mikiさんの映画レビュー・感想・評価

miki

miki

火花(2017年製作の映画)

3.4

原作を読んだらもう少し徳永と神谷の関係や、神谷のすごさ?みたいなものがわかるんだろうか。何十年もコンビでかつ第一線で活躍し続けるのはすごいことなんだと改めて思った。菅田将暉の迫真の演技がよかった。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.8

現在と回想シーンが交互で流れるのだけど、人生はつらいなあと思わされる。どんなことがあっても生かされている以上生きなくてはならないということを淡々と伝えてくる。

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.5

過去作を観たことないが面白かった。観てたらまた違うハマり方が有るんだろうか。エンドロールの後におまけがあるので、最後まで観てください。

ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 前編(2017年製作の映画)

3.8

特にファンでなくても、音楽と旅が好きなら楽しめると思うし、観た後ファンになるかもしれない(笑)。どんなリズムでも即興で参加できるのもさすが。売れてもおごることなく原点に帰って自分を見つめ直す姿はどんな>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

子育ては難しい、、特にこういう特別な才能を持った子は。おばあさんも気の毒な気がする。メアリーは幸せになれる、きっと。

不都合な真実2:放置された地球(2017年製作の映画)

3.6

アルゴアさんすごい。こういうの天職って言うんだろうな。インドの言い分もわかると思ってしまったが、アルゴアさんの熱意と交渉力で合意できてよかった。なのに肝心の現大統領がー。私たちが住む星について改めて考>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.0

自分らしい生き方って何だろうなと考えさせられる。素敵なご夫婦だった。

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.8

もともと舞台の話だったそうで、テンポや笑わせるツボがよかった。それぞれ問題を抱えた登場人物たちがみんなで何かを目指すことで少し壁を超えられる。いい話でした。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.6

レビューが低いのであまり期待せずに観たが面白かった。実話なのがすごい。破天荒な人生だったけどラストはあっけなかった。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.8

主役はニノじゃなくて西島秀俊?というような展開だったけどラストに答えが!天才や職人にはこういう頑ななところがあると思うし単純に愛や思いやりだけでいい仕事ができるわけではないが、孤独と思ってた主人公が命>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.8

期待しないで観たけど面白かった。一生懸命な人たちを見るのは気持ちいい。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

過去作は見たことなく全く予備知識なく観たけどおもしろかった。上映時間が長いので疲れないか心配だったけど余分と思われるシーンもなく楽しめた。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

アトラクションに乗ってるような映画だった。大画面でぜひ。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

最初はびっくりしたが、観るうちに風景も人物も自然に見えてきたし、この技法だったからこそゴッホの世界に入り込めたかんじ。

亜人(2017年製作の映画)

3.6

あまり期待しないで観たけど面白かったです。映像もよくできてて迫力ありましたし、音楽も良かったので大画面での鑑賞をオススメします!

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃよかった!ボブがすごいかわいい。ボブ目線のアングルが、ボブが意思を持って主人公と暮らしているように伝わってきた。ボブとの出会いが主人公の人生も変えた。オススメです!

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

音楽はすごいよかったし、後半の逃げまくるシーンは惹きつけられてドキドキしたけど、終わってみるとちょっと拍子抜けで、レビューの高さの割に?という感じ。好みによるのかもしれません。DVDより大画面で観る方>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

ダイアナがきれいでかっこよかった。あまり期待しないで観たけど楽しめた。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.0

フィンランドに行った後なので楽しめたけど、そうじゃなければ??な。
好きな人はハマるのかなあ。ストーリーもはっきりしないし。

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

3.4

原作を先に読んでいたので入りやすかった。合わせて読まないとツレさんがうつになったきっかけや、イグちゃんの存在、ハルさんの仕事のことがわかりにくいかもしれない。
うつは心の風邪じゃなくがんだと思う。数
>>続きを読む

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

3.8

愛し合って結婚して家庭を作るという自然なことが法律で禁止されていたというひどい時代。どんなことがあっても愛を貫いて乗り越えた二人の姿に感動させられます。

>|