ユカさんの映画レビュー・感想・評価

ユカ

ユカ

犬鳴村(2020年製作の映画)

3.2

地上波でやってたから録画して観た。
普通に面白かったし怖かったけどなあ。

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

3.1

本を読んでる感じだった。
特に面白くはない、共感もできないしvol.2もあるみたいだけど観なくていいや。多分この監督が好きじゃない。

スカーフェイス(1983年製作の映画)

4.3

偶然のブライアンデパルマ観賞二作目
とにかくかっこよかった・・・
セット、カメラワーク、音楽も好みでした

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

4.0

こんなふうになりたい。
みんな、人生なんとかなるものなのかなあ。自分も変わりたいと思える映画でした。

マシニスト(2004年製作の映画)

3.0

現実と妄想が入り混じる系は好きだけど、うーん…
ハッピーエンドでした!

デッド寿司(2012年製作の映画)

3.3

意外と面白かった〜
主役の女の子が顔面どタイプの武田梨奈
かわいいあんな顔に生まれたかった。
「日本人がよくやるキス」が気持ち悪かった…
旅館の女将が一番面白かったな。
ウン◯ロミミズの監督だとは知ら
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

3.7

舞台を先に見たから舞台の方が良かったと思ったけど映画から見たら映画の方が良かったって思うんだろうな

イヴサンローラン(2010年製作の映画)

3.4

そういえば前に借りて見たことがあったな
イヴサンローランかっこいいから似合う人うらやましいな
面白くもないけど面白くなくもない
ブルドッグかわいそう

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード(2003年製作の映画)

3.6

ただただ逃げてる、映画館でも観たけどこんな話だったっけ
しんどい時でも観れて面白いからヨシ!

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

不気味で静かなのにみんな感情剥き出しで混乱した。
笑わせにかかってるであろうシーン多数…
あのモザイクで笑わない人いるのか
かなり大衆向けに作られたカルト映画というかカルト映画をわかりやすく解説した映
>>続きを読む

宇宙人ポール(2011年製作の映画)

3.3

イギリス人のオタクってだけで面白い
もっと面白い宇宙人なのかと思ったけどそうでもなかった

完全なる飼育(1999年製作の映画)

4.0

とても楽しそうでいいな…
女の子が誘拐されてる自分の状況が面白くなって誘拐犯と楽しそうに誘拐について話してるところがよかった
かわいい映画ってレビューにあってどういうことだと思ったけどその通りかもしれ
>>続きを読む

千年の愉楽(2011年製作の映画)

3.4

短編集っぽかったので楽に観られた
中本の血を引く容姿の良過ぎる高貴な男たち、井浦新(すぐ死ぬ)、高良健吾(女たらしの人たらし)、高岡蒼甫(スリルを求めて盗みをしたりヒロポンを射ったりする)、染谷将太(
>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

3.3

昔見た
妻木村多江が家でヒステリー起こして夫リリーフランキーがそれをスルーしてたところしか覚えてない

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

わざとらしい感じが嫌だったけど話はおもしろかった
松岡茉優好き
でもそれ以上に渡辺大知がかわいかった

ゴジラ対メガロ(1973年製作の映画)

2.9

陽気で人間味あふれるゴジラ
もう動けない敵に何度もトドメを刺す
最後に流れたジェットジャガーの歌といいテキトー加減がすごい
面白かった

モスラ対ゴジラ(1964年製作の映画)

3.4

モスラの幼虫は賢かった。
こっちのモスラの歌のほうがエキゾチックで好き

ゴジラVSモスラ(1992年製作の映画)

3.5

モスラかわいいしモスラの歌がよすぎる
そもそも蛾はよく見るとかわいい
バトラ、見た目がグレムリンそのもの…
ゴジラ弱いな

ヴィタール(2004年製作の映画)

3.0

浅野忠信があっち側(過去の記憶?妄想?)とこっち側(現実)を行き来するんだけど設定に事故の影響での記憶障害が大元にあるので共感できず。
あっち側に執着しているような描写の量の割には過去の記憶の中だけに
>>続きを読む

HAZE ヘイズ(2005年製作の映画)

3.6

最初はオッサンの顔面ドアップでなにを見せられてるんだろうと思ったけど途中からおっさん頑張れという気持ちに
血の海に手脚が浮かびまくってたの気持ち悪かったけどそれもワクワク要素だったな。
ずっと聞いてた
>>続きを読む

双生児 GEMINI(1999年製作の映画)

3.7

耽美で白塗り、眉毛なし、江戸川乱歩のイメージはみんな共通してるんだなと思ったけどこの映画ではそれが全然悪目立ちしていなくて、衣装やメイク、家の内装、小物、布団まで綺麗だった。
乱歩ファンもこれなら怒ら
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

3.4

いつ人間を食べる??と思いながら見てた
リリーフランキーの役柄っていつもこんな感じの嫌なやつだな
塚本晋也は目の周りを青くするのが好きだね
まともな題材だった故にあまり面白くなかった(バカなので)

KOTOKO(2011年製作の映画)

3.9

前半の赤ちゃんと共にいるCoccoが痛々しくて神経逆撫でされるようで見るの厳しいなと思ったけど田中(塚本晋也)が出てきてから急にB級ホラーになった…
なんでこんなコンセプトの映画でも顔を原型もないくら
>>続きを読む

TOKYO FIST 東京フィスト(1995年製作の映画)

3.7

ほとんど鉄男
映像とセリフが精神病質というかずっと無機質
塚本晋也監督、ある一定の男(オッサン)のロマンというか、国内外でカルト的人気があるのはわかるけどそれ以外はわからん

Endress Waltz エンドレス・ワルツ(1995年製作の映画)

4.8

私が高校生の頃勝手に憧れていたカップル鈴木いづみと阿部薫の話
ブロバリンで始まりブロバリンで終わる
だめだなぁこれは

標的 羊たちの哀しみ(1996年製作の映画)

3.6

うだつの上がらないサラリーマン佐野史郎が冬の新潟の田舎に短期出張という最高の設定
と思ったけど途中から展開が支離滅裂だった
フロッピーはどこだ!会話の中にフロッピー何回出てきたかな