motoさんの映画レビュー・感想・評価

moto

moto

映画(57)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

日日是好日(2018年製作の映画)

3.2

いま、季節は晩秋。
暦でいえば、
霜降、こさめ ときどき ふる。

喫茶店の窓から、
夕日の色に染まり始めた
うろこ雲が見える。
時折、木枯らしが吹く音が聞こえる。
丁寧に煎れられたコーヒーが、
今日
>>続きを読む

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

3.5

繋がりってなんだろう?
何が人を繋ぐのだろう?

顔には、その人の人生が刻まれる。
人それぞれに歩んで来た人生が、
自然と顔に浮かび上がる不思議。
その土地の空気感や歴史まで、
その人に刻まれるような
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.0

今日は何の日?
今日は今日さ。

明日は何の日?
明日は明日さ。

何もしないをするので忙しい。

考えるのが下手だから。

感じることを忘れ。
考えることばかり。

くまのプーさんは、
詩人なのか?
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.9

人間はどこに向かって行くのだろう?
同じ未来に向かっているのだろうか?
過去の呪縛からは抜け出せないのだろうか?

裁判で対峙したふたりは、優しく真面目な市民だ。人間誰しも彼らのような態度を取ってしま
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

2.7

DNAの螺旋のように、やがてXとYの染色体となるように、運命の糸のように連鎖していく。

男と女、親と子、兄と弟、患者と医者、嘘と真実、陰と陽。ふたつは鏡のように向き合い、背中合わせのように存在する。
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.0

このテニスの試合が行われていた当時、自分は子供で、おもちゃのロボットと怪獣を戦わせていた。世の中の事など何も分からず、無邪気な時を過ごしていた。

“女子”テニスプレーヤーのキング夫人を知ったのは、も
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

2.8

スパイ映画は、映画になくてはならないものだ。わかっているのに、ハラハラドキドキさせられる。

それでも、ミッション・インポッシブル…スパイ大作戦とあえて言いたくなるのだが、やはりテイストを感じさせてく
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.7

今日も、あの家族のひとりひとりは生きている。もしかしたら、自分の近くにもいるのかもしれない。

ドキュメンタリーといってもいいのではないか?この家族のような人達は、現代に現れたわけではなく、遥か昔から
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.1

ウェス・アンダーソンの世界観にどっぷり浸ったなぁ。いい湯だなぁ〜はははんって感じだった。

日本をリスペクトしてくれているのが本当に嬉しい。思わず声を出して笑ってしまったシーンが幾度会ったことか。
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.8

探し物はなんですか?
見つけにくいものですか?

夢の中へ、夢の中へ。
森の中へ、森の中へ。

同じ夢を見て、同じ夢を語る。

戸惑いと、親しみ。
優しさと、不安。

夢と現実を浮遊しながら、
二人は
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

2.7

上には上があるもので、スーパーヒーローが普通の人間に見えてしまう。これも多様性なのかもしれない。

スーパーパワーを持つことは、その次元の矛盾を抱え込みながら、大きな壁に立ち向かって行く。

無限に続
>>続きを読む

大英博物館プレゼンツ 北斎(2017年製作の映画)

2.7

もし今、北斎が生きていたとしたら258歳。果たしてどんな画狂になっていたのだろう?

猫を思いのままに描けるようになっていたのだろうか?

北斎は絵筆から何を生み出そうとしたのだろうか?

これほどま
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1

ジャンプ!で始まり、リアルにジャンプ出来て良かった!

80’Sをティーンエイジャーど真ん中で過ごしたから、くすぐったいやら懐かしいやらなんだけど、話は未来なんだよなぁ。

未来の話なのに、なんかリア
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.2

人の真価が問われるのは、窮地に立たされた時、いやがうえでもあぶり出されてしまう。

弱さや卑しさ、臆病がせせら笑うように人の心にすり寄ってくる。

それらを振り払う勇気は、足下だったり、目の前だったり
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

2.8

地球は人類だけのものではない。ましてや限られた人種のものでもない。

今までに、見た事が無かったと言えばそれまでなのかもしれないが、スーパーヒーローは多様なんだと思う。日本の神が八百万いるように。
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.1

美女と野獣のお伽話。

二人は巡り会い、恋が芽生え、愛が生まれる。まるで雨の雫が形を変えながら、ひとつの雫になっていくように。

二人は言葉で語るのではなく、心で語る。静かに、ゆらゆらと、時に激しく、
>>続きを読む

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

2.8

この映画はドリスの日常のほんの一部を垣間見せる物語だ。ほんの一部だが、彼が大切にしている事がわかるような気がする。気がするだけだが。彼は服だけに限らず、様々な事のディテールを大切にする。神は細部に宿る>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.2

人間の心の闇はいつから生まれ、どこまで深まってしまうのか?違和感をそのままに心を閉ざしてしまえば、闇の中を彷徨い続け、恐れから逃れるために自分を見失い、人間らしさを失ってしまうのか?
デトロイト、今も
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.0

バーフバリ万歳!バーフバリ万歳!頼むぞバーフバリ!あんたしかいないバーフバリ!バーフバリ、世界はバーフバリを待ち望んでる!

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.3

最初のシーンからこの映画の余韻が漂ってくる。まるで過去の余韻のような。

物語は一人の異邦人を通して今の世界を深みのある視点で描写している。目には見えないものの、そこにはハッキリとした国境という壁が立
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

洒落てるし、皮肉が効いてるし、ジェントルマンだし、笑えるし、泣けるし、テンポがいいし、男子が大好きなガジェット満載だし、これぞエンターテイメントスパイ映画!しかし、ジュリアン・ムーアがサイコパスになっ>>続きを読む

ターナー、光に愛を求めて(2014年製作の映画)

2.6

ターナーの絵画で印象に残るのは、空の青だ。雲の晴れ間から見える青。夕暮れの空に消え行く青。嵐の後の雲の隙間から見える青。ほんのわずかな時を絵の中に描くという事は、常に過去を見つめている事になる。ターナ>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

2.8

自分自身を解き放つものはなんなのか?抑圧や葛藤の中から自分自身を見つけ出す。見つけた瞬間からまた葛藤の中を彷徨い続ける。言葉が詩なのか、詩が言葉なのか?自由を追い求め追い付いたと思うと、するっとまた遠>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.1

美しさと醜さ、理想と現実、真実と嘘、善と悪、フィクションとノンフィクション、昼と夜、正夢なのか悪夢なのか?その境界線は?すべてがグラデーションのように混ざり合う。愛は不毛地帯を彷徨う陽炎のよう。野獣は>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.0

この映画を何も知らずに観ていたら?いや知らなくても、この映画に携わった人たちの情熱は、スクリーンから飛び出すくらいに溢れている。伝えたい物語をどのように伝えたいのか?伝わるのか?答えは無限にあるような>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.0

新たなスターウォーズの始まりなのかもしれない。ルークスカイウォーカーは、彼のマスターと同じフォースの世界に旅立ったのか?フォースは誰しもが持てるものでもなく…だからこそ、フォースとともにあらんことを。

婚約者の友人(2016年製作の映画)

2.8

感情が揺らめく。風のように、さざ波のように、突然の雨のように。一人の愛する人の死が、残された人の感情を、それぞれの関係性を微妙に変化させていく。嘘が人の心を癒し、真実が人の心を苦しめる。モノクロームの>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.0

あと32年後の世界の話だ。デッガードのブレードランナーは1980年代をベースにした未来の話だったし、このKのブレードランナーは2010年代をベースをした未来の話だが、どちらの未来も人間とは何を持って人>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.0

激怒、暴力、非道、言葉の意味そのままを淡々と渇いたまま?乾いたタッチはいつも通り。アウトレイジが日常の生き方は、哀しみに溢れている。ある意味、笑ってでもいないと辛いことばかりなのかもしれない。ただただ>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

自らの左の頬に付いた返り血を拭ったのはいったい誰だったのだろうか。殺人は事件として扱われた時から、不毛の地を探す旅のような得体の知れないものに変化するのかもしれない。関わった人物の歩んできた過去から現>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.5

彼女達は今日もあの街で、それぞれの一日を過ごしている。自分の事や姉妹の事、身近な人の事、遠くで暮らす人の事、もういなくなった人の事を思いながら、時々思い出しながら。紫陽花、桜、梅酒、しらす丼、ちくわカ>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

逃げるのではなく、帰るためには生き続けなければいけない。どんなことをしても。
戦争というものはつくづく無情だ。平和な時なら人々が憩う美しい海岸が、飛び交う銃弾や降り注ぐ爆弾によって、生死を彷徨う戦場に
>>続きを読む

ロスト・イン・パリ(2016年製作の映画)

2.8

フランスのパリは多くの人にとって憧れの都市なのかもしれない。昔も今も。パリは異邦人の街でもある。世界中からいろんな人が、その人の人生と一緒にやって来る。パリはお洒落でもあり醜い。パリは冷たくもあり優し>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.5

自分を見つめる、自分に問いかける。返事は?記憶を辿れば、自分の幼少の頃の怖い夢は、いつも同じだった。いつの間にかその夢は見なくなったという事は、大人になったという事なのか?哀しさや寂しさを噛みしめ、前>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

2.8

開いたドアから入ってきたものは、心を閉ざすものだった。お金は信用という価値基準なのに、人それぞれの心に問いかける時がある。良いお金、悪いお金。それぞれの環境や立場でお金の価値が変わってしまう。人の心、>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.2

喪失感。失くしたものが大きければ大きいほど、心に空いた穴を塞ぐのには困難がつきまとうのかもしれない。人はいつから喪失感と共に生きるのだろうか。多くの人と関わりながら、結局は自分に向き合うしかないのかも>>続きを読む

>|