みなみんちかつさんの映画レビュー・感想・評価

みなみんちかつ

みなみんちかつ

Netflixを中心に雑食鑑賞。

4年前から映画好きになりました。
社会人でも結構観れるとわかったので、
今年の目標も100本。

2014/1/1〜12/31→162本
2015/1/1〜12/31→134本
2016/1/1〜12/31→118本
2017/1/1〜12/31→124本
2018/1/1〜今→89本

映画(797)
ドラマ(39)

ハッピーサンキューモアプリーズ ニューヨークの恋人たち(2010年製作の映画)

3.6

ある少年をひょんなことから助けてしまい、何度も家に帰らせようと試みるものの、悪い里親のもとに帰らせることによって見捨てることができない、主人公サムの優しさが微笑ましい。
普通に考えたら誘拐まがいだけど
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.4

ただただザックを見たくて鑑賞。
日本人のおじいちゃんの言う下ネタってあまり好きじゃないけど、欧米系の人が言ってると様になるからそんなに嫌じゃない。ましてやロバートデニーロ。

何も考えずに観れる映画。
>>続きを読む

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.2

前編から少し時間があいてしまったので、内容を忘れかけてた。

ストーリーよりも、豪華キャストの迫真の演技に気を取られた。
これだけキャストが有名な人ばかりだと一体誰が主役なんだろうと思ってしまう。
>>続きを読む

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

3.2

ドラマ版を見終わった後だから、ストーリーもスッと入ってきたけど、初見だったら展開が早すぎてついていけないかも。

過去の人気脚本作家である木村文乃のもとに、恋愛相談に訪れた女性4人が振り回された相手、
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.5

塗れ場の多さに驚愕。一人で観に行ってよかった。
松坂桃李の肉体美。ムキムキすぎないのがリアルで良い。

ここまで堂々と性描写のある映画も珍しい。愛の渦と同じ監督と知って納得。
どぎついシーンも多かった
>>続きを読む

幸せをつかむ歌(2015年製作の映画)

3.2

メリル・ストリープがファンキーな役柄である新鮮さ。

基本的に音楽がテーマの映画は好きなんだけど、自分と境遇が違いすぎることと、音楽自体も好みではなかったので、あんまり私には響かなかった。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.2

予備知識なしで鑑賞したけど、主人公の声が星野源だとすぐにわかった。
ちょっと世界観が独特すぎて、ほぼほぼ後半までついていけなかったなぁ、、

お酒の席で、酔っ払ってる人とシラフの人を、赤か白かの顔色で
>>続きを読む

理想の男になる方法(2018年製作の映画)

3.9

人から勧められて観たnetflixオリジナル作品。
なかなか好き。
テーマが簡潔でシンプルなストーリーだけど、都度予想がつかずに楽しめた。

好きな人と結婚するために、タイムリープを繰り返す。
その中
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.8

モーガンフリーマン好きだったのに、セクハラ疑惑で少し残念、、まぁ私の中でいい俳優さんであることに変わりはないです。

常識や倫理観は置いておいて、良い映画でした。
おじいさん達の切実な年金事情。少し切
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.1

やっぱり音楽がメインテーマの映画は良い、好き。本作品も例外ではなく、とても好きだった。

全体的にキャッチーな曲ばかりで、聴き心地がすごく良かった。
サントラCDめちゃめちゃ欲しい。

主要人物たちの
>>続きを読む

きみがくれた未来(2010年製作の映画)

3.4

ザックエフロンを好きになってから観る2作目。

自分もまだ未成熟な状態で、幼い弟を自分の過失によって亡くしてしまうという悲劇的な体験。
過去と現実との狭間で苦しみ続ける主人公の、精神的成長を見届けるこ
>>続きを読む

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

3.7

'最強のふたり'に少し似ている。設定も雰囲気も。

障害があるからって、身体が不自由だからって、むやみに優しくされたり気の毒がられたり、それが逆に当人を傷つけること、呆れさせることに気づかされる。
>>続きを読む

無伴奏(2016年製作の映画)

3.5

学生運動、学園紛争真っ只中の時代背景。

文語的なセリフに、少し苦手意識を持ってしまった。でも、そのおかげで60年代という時代を感じ取ることもできた。

後半のなかなか衝撃な展開に開いた口が塞がらなか
>>続きを読む

恋人まで1%(2014年製作の映画)

3.1

ザックエフロンを好きになったがために鑑賞した2作目。
やっぱり役柄によって見え方が全然違うなぁ。

かっこいいんだけど、感情移入したがゆえか、保身に走った彼の選択にいちいちイラッとしてしまった。

>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.9

やっと劇場にて鑑賞。今作を観たら安室さんファンになると聞いていたので、身構えていざ。

ラストで安室さんに心全部持っていかれました。というより、相変わらずのド派手アクションに開いた口が塞がらないという
>>続きを読む

ドリスの恋愛妄想適齢期(2015年製作の映画)

3.6

若くてイケメンな会社の同僚ジョンに恋心を抱いてしまったおばあちゃんドリス。
60代でも十分可愛い、女子力では私、完全に負けてる。

なかなかに痛い妄想ばかりだけれど、その気持ちは若干わかる。
ラストシ
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!(2006年製作の映画)

2.6

こんなに子供向けのアニメでホラー要素があってもいいものなのか、と思うほどめちゃめちゃ怖かった。
大人でも、1人で夜観るのは無理なほど。

これを映画館で観た子どもたちは、クレヨンしんちゃん嫌いにならな
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.1

公開前に観られてラッキー!
キャセイパシフィック航空機内にて鑑賞。

とにかく世界観もキャラクターもめちゃくちゃ可愛い。

主に5羽のウサギたちの奮闘劇。笑いどころもたくさんあって、最後まで楽しめた。
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.9

可愛い可愛いパディントン。

キャセイパシフィック航空機内で鑑賞。
英語字幕で観たので、完全に理解はできていないけど、わかりやすい映像とストーリー展開でなんとかついていけた。

ヒューグラントの悪役っ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

香港旅行の際、キャセイパシフィック航空機内で鑑賞。
英語字幕で鑑賞するにはアニメがちょうどいい。

設定がしっかりとされているから、現実離れしていても入り込める。

素敵な話。
人が死んだあと、本当の
>>続きを読む

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

3.8

王女様が体験した、冒険的なたった一夜。
ラストの展開がオシャレでめちゃくちゃよかった。キュン。

'ローマの休日'のような世界観で、ロマンチックで、少し現代的で、全体的に素敵でした。

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.4

長編ということで気合いを入れて鑑賞、、しようと思ったものの、あまりよくストーリーを覚えていない。

大きな展開はなく、佐藤浩市と綾野剛の迫真の演技が印象的。
後編もあまり時間があかない内に観よう。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦(2011年製作の映画)

3.2

前フリが不十分で、いきなり本題に入ってビックリした。展開についていくのがまぁ大変。
自分がスパイになることをあっさり受け入れるしんちゃんの順応性の高さに驚き。

ヒロインのレモンちゃんが可愛いので、2
>>続きを読む

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ(2015年製作の映画)

3.1

グレイテストショーマンきっかけで、ザックエフロン出演作品を制覇したくなりました。

まずは手始めに、短めの映画から。
DJってやっぱりすごいんだ!ってゆう感想を用意していざ見てみたものの、まったくそう
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ(2004年製作の映画)

3.5

映画の中に実際に入り込んでしまった野原一家とカスカベ防衛隊。
映画好きからすると、映画の世界に入り込んでみたいと一度は願うもの、、

ストーリーがよくできていた印象。
設定がしっかりしていたので、軸が
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃(2015年製作の映画)

3.4

ギャグ要素が多い方が、やっぱりクレヨンしんちゃんは面白い。改めてそう思った。

サンバとかもテーマにしてたし、製作側の人が情熱的なラテン系が好きなのかな?
あえてのメキシコ駐在という、現実味があまりな
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃(2016年製作の映画)

3.4

シリリに引き続き鑑賞。
初っ端のしょーもないダジャレに腹を抱えて笑ってしまった。自分の笑いのツボの小学生レベルに、また笑ってしまった。

映像がカラフルで、テーマが夢だけに、夢のある世界観で可愛らしか
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.3

ずっと観たかったフランスクラシック映画。ミュージカル映画ということも知ってなお期待。

でも、、驚くほどに全てのセリフがミュージカル調で見にくかった。
ミュージカル映画は好きだけど、さすがにここまでず
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ(2017年製作の映画)

3.4

地上波で見逃してしまったところ、ちょうどnetflixで配信開始してくれてよかった。

ストーリー自体はわりかししっかり組み立てられてたと思う。
まぁいつも通り現実離れはしてるけど、しんちゃんなら何で
>>続きを読む

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

3.5

1作目との間に連続ドラマがあったようで、そちらは見ていないので、若干キャラに変化があるように思えた。

なんだか後半すごくカオスに感じて、1作目の方が好きだったな〜と思ったけど、
1つの大きなテーマに
>>続きを読む

おくりびと(2008年製作の映画)

3.9

完全なるシリアス映画かと思っていたけれど、序盤からクスッと笑えるシーンがあって一気に引き込まれた。
そして家業を継ぐ設定かと思えば、まさかのゼロからのスタート。

'納棺師'。単語を聞くことすら初めて
>>続きを読む

ミニー・ゲッツの秘密(2015年製作の映画)

3.4

女子高生の複雑な感情がよく描かれている。ただもともと主人公は変わり者。

母親のボーイフレンドと関係を持つって、なかなかにイかれてるよなぁと思うけど、それも若さゆえで、先のことを何も考えずにできること
>>続きを読む

サイドウェイ(2004年製作の映画)

3.3

吹替版で見るとやはり面白さ半減。わかってるんだけど、どうしてもテレビでやってるとそれで妥協して見てしまう。

受賞歴に驚き。
そんなに特別感、新鮮味もないかなと。
エンディングは大人なオシャレ感で良か
>>続きを読む

青空エール(2016年製作の映画)

3.3

竹内涼真くん見たさに鑑賞。
ただやっぱりどれだけイケメンでも、髪型って重要だなと思った。

脇役なのに、志田未来ちゃんの存在感がすごい。

ベタで一切期待を裏切らない展開に、少し物足りなさを感じてしま
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.5

ミュージカル映画ということでまず期待。
でも冒頭の暗い雰囲気からは、全く展開に想像がつかなかった。

私の中で、これはミュージカル映画ではない。
流れもストーリーもすべてが自然で、ふつうに1人の女の子
>>続きを読む

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

3.5

勝手に「探偵はBARにいる」と同じような映画を期待していたんだけれど、少し違った。

何か大きな事件が起きるわけでもなく、'探偵'ではなく'便利屋'なので、解決に向けて奮闘するわけでもなく、ただ淡々と
>>続きを読む

>|