瑞季さんの映画レビュー・感想・評価

瑞季

瑞季

映画(806)
ドラマ(120)

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

-

子供の頃にマトリックス観まくってた世代としてはキアヌリーヴスには是非ともアクションでまた成功を勝ち取って欲しいと思ってしまうよね、応援してます。マトリックス4もね

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

-

相変わらずシューティングゲームのプロの方?ってぐらいの無双銃撃戦なので楽しくストレス発散

5時から7時までのクレオ(1961年製作の映画)

-

めちゃめちゃ好き
短い映画なのに印象に残るシーンがいっぱい、カメラワーク、構図、詩的な台詞、独特のオシャレさを満喫できて幸せ!

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

-

あぁもう相変わらず意味が分からないよ。。
と言いつつもなぞなぞ悪夢リンチ映画をやめられない

ローラ(1961年製作の映画)

-

ちょっとずつ繋がってちょっとずつズレてく感じ大好き
ジャックドゥミ作品観るの何年振り?

スパニッシュ・アパートメント(2002年製作の映画)

-

大学生の時にフランス語の授業で観て、あの時は、ん…?って感じであんまりハマれなかったんだけど、今観るとめちゃめちゃ青春を感じて面白かった。成長が怖い。あとヨーロッパ留学したさが爆発する

ヒース・レジャーの恋のからさわぎ(1999年製作の映画)

-

ずっと観たかったやつやっと
ヒースレジャーの歌ってるシーン永遠に見れるんですけど、、キュートすぎ、、
ペイントボール超やりたい

グリース・ライブ!(原題)(2016年製作の映画)

-

大好きすぎるgreaseのLIVEバージョン
ヘアスプレーの時も思ったけどこれが生放送ってクオリティ高すぎよね

アイデンティティー(2003年製作の映画)

-

モーテルが舞台のサスペンスというだけでモチベーションが上がる
珍しくオチに気付いてしまったけど(相当珍しい)経験値が上がってきたのではと前向きに捉える。。

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

-

キャストがまた絶妙でしてデルトロとティムロビンスのイケオジ具合が最高。好きな映画の仲間入り

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

-

切れ目がわからん、、長回しのシーンだけでも永遠に見てたいぐらいカッコ良かった、、感嘆、、まさに体験型カメラワークと言った感じ。ゲームの目線みたいな。
アクションとしても、そうそうこういうバッキバキに闘
>>続きを読む

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

-

超面白かったんですけど!!!最後の最後まで全く予想つかずでめちゃめちゃ楽しかった

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

-

個人的には圧倒的にカンバーバッチ&フリーマン派だけどこれはこれで楽しい

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

-

騙されやすいがゆえに毎回ミスリードしてる自分がもはや面白い

テキサスの五人の仲間(1965年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

久々に邦題の方が良いなと思った作品。というか邦題が全て。完全に騙された

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

学生の時からずっと観たかったけど覚悟が決まらず観れていなかった作品
ラストのone more personの演出で、スピルバーグが描くシンドラーの人柄にハッとさせられる
千人以上救っていても、まだ十分
>>続きを読む

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

-

良いなぁ
今までの人生もこの映画みたいに一個ずつ切り取れば色んな事があってそれの積み重ねなんだよなぁと思った
たぶんきっと色んな節目があって、それを自分より覚えてるのは親なのかもしれない

>|