みやしゅーさんの映画レビュー・感想・評価

みやしゅー

みやしゅー

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

4.4

これぞMCUという、全てのエンタメ要素が詰まった最高の映画だった!

それ出されたら感動するしかないじゃん、、ってシーンもわかりやすく沢山あって、終始制作側の手のひらで弄ばれた幸せな2時間半だったな〜

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.3

どうしようもなく辛くなった時に観たくなる、力強い映画だった

自分自身に向き合い続けた人こそが、言葉を超えたところで真に他人と繋がれるんだろうな〜、自戒の念を込めて

偶然と想像(2021年製作の映画)

4.4

短編かつ会話劇でここまで衝撃を受けるとは思わなかった〜、特に3話目。

どこか役者が棒読みだったり朗読に近い印象を受けたりすることが多かったのは、濱口監督の完全台詞主導の制作スタイル故と、鑑賞後パンフ
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.2

会話が中心になる映画はやっぱ観てて心地いいな〜、中田青渚が特によかった

あと最後の方にあった主要人物大集合のミニコントが急にネタ感満載で好き

浅草キッド(2021年製作の映画)

4.3

いや〜面白かった!!
特殊メイクした柳楽優弥の演技はほんとに本人と見間違えるほどだった。
居酒屋出る時にヒールを差し出すくだり、大泉洋の表情も相まって泣けたな〜

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.6

この共同体の人たち、スマホ使えたらよかったのに

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

3.8

七瀬が一番リアルで切なかったな〜

世代ではないけど、オザケン聴いて当てもなくドライブするのやりたい

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.0

久しぶりに綺麗なミステリーを観た気がする
しっかり騙された〜

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

4.3

ダニエル・クレイグ圧倒的集大成、泣けたな〜
ジェームズ・ボンドは永遠の男の憧れです

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.8

ラピュタ×ナウシカ×狗巻先輩の映画
終始ティモシーシャラメの顔が綺麗すぎた〜
Part 2に期待

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.0

カンフーベースだから人対人のアクションめっちゃかっこよかった〜、ただ最後は大迫力のモンハンだった

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

4.3

こんなにふざけてるのに、しっかり笑って泣けてしまうのなんなの最高かよ

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.1

かっけ〜 
でも上林が外道すぎて、他がただのチンピラにしか見えなかった

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

ストーリーとか描写が過激な分、役者の演技の熱量高くて痺れた〜
松坂桃李の演技の幅よ

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.9

海辺で動画撮るシーンと機内で写真見返すシーン特によかったな〜
あと終始感動とは対極の位置にいたけど、太賀やっぱ好きすぎる

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

4.0

発想が斬新で面白かった〜
カナシミあってのヨロコビ

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.6

サマーウォーズと美女と野獣が薄くブレンドされてた。しのぶくんはイケメン。
あと、何で細田守が描く女の人って動き大袈裟でめっちゃ転ぶんだろう。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

偏見は差別の元だからその人をちゃんとみないとな、と改めて。
ケンタ食べるの最高だしCedar Rapidsは懐かしかった。

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.3

NERV/Willeの構成員が無理難題に対して諦めず頑張るのと、それを素早く指揮するミサトさんがシリーズ通して好きでした。
観てよかった!

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.1

坂元裕二にターゲティングされ、メンタルが持ちませんでした。

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.2

こんな世の中が落ち着いた暁にはSeptemberで踊りたい

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.2

面白くアメリカの闇を凝縮した映画
ケヴィンスペイシーが出てるのは間違いないな〜

>|