。私は愛だと思った。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

IOI社の第3の試練をずっと考えてるゲームオタク研究員たちに親近感。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

5.0

Filmarksでインフィニティ・ウォーのジャパンプレミアに招待してくださり少し早めに観ることができました。招待してくださり本当にありがとうございます。

アンソニー&ジョー・ルッソ監督からのメッセー
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.7

前作にあった重量感がなくなって、爽快感のある(ある意味あっさりした?)戦闘になった。ここが気にいるかどうか。
自分は楽しめたし、続編もみたい。

どうやらアナハイム・エレクトロニクス社が存在する世界の
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.3

スターウォーズ三作分くらいの宇宙旅行した満足感をこの一作で味わえた。

魅力的な異星人たち、想像を超える惑星など、俺がディズニー傘下の新スターウォーズ3部作に求めてたものがヴァレリアンにはあった!!!
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケヴィン・ハート、カレン・ギランらによるブレックファスト・クラブ。ただ、教室じゃなくてゲームの中。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.8

ラストのくだりでハッとさせられる。おもしろい!

見たことない設定の映画だし、ちょくちょくパロディいれてくるのも面白かった。

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.7

脅かすときの光と暗闇の演出いいな~と思ったら「ライト/オフ」の監督だった。なるほど!

安定の死霊館シリーズ。毎度驚かされる。
見終わったあとは続けて「アナベル 死霊館の人形」が見たくなる。

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

4.2

想像してたよりもはるかに感動的な物語だった。
見終わったあとだと、この映画のポスター見ただけで泣けてくる。

バンド・エイド(2017年製作の映画)

3.6

喧嘩ばかりの夫婦が音楽を通してお互いの理解を深めあっていく。

歌う前は怒鳴りあってた二人が演奏後はニコニコ見つめあってるのをみてほっこり。喧嘩から生まれる歌詞が痛快だし聞いていて楽しい。またその歌が
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

ピクサーの中でもおそらく一番身近なテーマで、それだけ心に響いたし感動した。
アナ雪みたいにミュージカルてきなかんじではなくて、音楽が物語の鍵になっている。
原題Cocoも邦題リメンバー・ミーも、意味が
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.2

「世界はバカの宝庫だな」
その通り。とくにおじいちゃん、ほんとにイライラしたw
映画みてここまでイライラしたのは初めてかもしれない

パターソン(2016年製作の映画)

3.7

パターソン見た方のレビュー文がいつもより詩的になっている現象も映画みたら納得。

フルートベール駅で(2013年製作の映画)

-

この映画が主人公の人間性を描くことに重点を置いてるからこそ、何一つ悪いことをしていない善人というわけでもなく報いを受けるべき悪人というわけでもない、一人の人間が人種の違いだけで善悪を判断されてしまった>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.8

一作品まるまる使って描くヒーロー誕生譚。同タイプとしては「アンブレイカブル」に次ぐ胸アツヒーロー映画。

>|