みなみんちかつさんの映画レビュー・感想・評価

みなみんちかつ

みなみんちかつ

Netflixを中心に雑食鑑賞。

4年前から映画好きになりました。
社会人でも結構観れるとわかったので、
今年の目標も100本。

2014/1/1〜12/31→162本
2015/1/1〜12/31→134本
2016/1/1〜12/31→118本
2017/1/1〜12/31→124本
2018/1/1〜今→104本

映画(813)
ドラマ(39)

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

MIシリーズを初めて劇場にて鑑賞。
お盆の朝っぱらから足を運んでめちゃめちゃ良かった!とにかく迫力がテレビで見るのと比べ物にならない!

トムクルーズ様はやっぱりかっこいいなぁ。大画面で見るとミスチル
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.6

独特だけど、まだ受け入れられる範囲の世界観。
今となっては実力派俳優たちが、みんな若いな〜!って印象。
特に新井浩文と江口のりこさん。彼女にとってはデビュー作だそうで、まさかのセミヌード披露の濡れ場に
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

3.4

吹替版で、こうゆう設定が難しい映画を観ると、どうしても人間関係とストーリーが頭に入ってくるのがほとんど終わりかけの頃になってしまう。
いかに文字による視覚情報にいつも頼っているか、、

レベッカファー
>>続きを読む

きのうの夜は…(1986年製作の映画)

3.2

噂のデミムーア出演作品。早くゴーストも観ないとなぁ。
めちゃめちゃ可愛い。

でも、作品自体は展開が早すぎてついていけないのと、恋愛模様も時代が違いすぎて、なんかヒステリックカップルにしか思えなかった
>>続きを読む

21オーバー 最初の二日酔い(2012年製作の映画)

3.2

ハングオーバーのようなものを期待して鑑賞。
なんかハングオーバーより下品であんまり笑えなかった、、
アメリカでは、21歳が大きな節目なんだなぁと、文化の違いを感じた。

こうゆう映画ってどうして東アジ
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.2

人魚版ポニョって感じ。ポニョよりあんまり可愛げがないなと思ったけど、見てるうちに可愛らしく思えてきた。

しかし後半の展開がカオスすぎてちょっとついていけなかった。

'夜は短し恋せよ乙女'と同じ監督
>>続きを読む

彼は秘密の女ともだち(2014年製作の映画)

3.8

フランス映画といえば、、やっぱり!ロマンデュリス!
この作品も出てるんですねって感じ。笑

'リリーのすべて'を観た後すぐだったため、なんだかLGBT関連の考えを巡らせる週間だった。

男として女性が
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.2

記念すべき2018年100本目。

なかなかにディープな作品だったけれど、最後まで目をそらすことができなかった。

妻のゲルダが気の毒でならなかったけれど、、
時代背景を考慮すると、今とは比べものにな
>>続きを読む

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

2.6

二階堂ふみにつられて観てみたものの、世界観が想像以上に独特だった。

そしてなんだか後半で一気にこの作品を嫌いになってしまった。いろいろ設定がカオス。

40歳からの家族ケーカク(2012年製作の映画)

3.1

特に大きな出来事や変化が起こるわけではなく、変な家族の日常でしかない。
私から見たらヒステリック家族。

笑いもそこまでハマらず、、
後半でようやく邦題の意味がわかった。

スノーデン(2016年製作の映画)

3.9

顔が好みなジョセフ・ゴードン=レヴィット。今回もイケメンありがとうございました。

内容はというと、ほどよくハラハラもあって映画としては普通に面白い。
ただ、これが実話だという現実を知ると、一気に震え
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

3.5

ストーリーを知ってる、サトシとピカチュウの出会いから、絆を深めるまでの物語のリメイク版。

アレンジされてる部分が多いけど、ヒトカゲの成長とか、バタフリーとのお別れとか、思い出しながら見るのは純粋に楽
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.3

最終上映日に1人で、長澤まさみ見たさに、劇場にて観賞。

自分の中で好きな映画TOP3に入るほど、ハリウッド版が大好きなため、あんまり期待はしないでおこうと思ってた。
けど想像以上によかった。

なる
>>続きを読む

フェイス/オフ(1997年製作の映画)

3.8

吹き替え版で鑑賞。

最先端医療技術によって、顔も体もすべて入れ替えて、別人になる話。
今より20年以上前の時点で、こんな技術の発想があったのか。
それが今ではおそらく、ほとんど同じことができるように
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.9

耳が聞こえない女の子。
小学生の頃その子をいじめてしまっていた男の子。
心が痛くなるけれど、前半はなんだかサントラと柔らかいイラストのタッチで緩和されていた。

誰にだって、消したいけど消せない過去の
>>続きを読む

おいしいコーヒーの真実(2006年製作の映画)

-

やっぱりドキュメンタリー映画にスコアをつけるのは難しい。

アフリカで栽培されたコーヒーが、いかに正当な値段で売買されていないかの問題提起。

自分たちが日頃購入するものを安い値段で手に入れることがで
>>続きを読む

ハッピーサンキューモアプリーズ ニューヨークの恋人たち(2010年製作の映画)

3.6

ある少年をひょんなことから助けてしまい、何度も家に帰らせようと試みるものの、悪い里親のもとに帰らせることによって見捨てることができない、主人公サムの優しさが微笑ましい。
普通に考えたら誘拐まがいだけど
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.4

ただただザックを見たくて鑑賞。
日本人のおじいちゃんの言う下ネタってあまり好きじゃないけど、欧米系の人が言ってると様になるからそんなに嫌じゃない。ましてやロバートデニーロ。

何も考えずに観れる映画。
>>続きを読む

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.2

前編から少し時間があいてしまったので、内容を忘れかけてた。

ストーリーよりも、豪華キャストの迫真の演技に気を取られた。
これだけキャストが有名な人ばかりだと一体誰が主役なんだろうと思ってしまう。
>>続きを読む

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

3.2

ドラマ版を見終わった後だから、ストーリーもスッと入ってきたけど、初見だったら展開が早すぎてついていけないかも。

過去の人気脚本作家である木村文乃のもとに、恋愛相談に訪れた女性4人が振り回された相手、
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.5

塗れ場の多さに驚愕。一人で観に行ってよかった。
松坂桃李の肉体美。ムキムキすぎないのがリアルで良い。

ここまで堂々と性描写のある映画も珍しい。愛の渦と同じ監督と知って納得。
どぎついシーンも多かった
>>続きを読む

幸せをつかむ歌(2015年製作の映画)

3.2

メリル・ストリープがファンキーな役柄である新鮮さ。

基本的に音楽がテーマの映画は好きなんだけど、自分と境遇が違いすぎることと、音楽自体も好みではなかったので、あんまり私には響かなかった。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.2

予備知識なしで鑑賞したけど、主人公の声が星野源だとすぐにわかった。
ちょっと世界観が独特すぎて、ほぼほぼ後半までついていけなかったなぁ、、

お酒の席で、酔っ払ってる人とシラフの人を、赤か白かの顔色で
>>続きを読む

理想の男になる方法(2018年製作の映画)

3.9

人から勧められて観たnetflixオリジナル作品。
なかなか好き。
テーマが簡潔でシンプルなストーリーだけど、都度予想がつかずに楽しめた。

好きな人と結婚するために、タイムリープを繰り返す。
その中
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.8

モーガンフリーマン好きだったのに、セクハラ疑惑で少し残念、、まぁ私の中でいい俳優さんであることに変わりはないです。

常識や倫理観は置いておいて、良い映画でした。
おじいさん達の切実な年金事情。少し切
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.1

やっぱり音楽がメインテーマの映画は良い、好き。本作品も例外ではなく、とても好きだった。

全体的にキャッチーな曲ばかりで、聴き心地がすごく良かった。
サントラCDめちゃめちゃ欲しい。

主要人物たちの
>>続きを読む

きみがくれた未来(2010年製作の映画)

3.4

ザックエフロンを好きになってから観る2作目。

自分もまだ未成熟な状態で、幼い弟を自分の過失によって亡くしてしまうという悲劇的な体験。
過去と現実との狭間で苦しみ続ける主人公の、精神的成長を見届けるこ
>>続きを読む

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

3.7

'最強のふたり'に少し似ている。設定も雰囲気も。

障害があるからって、身体が不自由だからって、むやみに優しくされたり気の毒がられたり、それが逆に当人を傷つけること、呆れさせることに気づかされる。
>>続きを読む

無伴奏(2016年製作の映画)

3.5

学生運動、学園紛争真っ只中の時代背景。

文語的なセリフに、少し苦手意識を持ってしまった。でも、そのおかげで60年代という時代を感じ取ることもできた。

後半のなかなか衝撃な展開に開いた口が塞がらなか
>>続きを読む

恋人まで1%(2014年製作の映画)

3.1

ザックエフロンを好きになったがために鑑賞した2作目。
やっぱり役柄によって見え方が全然違うなぁ。

かっこいいんだけど、感情移入したがゆえか、保身に走った彼の選択にいちいちイラッとしてしまった。

>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.9

やっと劇場にて鑑賞。今作を観たら安室さんファンになると聞いていたので、身構えていざ。

ラストで安室さんに心全部持っていかれました。というより、相変わらずのド派手アクションに開いた口が塞がらないという
>>続きを読む

ドリスの恋愛妄想適齢期(2015年製作の映画)

3.6

若くてイケメンな会社の同僚ジョンに恋心を抱いてしまったおばあちゃんドリス。
60代でも十分可愛い、女子力では私、完全に負けてる。

なかなかに痛い妄想ばかりだけれど、その気持ちは若干わかる。
ラストシ
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!(2006年製作の映画)

2.6

こんなに子供向けのアニメでホラー要素があってもいいものなのか、と思うほどめちゃめちゃ怖かった。
大人でも、1人で夜観るのは無理なほど。

これを映画館で観た子どもたちは、クレヨンしんちゃん嫌いにならな
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.1

公開前に観られてラッキー!
キャセイパシフィック航空機内にて鑑賞。

とにかく世界観もキャラクターもめちゃくちゃ可愛い。

主に5羽のウサギたちの奮闘劇。笑いどころもたくさんあって、最後まで楽しめた。
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.9

可愛い可愛いパディントン。

キャセイパシフィック航空機内で鑑賞。
英語字幕で観たので、完全に理解はできていないけど、わかりやすい映像とストーリー展開でなんとかついていけた。

ヒューグラントの悪役っ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

香港旅行の際、キャセイパシフィック航空機内で鑑賞。
英語字幕で鑑賞するにはアニメがちょうどいい。

設定がしっかりとされているから、現実離れしていても入り込める。

素敵な話。
人が死んだあと、本当の
>>続きを読む

>|