もりもりんさんの映画レビュー・感想・評価

もりもりん

もりもりん

映画(158)
ドラマ(0)

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.8

広げた大風呂敷を頑張って畳んだっていう感じ。ストーリーが慌ただしかったなぁ。
でも懐かしい顔ぶれ、お別れシーンに涙、「スカイウォーカーの夜明け」ってそういうことかぁぁぁ!ヽ(;▽;)ノ
もっかい見たい
>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

3.8

相変わらず勧善懲悪分かりやすいストーリー、見所しっかり作ってあるドニーイェンの葉問シリーズ。このシリーズの悪役は常に理不尽で同情の余地が1ミリもなくて、人種差別当たり前なやつばっかりで気分悪い。それを>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.8

前作を前日に予習して映画館に行ったので、めちゃ楽しめた(^o^)家族で楽しめる娯楽映画。

前作の説明もあるし、登場人物も増えてるしで、かなり慌ただしくストーリーが進んでいくけど、それもドキドキ感倍増
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.9

テレビゲームの世界に入り込んでしまったティーン達が、ゲームの世界から現実世界へ戻る方法は、ゲームをクリアすること!

それぞれに「ライフ」が3基ずつあるっていうテレビゲームの特徴が、ストーリー展開上重
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.3

豪華な俳優陣の演技対決。その中で小池栄子がいい。佐藤浩市のクズっぷりがハマってる。すごい役者。(←お前に言われんでも)ただおディーン様の演技が私あんまり好きじゃないのと、三谷幸喜ワールドは小ネタが多す>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.5

最初は、ワイスピならではの車が必然のアクションじゃなく殴り合いドンパチカーアクションで、もはやワイスピじゃ無くない?と思ったけど、最終的にしっかりワイスピらしい車バカのアクションと"ファミリー"で満足>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.9

音楽がすごくいい。

宇宙服のヘルメットに、カメラが映り込まないようにするのどうやってるんだろ!? 宇宙空間で無重力で動くシーンってどうやって撮るん?とか、後で考えるとそりゃ今の時代たくさんCG使って
>>続きを読む

アビエイター(2004年製作の映画)

3.4

映画製作と飛行機に命を燃やした20世紀を代表する億万長者、ハワード・ヒューズの伝記。

音楽が、サイレント映画とかトーキー映画のような感じ。劇中で製作される映画とシンクロするようにしている演出なのか。
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

タランティーノの好きなものがひたすら登場する映画。ハリウッド映画への愛が溢れまくり。

嫌な気分になるシーンも多いので、そういうのが嫌いな人には本当に受け入れられないと思う。タランティーノの映画はそう
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.0

アウシュヴィッツ生存者のマックスのように、悲しさや悔しさはどれだけ歳を重ねても消えないものなのかもしれない。

それが辛い。

90歳のゼヴは、普段の動きは超スロー、認知症で妻が一週間前に亡くなったこ
>>続きを読む

マックス・スティール(2016年製作の映画)

2.8

前半演出がサスペンスすぎる。前半もっとポップにギャグ要素とか入ってないと後半のシリアス感が不足。メリハリって大事なんだなぁ。おかげで後半は「お金かけた仮面ライダー感」…。

もうちょっと面白くなりそう
>>続きを読む

ブリッツ(2011年製作の映画)

3.6

ロンドンを舞台にしたクライム・サスペンス。ロンドンで、警官ばかりを狙う残忍な連続殺人事件が発生、ジェイソン・ステイサム演じる刑事が犯人を追いかける話。

ジェイソン・ステイサムが演じるのが、悪いヤツを
>>続きを読む

コールド・ウォー 香港警察 二つの正義(2012年製作の映画)

3.9

最初は、なんかちょっと安っぽいなぁと思いながら見てたけど、一通り登場人物が出てきてから、どんどん引き込まれて最後まであっという間!

“「インファナル・アフェア」以来の傑作ポリスクライム・アクション”
>>続きを読む

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

3.8

「マイティ・ソー/バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティ監督の2015年の監督・主演作品。
シェアハウスで暮らす吸血鬼達を密着取材し、吸血鬼が送る愉快な日常をドキュメンタリー調に綴るコメディ。

吸血
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.9

エルトン・ジョンの波乱万丈な人生を、彼の歌で綴るミュージカル。

Your Songが出来たきっかけが悲しすぎる。家族や思いを寄せる人からの愛に飢えたエルトン…。子どもを傷つける親は無意識かもしれない
>>続きを読む

マンガをはみだした男 赤塚不二夫(2016年製作の映画)

3.7

元フジオ・プロの漫画家さんたち他、著名人の撮り下ろしインタビューと、過去の映像で綴る赤塚不二夫ドキュメンタリー。

赤塚不二夫は本当に多くの人に愛されたんだなぁ。辛いこと、悲しいこと、楽しいこと、面白
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.7

思ってたよりちゃんと「王道ヒーロー映画」だった!
主人公は意図せずスーパーパワーを手に入れ、最初は戦いは拒否、でも心の成長を経てスーパーヒーローになる!...ってスパイダーマンやがな!

“7つの大罪
>>続きを読む

そらのレストラン(2019年製作の映画)

3.3

お話はとっても素敵。全体的にある意味ファンタジック。農業や酪農のリアルさが全然無かった。そして舞台のような演出とお芝居。最初から最後まで舞台を観ている感覚から抜け出せず、作品の世界から置いてけぼり、「>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.7

アニメ版を丁寧に実写化した印象。やはりアニメ版と同じ感想で、冒頭のロクでもない登場人物(悪びれないコソ泥、一般常識の欠如した王女様)にちょっと嫌悪感。アニメ版のときはジーニーが登場してから一気にワクワ>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

3.6

冒頭何十分か、登場人物がロクでもないやつばっかり(悪びれないコソ泥、一般常識の欠如した王女様、自己中心的な王様、悪役だけどある意味純粋で可愛く思える魔法使い)で、昔のディズニーアニメ独特の動きが眠気を>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

3.3

『ハムナプトラ』のブレンダン・フレイザー扮する地質学者が、ジュール・ヴェルヌのSF冒険小説の古典「地底旅行」を手がかりに地底を目指して冒険するSFアドベンチャー。

2006年当時、日本の映画館で初め
>>続きを読む

義兄弟 SECRET REUNION(2010年製作の映画)

3.7

スパイ、脱北、暗殺、裏切り。泥臭いアクション、ドンパチ血なまぐさくて、緊張感の中でもクスッと笑えて、でもホロッと来て。韓国らしい、韓国にしか出来ない映画。

カン・ドンウォンもソン・ガンホもハマり役。

サウスポー(2015年製作の映画)

4.2

ジェイク・ギレンホール主演。ライトヘビー級王者だった男が、すべてを失い、再び立ち上がる物語。一見ありがちなストーリーだけど、名優と、一秒もダレない脚本と、静かな演出が紡ぎ上げた感動ボクシング映画。>>続きを読む

ノーボーイズ,ノークライ(2009年製作の映画)

4.0

邦題とGYAO!のサムネ画像から、ノーテンキ青春映画なんかな?と思ってたら、意外に「家族」がキーワードの薄暗いトーンの青春映画だった。妻夫木聡とハ・ジョンウの演技が説得力ある…!「家族」がすごい刺さっ>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.2

楽しすぎるー!大興奮!

映像で見せられるところはキャラクターに喋らせずに時間短縮2時間でまとめる巧みさ!なのに指パッチンの後の世界で、5年生きてた人と、帰ってきた人の体格に差が生まれているっていう「
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.9

没入感がすごい。
ギリギリ映画館で見れてよかった。
(最終週でめっちゃ小さいスクリーンだったけど。)

ユニコーン・ストア(2017年製作の映画)

3.2

キット(ブリー・ラーソン)の着てる服、全部可愛い!!

とんがりコーンを指にはめて食べるの、万国共通なんやね(´-`)

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.7

フィルマでの評価が芳しくなかったので、期待値低めに、クリヘムだけ見ようと思って映画館へ。でも普通に娯楽映画として十分楽しめた!\(^o^)/

女性エージェントM(テッサ・トンプソン)が主人公なのが、
>>続きを読む

聖☆おにいさん(2018年製作の映画)

3.2

原作を少し飛び越えて描かれる「聖☆おにいさん」。原作同様クスっと笑えるけど、福田組作品特有のしつこさ?に少々飽きてきた。

なんでNHKは今これを地上波放送始めたの?٩( ᐛ )و

The Crossing -ザ・クロッシング- PartⅡ(2015年製作の映画)

3.6

1949年に起きた大型客船による海難事故「太平輪沈没事故」を題材に、前後編の2部作で総製作費約76億円を投じ、ジョンウー監督がダイナミックに描く映画。

part2で、やっと本題の「太平輪沈没事故」が
>>続きを読む

The Crossing -ザ・クロッシング- PartⅠ(2014年製作の映画)

3.3

朝から映画館でpart1とpart2を、10分休憩を挟み鑑賞!

1949年に起きた大型客船による海難事故「太平輪沈没事故」を題材に、前後編の2部作で総製作費約76億円を投じ、ジョンウー監督がダイナミ
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.1

以前原作読んだけど全然ハマれず、映画鑑賞にあたり、映画化されている部分のみ読んで、映画館へ!

原作のキャラクターの再現度高い!特に大沢たかおの王騎将軍ww「ンフ」ってカタカナが聞こえたよぉ!w
漂/
>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.8

ディズニーだし間違いなくハッピーエンドだよな、と思いつつも。

一歩踏み出すことで未来が変わる。夢は叶えられる。力強く自分の手で前に進むプリンセスに元気もらえた👸

ラプンツェルの髪の描写が美しかった
>>続きを読む

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.8

いままでこの作品に全然興味無かったけど、すごい楽しく観れた。食わず嫌いだったわ。

アンジーのマレフィセント、かっこいー! アベンジャーズにおってもええんちゃうかな。そして溢れ出る母性に泣けた。

>>続きを読む

ベイマックス/帰ってきたベイマックス(2017年製作の映画)

3.2

「ベイマックス」の続編。前作から絵のタッチが一気に変わってザ・アメコミ。タッチだけでなく、内容もフレッドの鬱陶しさもテレビのアメコミ感。でも後半10分はMCUかと思ったw

キャスおばさんが電車内で抱
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.0

劇場公開時に映画館で鑑賞、二度目はディズニーDXで日本語吹き替え版で鑑賞。
二度目はベイマックスが出てきた時点でもう涙が…(;_;)

ベイマックスの動き、可愛すぎる~! ケアロボットゆえ全然速く歩け
>>続きを読む