minceさんの映画レビュー・感想・評価

mince

mince

映画(957)
ドラマ(0)

人体のサバイバル!(2020年製作の映画)

-

サバイバルの達人ジオ。再会した仲間食いしん坊ピピが病に倒れる。最新科学でも難しい治療。だが残された時間は少ない。ジオとケイ、ノウ博士は危険を承知でミクロ化した人体探査機・ヒポクラテス号で苦しむピピの体>>続きを読む

がんばれいわ!!ロボコン ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン!!の巻(2020年製作の映画)

-

町の中華料理屋でお手伝いを始めたロボコン。勢いばかりでお店は大迷惑。ところが偶然出来た汁なし担々麺が清水ミチコの口コミで人気沸騰。調子にノッた担々麺は乙女の願いを受け世界征服を宣言する「がんばれいわ!>>続きを読む

野獣暁に死す(1968年製作の映画)

-

1968年のイタリア西部劇。いわゆるマカロニ・ウェスタン。
仲代達矢が登場すると中華打楽器の”パインッ”って京劇みたいな音がする。武器も中国刀。監督が黒澤明ファンでもヨーロッパから観た日本や亜細亜の認
>>続きを読む

ワイルド・ローズ(2018年製作の映画)

-

カントリーの本場で歌うことを夢見る地方都市のクラブ歌手。素晴らしい歌声にフレッシュな才能を信じたある婦人の好意でチャンスを得る。だが放埒な暮しや前科、シングルマザーであることを話せずにいる「ワイルドロ>>続きを読む

サイゴン・クチュール(2017年製作の映画)

-

「サイゴン・クチュール」塚口1。1969年のサイゴンからやって来た女の子がベトナムの「アグリーベティ」な業界で受継いだ伝統と健かさを認識するお話。世界の都市文化が平均化している今ゲイシャフジヤマ的感動>>続きを読む

羅小黒戦記(2019年製作の映画)

-

解除後初のリハビリ映画。かわいい猫ジャケで選んだ「羅小黒戦記」塚口4。ファンタジアニメの形を借りた現代版封神演義。思想強要が煩い作品が乱立する今にまるで一服の辛口か氷満タンのチューハイレモンみたいな口>>続きを読む

ロバマン(2019年製作の映画)

-

トランジスタラジオから世間の理不尽に憤るひとりの男。UFOから宇宙パワーを得てご近所の悪を狩る。まずは限定ラーメン割込み男を半殺しだ!意識高い系右ストレートが執拗に執拗に炸裂する「ロバマン」CL梅3。>>続きを読む

幸福路のチー(2017年製作の映画)

-

蒋介石が死去した日生まれたチーちゃん。祖母の訃報に米国から帰郷。様変わりした町に疲れ果てた自分を重ねる「幸福路のチー」CL神戸2。日本が断交直後、中国に民族性を否定された激動の時代。葛藤する大人たちを>>続きを読む

ヒストリー・オブ・シカゴ(2016年製作の映画)

-

有名アメリカンロックバンド・シカゴをまったく知らなかったのでベストアルバムを聴くようなつもりでふらっと観てきた「The History Of Chicago~Now More Than Ever」塚口>>続きを読む

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明(2020年製作の映画)

-

はてどなく広がる地下世界アビス。挑む者は探窟家少女、遺物である少年ロボ、人体実験材料だった成れ果て。過酷残忍な世界に翻弄されながら幼くも3人は懸命に最下層へと挑み続けている「メイドインアビス 深き魂の>>続きを読む

Tommy/トミー(1975年製作の映画)

-

極度の心的圧迫で見聞話の機能を喪失・親族による虐待。溺愛する母は新興宗教にさえ縋るが甲斐なく人形のような彼に気持ちが荒んでゆく「トミー」1975塚口2。キースが怪し過ぎる。Ann-Margretの歌声>>続きを読む

ACCA13区監察課 Regards(2020年製作の映画)

-

ジーンとニーノ。彼らが妹ロッタの年頃に何をしてたかというやり取り。若者を見守る度量と導く智慧。それらを合わせ持つ先達に見守られてきたことを思い出す。その後少々気負い過ぎる後輩を煙たがっていた自らを軌道>>続きを読む

守護教師(2018年製作の映画)

-

八百長に激高仕事を失った正義感の強いボクサーコーチ。教員になり女子高に赴任したが町の公務員は汚職塗れ。家族を心配させまいと見て見ぬ振りをするが失踪した友達を案ずる生徒の行動が気にかかる「守護教師」塚口>>続きを読む

ヲタクに恋は難しい(2020年製作の映画)

3.5

腐女子と廃人ゲーマー。互いのスペックを知り尽くした最高のカップル爆誕!と思いきやジャンル壁は非情にも二人を「ヲタクに恋は難しい」西宮11。爆笑ミュージカル。俳優のパブリックイメージをMAXまで増幅した>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

"PARASITE"邦題「パラサイト/半地下の家族」。看板ポスターと合わせて想像力を刺激する。日本のメディアが観客の想像力を信じなくなった今とてもシンプル。韓国のエンタメは生々しさと笑いと芸術性を孕み>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.9

敗戦色濃厚なドイツの軍国少年。ユーゲントの演習でハブられ寝込んだ彼を明るい母と心のアイドル・ヒトラーが励まし安寧を得る。屋根裏に隠れていたユダヤ少女と出会うまでは「ジョジョ・ラビット」西3。戦勝国が撮>>続きを読む

>|