けちゃさんの映画レビュー・感想・評価

けちゃ

けちゃ

映画(218)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.5

大半は高校生漫才で穏やかに見入ってた。若干シリアスなのも良かったな〜多分原作ちゃんと読んだらオモロいんだろうな…菅田将暉の関西弁好きや〜い。
池松壮亮の関西弁に違和感なすぎてすごいカメレオンだなぁ

ビリギャル(2015年製作の映画)

4.0

あいまいみーまいんから始まる英語勉強…!
受験を乗り越えるためのおくすり

風に立つライオン(2015年製作の映画)

4.0

世界を知る、今を知る。
さだまさしさんの「風に立つライオン」が胸に染みた。大沢たかおさんの演技がやっぱりすきです。

舞妓 Haaaan!!!(2007年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

駒ちゃんの事が本当に好きなのか、それとも内藤に勝つためなのか??結局藤子ちゃんのことは好きなの??
みたいなのはあると思うけど、私的には鬼塚さんは「7はーん!!!」の頃から追っかけて来た舞妓はんが頂点
>>続きを読む

カンナさん大成功です!(2006年製作の映画)

3.6


王道だけど刺さる〜女の子は可愛いよ、それだけで、どこまでも奥深いよ、

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.9

クリスマスイブに🎄
どこか、もの寂しいこころの隙間を暖かく埋めてくれるような映画だった。

ドリーム・ホース(2020年製作の映画)

3.5

競馬…奥深。
ゼロ知識で、日本だとおじさん達の遊び程度に思っていたけれど、英国だと貴族の商売みたいなかんじだったんだ(解釈あってる…?)でもなんか、新しい世界みえてよかったです。
ストーリーは相当ベタ
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

じゃあ誰がトイレに穴開けたんだ…?とかは思ったりしたけど、犯人が意外でよかった。
航空保安官も犯人もアホ感強かったけど、
スピード感のある映画だった。銃を空中で掴むシーンめっちゃ好き。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.5

最初はちょっと集中出来ないけど、転生して近藤さんとかの話が絡んできた辺りから結構面白かった。そして、楽器と音楽のレベルが高い。笑
終わりの切り方もっとキリ良くしてー!っておもった^ - ^

ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer(2000年製作の映画)

3.7

堤幸彦節がジワジワと確かなものになってくの、最高。ケイゾクの青白い世界観とクロニック・ラヴが好きです…。
渡部篤郎がイケメンすぎる。のと、J Kミヤビが胸熱でした。
浅倉は結局…??となってしまった…
>>続きを読む

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

5.0

アツイ…アツすぎる、、、ぴょん。。
宮城の山王戦が爆速で展開されてて心臓バクバクだったし、なんなら自分もリバウンド行けそうなくらいの迫力で、、とにかく最高だった。桜木花道、イケメンすぎる。流川の下まつ
>>続きを読む

亀は意外と速く泳ぐ(2005年製作の映画)

4.5

これまでの映画で1番ツボかも。散りばめられるささやかな幸せとハラハラ…日常の少し裏側を想像するだけで人生変えられちゃうって素敵(^^)
あずきパンダちゃんが死ぬほどおもろい。ツッコミのテンポも良すぎる
>>続きを読む

クルーレス(1995年製作の映画)

3.5

恋愛模様がはちゃめちゃなのは置いておいて、自分がモブちゃんの為を思って垢抜けを勝手に進めて満足してたのに、それが成功して人気になって離れていくのを見ると、悔しくて悲しくて「あーこんなことしなきゃよかっ>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

 
ヒトラーを支持したのは国民自身であった
伝える力

ハンニバル・ライジング(2007年製作の映画)

3.9

後付けだとしても面白かったな〜好き。私は何故か『羊たちの沈黙』よりも先にこの作品を観たのでハンニバルの行動の大体が腑に落ちてよかった。彼の頭脳や気品がどこからきたものなのか、人喰いとは彼にとって何なの>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

言わずと知れたやつ。スターリングがとにかく可愛いです。ほんで、レクター博士はやっぱ天才すぎて、サイコーだな。バッファロー・ビルまでもが手のひらで転がされていたのは恐ろしすぎる。sawを思い出すシーンが>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.6

バカリはやっぱオモロいです。何も考えずに笑えます、全体的に設定が凝ってて素晴らしかったにゃお

エンパイア レコード(1995年製作の映画)

3.5

個人を見つめて認めて生きていくっていうの
は重要なテーマだなぁ。
90年代のファッションも音楽も人間関係も、これを表現するには過激過ぎてオシャレに映るのとってもいいなぁー

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.6

「女子」
ピンクに墨ってかんじだ、底なしだあーー
よかった

>|