ミドさんの映画レビュー・感想・評価

ミド

ミド

気になったらなんでも見ます。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

楽曲は最高だし、分かりやすいストーリーで、好きなシーンもある。
第二次黄金期のディズニー映画見ているかのような充足感があった!

でも各キャラの生い立ちとかほとんど説明がないせいか、印象に残りづらい上
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.8

そりゃあんな現実世界だったら、パンみたいな不気味な奴がいても"おとぎの世界"の方に行きたくなる。

ペイルマン、なかなかいいぞ!!笑

ライフ(2017年製作の映画)

3.7

キャスト豪華だしストーリーもなかなか好き!

エイリアンの細かい設定がほとんどわからないのが良い。想像の余地がある。

二重性活 女子大生の秘密レポート(2016年製作の映画)

3.6

サントラ結構おしゃれ。ジャンルとしては恋愛ドラマなのに邦題でかなり損してる。Filmarksの評判見てなかったら鑑賞しなかったであろう作品。

やっぱ未知の世界は映画を通して見る程度が丁度いいな…笑

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.7

ブレックファストクラブ+スーパー戦隊
5人が並んで着地ポーズ決めるシーンがそれぞれの個性にあったポーズになってたり、最後はやっぱり巨大化してバトルしたり戦隊物オマージュ最高。

公開当時にクリスピー・
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.7

予告映像が公開されたかと思ったら、その日にNetflixで配信されるというまさかのサプライズ。この展開方法がいかにもクローバーフィールドっぽい!

新しいSFホラーだと思った。しっかりシリーズに関連し
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

「怒りが怒りを来す」
誰かがほんの少しでも"怒り"を"許し"に変えることができれば、怒りの連鎖による荒波は少しでも穏やかになっていく。

この映画について、うまく言葉で表せない。まるで人生のよう。

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

3.7

ほんとに音楽が好きじゃないとこんな映画作れないのでは。


気のせいかもしれないけど、スティーブン・スピルバーグ監督一瞬出てこなかった??

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

3.5

主人公の女たらし感がザ・トム・クルーズ。
キャメロン・ディアスのメンヘラ女、ペネロペ・クルスのまさしく"夢"の女性とか、みなさんかなりハマり役。

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

ほんとに誰でも楽しめる映画だと思う。
前作に引き続き最高。
見たあとの満足感というか、心が満たされるかんじが良い。

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

家族物のコメディ映画として安心して見れるし、伏線しっかりあるし、いろんな映画オマージュみたいなのあるし、すごい満足感。
エンドロール直前に流れた曲最高ですね!

バッドママ(2016年製作の映画)

4.2

"バッド・ママ"っていうタイトルが映画観る前と後では印象がガラッと変わる。
母親である以上に一人の女性であることが大切。

エンドロールのリアル親子対談は思わずウルっと来た。

イエスタデイ(2014年製作の映画)

3.7

ビートルズに憧れてバンドを始めた少年たちの青春恋愛映画。

モテたいし、世界を変えられると本気で信じてバンドを始める。学生時代にバンドやってた人なら共感できちゃうのでは?笑

恥ずかしいけど大切な、塩
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

サントラってほんと大事。映画音楽がもっと大好きになる映画だった。

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.5

窪田正孝の演技すごいし、清水富美加の肩だし戦闘服セクシーかっこいい。

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.7

アニヤ・テイラー=ジョイ良いですね~。
常に漂う不気味な雰囲気に引き込まれた。

サラリーマン・バトル・ロワイアル(2016年製作の映画)

3.5

タイトル通り、会社内でのバトル・ロワイアル。
案の定ボスやセクハラ野郎はこんな状況でも糞野郎なので、殺られてくれてスッキリだ笑

ブライト(2017年製作の映画)

3.7

主演二人の性格がバディものの映画としてバランスとれてておもしろいと思ったし、ファンタジーと現実のバランスが絶妙に良く感じた。

人間、オーク、エルフが主に登場してるけど、映画内で"かつて9種族が団結し
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.6

気軽にみれるから誰でも楽しめると思った。なんて贅沢なキャスト陣!

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

「それなー笑」なんてかるく共感しながら見ていたら、とあることがわかった瞬間にこの映画が他人事には思えなくなり、心にグッサグサに刺さる。

和製スウィート17モンスターであり、全くイケてないラ・ラ・ラン
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.6

交渉決裂からの乱闘勃発するのを知って観たので、序盤はどれキッカケで乱闘勃発するのかハラハラしながら見れた。

そのあとから、ひらすら銃弾と暴言が飛び交う戦場と化す様や、個性的なひと多すぎるのはなんだか
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

5.0

フォースの覚醒公開後から考察やら何やらいろいろ考えたが、すべてちっぽけなものにすぎなかった。
個人的にはシリーズで一番大好き。

スーパー!(2010年製作の映画)

3.8

キックアスよりも現実的で、グロテスクで、お下劣で、愛と希望に溢れてた。

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

4.0

ヘンテコな日本語しゃべる人もほぼいないしヘンテコな日本語看板もほぼない、なんちゃってニッポンじゃない本物の日本が描写されててそれだけでも嬉しい。

自由奔放なニックと、秩序を遵守する松本が衝突し合う学
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.0

アルフォンスのCGの質感と演技力はすごいと思った。本当にアルがいるかのように見えた。エドとアルの喧嘩シーンはお気に入り。
あとホムンクルス勢(とくにラスト)の雰囲気はかなり良い。
この2点は心の底から
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.8

乗り越えることができない悲劇だってあるだろうし、この映画のキャッチコピーがすべてを物語ってると思った。

ケイシー・アフレックの主演男優賞は納得。

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

4.0

これは熱い。
ロッキーっぽさがあるっていうのは本当だった。

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

4.0

まさかのすごいおもしろかった!

設定とかがシン・ゴジラとかよりもはるかにSFだけど、あの絶望感はまさしくゴジラのそれ。
世界観めっちゃ好きだ!!

>|