こさんの映画レビュー・感想・評価

こ

映画(401)
ドラマ(1)

LIFE!(2013年製作の映画)

-

人生のどのタイミングで
この映画に出会うかがすごく大切な気がした。
学生の時に出会ってたら
また違う感情の受け取り方をしたかも
逆にあと数年後に観たら
また違う見え方がする気がする
そんな素敵な映画。
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

-

どんな状況に置かれても
生き抜く術を持っている人って
ものすごく逞しいと
色んな映画を観るたびに感じる
そして特に今回は強く感じた
マットデイモン演じるマークは
すごい陽気で気さくなんだけど
その奥の
>>続きを読む

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

-

人生は本当に選択の連続。
選ばなかった選択肢の世界
つまりパラレルワールドが
無数にも存在している。
結局人生において
その一瞬一瞬の選択が
いかに大切で、いかに尊いか
そんなことを教わった気がする。
>>続きを読む

スケルトン・キー(2005年製作の映画)

-

ホラーでもなくミステリーでもなく
初めて観たかもしれない呪術のお話(?)
かなりゲットアウト感強かったなぁ。
ゲットアウトの方が好きだけど。

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

-

タイムスリップ系の映画は大好きだけど
これは個人的に難しすぎて
頭がこんがらがりまくった...
解説読んでも中々ピンとこない笑

メッセージ(2016年製作の映画)

-

今年200本目の鑑賞作品はこちら。

なんとも奥の深すぎる
SF映画というジャンルでは
とても割り切れない至高な映画
例え未来がどうなるか知ってたとしても
結局その一瞬一瞬の感情で
同じ選択をすること
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

-

クリスチャンベイルの色気が
これでもかってくらい
溢れ出しててかっこよすぎた

現実と幻想の線引きの難しさ
でもとてつもなく感じたのは
ベイトマンは空虚を満たしたくて
何でもいいから埋めてくれるものを
>>続きを読む

ベニーズ・ビデオ(1992年製作の映画)

-

少女を殺した後に
呑気にヨーグルトを食べる姿が
狂気的で印象的
個人的にはうまく意図を理解できず
ハマらなかった映画でした...

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

-

復讐の形は人それぞれ
"死刑は嫌いなの"この一言に尽きる。

ジュリアロバーツと
ニコールキッドマンの
圧倒的な画力のインパクト

メメント(2000年製作の映画)

-

難解映画と覚悟しながら
集中して観たけど...
やっぱり一度では全てを理解できなかった...解説読んで何となく理解。
でもやっぱりこの手の映画大好きだぁ。
自分の中で探りながら観ていく中で
たまに電撃
>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

-

海外にいる時(特に初めての国)
ワクワクと高揚感はあるんだけど
誰かと一緒にいても
どこか寂しくなる瞬間ってある
そんな二人が寂しさを埋め合う
ずっと穏やか雰囲気が流れて
特に何かが起こるわけじゃない
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

-

幸せと切なさが入り混じって
感情の行方が不明になってしまう...
何度も過去を変えることで
自分自身の歩んできた人生だけでなく
性格や身なりも変わっていく様子が
ものすごく好きだった
本当にまさにその
>>続きを読む

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

-

ギルバートグレイプといい
この時代からレオ様は無双してる
ドラッグにまみれてる姿が
もういい意味で狂気

インセプション(2010年製作の映画)

-

4連休の締め映画はこちら。
これもかなり昔に観た(はず)だけど
記憶から殆ど消えてたので再鑑賞。

やっぱり"映画"ってすげーな。と
改めて実感させられたし、
こんなにも人を魅了する
エンターテイメン
>>続きを読む

ミルク(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

"ゲイだけではなく黒人やアジア人
高齢者や体が不自由な人
多くの"私たち"
希望がなければ"私たち"は諦めてしまう
もちろん希望だけでは生きられない
でも希望がなければ
人生
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

-

コメディかと思いきや
地球の環境問題などに対しての
メッセージ性が強い作品
トイストーリー的な進め方と思いきや
普通の人間とダウンサイズした人間の 
住む場所がちゃんと分かれてるから
小さくなってるこ
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

-

中学生くらいの時に観て
ん?ってなった記憶があったので再鑑賞

めちゃんこ面白かった...
どこかに"違和感"を感じながらも
その"違和感"の正体がわからず
ストーリーが展開していく感じが好き

ラス
>>続きを読む

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

-

うわぁ...なにこの幸せ映画。
何もかもが愛おしい、本当に。
出てくる家具や食器、料理、服、
などなど目に映る全てが
カラフルで可愛い、可愛すぎる。
可愛くてカラフルな世界観と
居心地のいい優しい雰囲
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

-

世界の裏側でダイアモンドを巡って
こんな非道で残虐な争いが行われていた
と思うと心が本当に痛いし
また一つ知らないことを知れた日だった

少年兵についてなんとなく知ってたけど
改めて映画といえど映像と
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

-

タランティーノ作品鑑賞6作目。
タランティーノ映画はもう全部が
最後のためにある映画すぎて
結局最後は"最高"って言葉しか出てこないほんと好き

ガールズトークを盗み聞きしてたら
気付いたらガールズパ
>>続きを読む

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

-

次々と連鎖していく「死」と
それを回避しようとする主人公
若干の安っぽさはあるけど
ストーリー展開は見応えある。
ただ最初の飛行機シーンがピーク感はあった。

スパイ・ゲーム(2001年製作の映画)

-

"ディナー作戦"
この二人の師弟感が
イカしててクールすぎ。
そして今回のプラピもかっこよすぎた
冒頭の医者姿もええんよ。

TSUTAYAプレミアム契約したので
やっと観れたブラピ映画。

扉をたたく人(2007年製作の映画)

-

移民問題。救われない。
ジャンベを通して少しずつ
打ち解けていく感じが微笑ましかった。
ニューヨーク行くとよくみるあの楽器
今度行った時は少し立ち止まって
聴いてみたくなるような映画でもあった。

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

-

ニコラスケイジ×サムロックウェル
イケイケ(?)詐欺師コンビ
展開は結構読めたけど
テンポ良くて見やすかったなあ。

ファニーゲーム(1997年製作の映画)

-

"虚構は今見てる映画
虚構は現実と同じくらい現実だ"

ブルース・オールマイティ(2003年製作の映画)

-

B E A U tiful!!!
(ビーイーエー ユーティフル!)

安定のジムキャリーワールド
ジムキャリー映画は
ほんと純粋に映画を楽しめるから
どんな時でも観れちゃう好き

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

-

期待してたよりもあまり怖くなかった
というか1ミリも怖くなかった...
もっと手に汗握る系のハラハラを
期待してたけども。
でもデヴィッドフィンチャーらしい
カメラワークとかは好きだった。

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

-

トレンドに上がってたので鑑賞。
想像してたよりもインパクト薄め
少し安っぽさを感じてしまった
なんとなく少し先が徐々に読めちゃう感じ

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

-

タランティーノ処女作。
ワンハリ→バスターズ→ジャンゴ→ヘイトフル→からのいきなり1作目に戻った。
最近のから観てる人間としては
少し物足りない感はあったけど
タランティーノ節は炸裂してた

ここから
>>続きを読む

テロ、ライブ(2013年製作の映画)

-

こういう終わり方、大好きです。
ものすごくよく作り込まれたお話。

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

-

クシャッと笑った笑顔が
こんなにも華やかで 美しくて
見ているこっちを一瞬で
温かい気持ちにさせてくれる、
また凛々しくて 芯の通った眼差しが
とても好きでした。
特に「僕のいた時間」が大好きでした
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

-

"この街もやはり世界の一部だった"

ジェイクギレンホールの
透明感が溢れ出てる...
胸糞俳優っていう印象しかないから
ものすごくいい意味の違和感、
でも幼きジェイクもこれまたいいな
若きローラダー
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

4.1

配信開始の0時に鑑賞開始。

「開始1秒から最後の1秒まで
 全ての瞬間が尊い映画」
特に終わり方は、傑作。
演劇を1本見たかのように
心が満たされると同時に、
どこか寂しさを感じさせる終わり方。
>>続きを読む

ヒア アフター(2010年製作の映画)

-

間が贅沢な映画。
本当にゆっくり時間が進んでいくから
少し退屈になりそうな部分もあるけど
でもそれぞれの向き合う"生"と"死"が
重なっていく感じがとても心地いい
エンドロールで余韻を楽しむ

ザ・メキシカン(2001年製作の映画)

-

コメディチックで展開していく物語
ドジでマヌケなブラピが
愛おしすぎるし所々笑ってしまった
わりと好きなブラピキャラの
上位にランクインしたかも。

サムとリロイ(ウィンストン)の
二人の"友情"がほ
>>続きを読む

>|