龍とアヒル広場さんの映画レビュー・感想・評価

龍とアヒル広場

龍とアヒル広場

映画(1249)
ドラマ(0)

ビッグ・ダディ(1999年製作の映画)

4.5

軽い気持ちで観てて、実際ちょうどいい軽さの映画なのに、何だか最後の裁判がめちゃ良くて驚いた。

立って小さい便をするやつ、本当はやっちゃいけないと分かっていてもさすがに応援してしまった。

何でその展
>>続きを読む

キンダガートン・コップ(1990年製作の映画)

4.5

公私混同が甚だしい。
そして子どもたちが可愛すぎて泣ける。

シュワがムキムキでシングルマザー達がソワソワするのがハラハラした。
そしてチャニングテイタムにのいかにも小物な悪役。いかにもなママ。そして
>>続きを読む

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

4.5

これは好きだと言わざるを得ない。
出てる人たちも地味に今は有名な人が多いし、監督が地味にベンスティ。

ジムキャリーのユニークさ故に序盤で空気感がイマイチ掴めず、流れに乗るまで少し時間がかかった感は否
>>続きを読む

スパイ in デンジャー(2019年製作の映画)

5.0

映像のクオリティが高かった。
映画館で観たかった感は否めない。
最初の潜入シーン良かった。

途中でちょい怖いシーンがあった。何というか、科学者の無機質な部分が怖かった。
そして謎の日本人たち。

>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

5.0

これは良かった。
分かりやすくて暗すぎなくてミステリーのことは難しくてよく分からないけど、かなり観やすい映画だと思った。

出てる人たちも有名な人多いし、とりあえず人にお勧めできる良作だった。

性格
>>続きを読む

ラッシュアワー3(2007年製作の映画)

5.0

クリタカが歳を取って少し落ち着いて、ジャキチェンも歳を取って可愛さが増して、かなり自分の好みに寄ってきてくれた感がある。

分かりやすいストーリー展開とコメディ要素、日本人には嬉しいジャパニーズ真田と
>>続きを読む

ラッシュアワー2(2001年製作の映画)

4.5

ジャッキーのラッシュとクリスタッカーのアワーを観る映画。

安心できる映画だなと思って呑気に観てたけど、最後のNG集でジャッキーはやっぱり頑張ってて、呑気になれないのに呑気にさせてくれるために頑張って
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

5.0

ジョンデヴィッドのダッシュが良い。パワフル&スピードフルで最前線を走ってた。
お父さんのファンとしては今後のジョンデヴィッドの走りに注目したい。

映画としては素直におもしろかったし、映像とか設定とか
>>続きを読む

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

4.5

ミリーボビーなブラウンが可愛かった。ポスター(?)の写真ではミリーボビー感なくて全然気づかなかったけど、始まってみたらミリーボビーだった。

カヴィルはどこまでいってもカヴィルで、カッコよさが安定しす
>>続きを読む

アルカトラズからの脱出(1979年製作の映画)

4.5

これが脱獄映画の傑作か。
シンプルなストーリーなのにハラハラがすごい。映画でやりたいことを難しくこねくり回すことなく、真っ直ぐにやってくれているところが良かった。

どこぞの誰かのせいでクセがある方が
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

5.0

これが名作誕生の瞬間か。
間違って2を観たから、せっかくなので1を観直した。デンゼルワシントン屈指の名キャラが爆誕してた。

この映画の魅力はマッコールさんのキャラクターと、絶対にそれはやってはいけな
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

5.0

観忘れてたと思って観たら、ちゃんと観てた。
改めて観てもやっぱり好きだった。デンゼルがズルい。

節々で感じるマッコールさんの善人感がたまらないし、自分が目指すべきオジサンの姿はこれかもしれない。
C
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.5

トムハーディの声が絶妙に良い。
ミシェルウィリアムズの顔も絶妙に良い。

1つのジャンルとしては完成されてると思うし、女子中学生あたりが何にでも可愛い〜って言ってるのが昔は理解できなかったけど、この映
>>続きを読む

ラッシュアワー(1998年製作の映画)

4.5

Filmarksのあらすじがキャッチコピーをコピペしたみたいで笑った。
しかもジャッキーチェンがナンパ野郎みたいな書き方されててなお笑った。

映画としては好きだったけど、タッカーの方のクリスの喋り方
>>続きを読む

プロジェクト・パワー(2020年製作の映画)

4.5

予告で見たブンブンウオー!なジェイミーフォックスが見たくなっちゃって観た。

映像が結構しっかり作ってあって、もうNetflixが作ってる映画って別にNetflixじゃなくてもいいよねって思った。
>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

4.5

前に観た時は気づかなかったけど、なかなかに捨てがたい見所があった。

まず主演の2人、容赦なく男のゴールデンターゲットを狙う。
別にそこまでふざけてるというわけではないけど、思わずツッコミを入れたくな
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

5.0

SFすぎないSFアクション映画。
シャーリーズの方のセロンはアクション映画の楽しさにでも目覚めたのかい。

何はともあれ、マティアス・スーナールツとかいう金髪ゴリハスキーボイスのイケメンが爆誕している
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

5.0

この映画を観た人はもれなく心がアップグレード。
というキャッチフレーズが似合わなそうな映画だった。

アクションシーンが独特で観てておもしろかった。
無機質感が結構うまくて、ロボットダンスの魅力ってこ
>>続きを読む

スモールフット(2018年製作の映画)

4.5

思っていたよりミュージカル。

アニメはわりと日本語吹き替えで観たりするけど、好きな俳優が歌ってるとなると急いでオリジナル音声に切り替えて歌を聴いてみるのは僕だけではないはず。
チャニテイが楽しそうに
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.5

このシリーズはめちゃ好きだけど、ジョン・ウィックも少し歳を取ったんだなと思った。

ハル&ベリーはなんか、大物女優すぎてジョンウィックの世界観に浮いてたような気がしないでもなかった。

いろいろ挑戦的
>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

3.5

観たかったモノが観れなかったのと、あえて男を示すために見たくないものを見せられたのが気になってしまった。

レディをガイとするところもどうしても違和感感じちゃったし。
その辺の適当な俳優使っても良かっ
>>続きを読む

モーグリ: ジャングルの伝説(2018年製作の映画)

4.0

ジャングルブックってもしかしてよくある童話の映画化だったのか。
1から100までジャングルブックだった。

ジャンブクに比べるとなんだかリアルさが少ないように感じた。
CGの造形なのかストーリーなのか
>>続きを読む

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

4.0

わくわくアドベンチャー映画だと思ってたら、至って真面目な伝記映画だった。
チャーリーハナムがなんか落ち着いてた。トムホランドはいつも若い。

未知のジャングルの過酷さと、探検家の奥さんの気持ちが垣間見
>>続きを読む

タイタンの逆襲(2012年製作の映画)

4.5

神の前では人皆無力。
そして圧倒的な映像。
まあ続編が出てるって事はそれなりに成功したんだろうな。映像だけはほんとに感心する。

ゼウスが世界一似合う男が続投してるところは好感が持てるが、サムワーシン
>>続きを読む

タイタンの戦い(2010年製作の映画)

4.5

これがなかなか、映像がこんなにすごかったとは。
前観た時は世間知らずだったんだな。映像で+0.5点。

この映画のいいところは映像もそうだけど、数多の生脚が見れるところだと思う。
そしてこの映画の残念
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.5

ミュージカルの映画という意味ではこれ以上のものはなかなか出てこない気がする。
キャッツはこれに近いのかもしれない。どこかで観たいと思う。

原作とかもあるとのことなので、ほんとはもっといろいろあるんだ
>>続きを読む

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年製作の映画)

4.5

焦らせばいいってもんじゃない。
シャイアがうじうじしてるからミーガンフォックスは去ってしまったという涙のオープニング。

ただマイケルベイにかかればミーガンフォックスの代わりのヒロインもHOTすぎて困
>>続きを読む

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

5.0

相変わらずの神映画なんだよなぁ。
昔はトランスフォーマーの良さが分かってなかったけど、歳を取って成長できた感はある。

ただのロボットアクションに留まらず、ヒーロー路線にも手を出すベイ。
大量の火薬を
>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

5.0

マイケルベイ節がすごい。
そして分かりやすく、楽しい。
この言い方は好きじゃないけど、この頃のトランスフォーマーは純粋でおもしろかった。

サムが人間味あってすごく良いし、ミーガンフォックスがめちゃ良
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

5.0

圧倒的企画力。
この映画を発案する人になりたかったし、思いついた人がそれを発表した場に居合わせてワクワクしたかった。

そして自分の演じるキャラを盲目にしてはどうかと発案する人になりたかったし、自分勝
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.5

予想以上にアクションしてた。
オクジャは予想以上にカバみたいだった。耳のあるカバ。

映画自体はすごく良かったけど、なんだか惜しいと思ってしまったところが2つくらいあったような。

主演の女の子が良か
>>続きを読む

ヴァン・ヘルシング(2004年製作の映画)

4.0

これこれこの感じ。
今やただの歌うマッチョと化したジャックマンが、自分探しの最中に出演した映画だったら嬉しい。

実際結構良くて、いわゆるその辺で有名なモンスターがバトルしてるところは何故か胸熱。
>>続きを読む

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

5.0

まさか3作も出るとは思ってもいなかったと思いつつ改めて観直したら半端ないアツさで震えた。

冒頭の素晴らしさよ。
初めて観た時はマイクバニングの魅力を知らなかったから、前半の良さに気づけてなかった。
>>続きを読む

[リミット](2010年製作の映画)

4.0

設定とライアンの方のレイノルズに惹かれて。

正直良かった。
良かったけど、細かいところが気になってしまった。自分の理屈っぽいところが嫌いになる。

携帯のマナーモードは解除しなよ。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

4.0

時期が時期だけに観てしまった。
出てる人たちがなんか有名な人ばっかりなのに、オーシャンズの様にはみんな活躍しないのが少し残念と思ったけど、それが結果的にリアルで良い。

全体的に落ち着いてて、ハラハラ
>>続きを読む

ジャーヘッド(2005年製作の映画)

4.5

すごく好き。
でも5.0点を付けるのは申し訳なくて付けられない。
多分自分はこの映画の表面も表面のことしか感じ取れてない。

すごく映画的ではあるんだけど、ほんとは多分そんなことなくて、そういう感情に
>>続きを読む

>|