Momoさんの映画レビュー・感想・評価

Momo

Momo

イギリス文学を専攻してました。レビューは非常に主観的です。お許しを。。。

映画(403)
ドラマ(0)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

わお、、、、
マーベル好きとフィルマークスのおもしろコラムのおかげで万全に予習して臨んだアベンジャーズ3作目。
当時一世を風靡した理由も分かる。
これはものすごい傑作、、、
マーベルファンじゃなくとも
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ポールハギンス監督のクラッシュと同じような差別シーンが多く、この実情は本当に起きてるのかと改めて思い知らされる、、
というか一週間のうちにこれらを観たので気分が非常に重い、、、

ハッピーエンドで終わ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.8

ルームのブリーラーソンと別人すぎて、その役柄の幅広さに圧巻でした。

あと、ジュードロウ、髪の毛少し増えました?
男前感が戻った気がして嬉しかった、、、

マーベルって奥深い、、、
まだまだ勉強不足で
>>続きを読む

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.7

予習。
少し頭が悪そうだけど頼りにしたくなるムキムキキャプテンアメリカをなぜか応援したくなるのです、、、

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.8

予習。
初心者にも分かりやすい流れ、有難かった!

関係ないけど、アベンジャーズと黒澤明作品の比較動画、面白いのでオススメ!

クラッシュ(2004年製作の映画)

3.2

登場人物多くて困惑して、観るのを諦めた1年前、、多分ジャケットのせいで恋愛ものだと勘違いしていたから。

人種差別とか色々言いたいのは分かるけど、あからさまなメッセージばかりで見ている側が疲れる。もう
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.3

IMAX3D×字幕、を叶えてくれたのはやはり日比谷!!massive thanks!
(吹替は苦手。)
というか叔父さんの声渋くて良いなぁと思っていたらマハーシャラアリだったのは驚き!最近引っ張りだこ
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.4

片時も目が離せない120分。
まばたきすら惜しいくらいの映像美とストーリー展開に魅せられまくり。

あの長たらしいオープニングは何のメタファーなのか、、
気味悪くて不思議な絵図だけど、なぜかだんだん美
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

5.0

私はなぜもっと早くこの作品に出会わなかったのだろう!!!!

雄大な自然に溶け込むかのごとく静かに始まった2人の愛情。
今まで観てきた同カテゴリ作品と比較できないくらい綺麗で純粋で、観ていてなんら違和
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.2

「時間を無駄にするな」という教訓、こんなに説得性持たせることが出来るなんて、さすがクリントイーストウッド。

グラントリノのウォルトコワルスキーより深い皺が多くなっても、ミリオンダラーベイビーのフラン
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.2

コメディタッチで日曜夜にさらっと観るのに最適な一作。
日本版リメイクもあるのね!

ペンギン可愛かった、、

しかしなぜこんなにも高評価なのだろう、、、

セールスマン(2016年製作の映画)

2.5

私にはハマらなかったです、、
皆様のレビューや解説でやっと理解できたので、まだまだ勉強不足だなと、、、

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

1つ1つの描写がソフトで繊細で。
あの時期の微妙な気持ちのあれこれをうまく描いた作品。
思わず共感してしまうところが多かった。(私も大学から親元離れて上京したので尚更。)

離れて実感する母の存在、、
>>続きを読む

生きる(1952年製作の映画)

4.8

わたくし、昨年舞台版生きるにて、黒澤明監督デビューを果たしたばかり。(市原隼人の光男、すごく良かった、、)

驚いたのはエンディング。
希望に満ち溢れたエンディングの舞台版しか知らなかったので、とても
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

-

スコアはつけれません。
映画というよりは実話ベースの長編ドキュメンタリー。
現代じゃ考えられないような残酷なシーンの連続とそこから感じ取ってくれと言わんばかりの強いメッセージ性。
そんな作品に私なんか
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.8

衝撃と疑問を抱えたまま、色々考えさせられる長い長い5分間の無音エンドロール、、、

クリントイーストウッドらしいなあ、と。
彼らしく最後の最後で突き落とされる感覚。
で、結局何が一番言いたかったの?と
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.3

こんな愛情の形あります???

少し腑に落ちないけど、ブリティッシュを味わえたという面に関しては良かった。

ダニエルルイス、、鼻毛を抜く行為すらカッコいい、、、

ペレ 伝説の誕生(2014年製作の映画)

4.4

Hermanoに引き続きスラム×サッカーもの。
Hermanoとは違って重苦しくなく、とても綺麗なサクセスストーリー。
父が良い味出してました。

この系統が個人的に最近好きになった理由は、他にはない
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.8

ヴィゴモーテンセン縛り。
ロードオブザリング時代の彼がまだ拝めれる本作。
相変わらずロン毛が抜群に似合います。

テーマは無理矢理な感じがしたが(まず今どき先住民族でもない限りそんな家族はいないだろう
>>続きを読む

とらわれて夏(2013年製作の映画)

3.6

リトルチルドレン、レボリューショナリーロード、The Reader、、、
ケイトウィンスレットは重め恋愛もののハマり役!
本作でもそれは活きていました。
朝日に照らされるケイトウィンスレットはミステリ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.8

ブラボー to フライドチキン!!

流れてくるカントリーミュージック、アメリカの田園風景、2人の掛け合い、ムーンライトとは違う魅力を出してくるマハーシャラアリ、、、
全てにおいて素晴らしかった。
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

2.0

Not my favourite !
アン女王ものならブーリン家の姉妹のほうが圧倒的に良かった。

・アメリカ人顔のエマストーン×18世紀英国の衣装=正直似合ってない。(−★)
・エマストーンのブリテ
>>続きを読む

パス・オーバー(2018年製作の映画)

3.6

オスカーのスピーチを聞き、スパイクリー監督作品が観てみたくなって。(昔ちらっと観たマルコムXを除き)初スパイクリーがこれか?というくらいまだマイナーな作品。

舞台作品ゆえに、会場の緊迫感とか張り詰め
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.0

究極の「信頼できない語り手」、納得。

どちらかというと、観終わった後に解説やら評論やらを読み漁るのが楽しい映画。
そしてたぶんもう一度観るので3度楽しめる作品です。

p.s.
-サブリミナル技法、
>>続きを読む

黙して契れ(2010年製作の映画)

5.0

Filmarksを愛用して約5年、
ついにマイベストムービーを総入れ替えする日が来ました。

エンドロールかと思うくらい長いクレジットで始まる冒頭。
ライトテイストなのだけど、どこか寂しくて悲しげな旋
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.2

鑑賞したのが何年も前だったので、再度。

豚マネをする少しお茶目なジャンレノ、
“Dying to see him”と言った時のゲイリーオールドマン、
子供なのにセクシーすぎるナタリーポートマン。
>>続きを読む

ある天文学者の恋文(2016年製作の映画)

2.7

主人公の設定が18歳て、、
しかもどこかで観たことあるようなストーリー。思い出せない、、

ニューシネマパラダイスみたいなのを期待していたのに残念。トルナトーレ、、、

そして言うまでもなく↓

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

4.5

グラントリノのような、衝撃の走る展開。

予想外すぎた後半パート、悔しさともどかしさで胸が苦しかった。

ストーリーが進むにつれてどんどん寂しさを増すクリントイーストウッドの後ろ姿が全てを語っていた気
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.7

ライアンゴズリングのサングラス姿!!!!!相変わらず眩しい!!!
それはさておき、、
比べる対象ではないけど、ララランドよりも遥かにこっち派。
他のどの作よりも主人公演じるライアンゴズリングに圧倒的な
>>続きを読む

>|