きゃすぱさんの映画レビュー・感想・評価

きゃすぱ

きゃすぱ

麦の穂をゆらす風(2006年製作の映画)

3.6

これは歴史のお勉強をしてから観ないとダメだった…。
英国とアイルランドの悲しい歴史の話。
兄弟でも違う選択をするとそれは死に繋がる。
ケンローチとはいえ、重~い作品。

幸せへのキセキ(2011年製作の映画)

3.2

マット・デイモンにスカヨハ、可愛い子役兄妹に動物モノ。
ストーリーも実話に基づいて
中々いいお話。
これだけ揃ってて…😰
何とも残念な仕上がり⤵️
なぜだ~⁉️

ある愛へと続く旅(2012年製作の映画)

4.2

なんと云う…。
愛と狂気、不妊とエゴ、紛争に嘘、生と死。
キャストも良ければ、ラストへ向けて過去を紐解いていく流れが巧い!
ペネロペ見たさに観たけど
色んな要素が濃厚に詰まった良作だった👍

以外ネタ
>>続きを読む

黄色い星の子供たち(2010年製作の映画)

3.8

自国のユダヤ人を自国の警察が検挙する?罪もないのに…。
ある程度の抵抗と同情で助かった命もあるようだけど…。
ママを待ってる子供が痛々しい。

天使の分け前(2012年製作の映画)

3.9

ケンローチらしからぬ軽ーいタッチの作品。
間違いなくウィスキーが飲みたくなるような香りが伝わってくる。
前科のある若者達と関わるハリーの自然体な優しさが👍
天使の分け前が皆の幸せに繋がることを強く願う
>>続きを読む

オレンジと太陽(2010年製作の映画)

3.7

一体どんな大人達が考えたのか?
あまりにも無知で馬鹿げた移民政策。
親と離され大人のオモチャになった子供達。言葉にならない。
屈しない役柄のEワトソン良かった。

善き人のためのソナタ(2006年製作の映画)

4.6

反体制派への尋問方法を講義する国家保安官。
その冷徹な雰囲気の地味なジャケの彼が盗聴を通してその人達に少しづつ好情を抱く。
そんな彼が『善き人のソナタ』を聴いて♪衝撃的な感動を覚え、将来を棒に振るも、
>>続きを読む

明日へのチケット(2005年製作の映画)

3.2

自分でどの監督か当てられるか?やってみた。
エンマルノ・オルミ監督は残念ながら知らなかったので消去法で😤
ケンローチは3話ね。これはすぐ解る。庶民が感じる理不尽さを押し付けることなく描く。
キアロスタ
>>続きを読む

リンドグレーン(2018年製作の映画)

4.0

ピッピちゃんは読んだ事ないけどロッタちゃん映画は好きで何度も観た。
その作者の若気の至り…。
だけどヒロインから醸し出されるその時々の感情に何故か凄く心惹かれた。
少し辛かったストーリーをエンドロール
>>続きを読む

ユー・キャン・カウント・オン・ミー(2000年製作の映画)

3.8

マーク・ラファロが優しさと、いい加減さと、人間味のある弟役を好演!
逆に銀行員で一人で子育てしてる、いかにもしっかりものの姉であるはずのローラーリニー。もうホルモンバランス悪すぎ!
危なっかしい姉弟が
>>続きを読む

ラジオ・フライヤー(1992年製作の映画)

3.8

継父からの暴力を誰にも言わない約束💧
そんな約束守らなくていいのに~!
子供の世界で守り抜く。
そんな一途な兄弟と頼もしいシェーン🐶
フライヤーになって今頃どこにいるかな✈️

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

悪ガキ3人が英雄に!
正義感の塊のような彼らがよくあの列車に乗っていてくれたもんだ🚃💨
スペンサー曰く『導かれた」のだろう。
勇気ある行動に敬礼(^-^ゞ

だけど映画としては物足りなかった…。

フローレス(1999年製作の映画)

3.8

脳梗塞で半身不随にならなければ全く接点のない警官とオカマ(敢えてそう呼ばせてもらいます!)
人は見かけだけで本質は解らないね。
テニーロも珍しい役だったけど…、なんつってF.Sホフマンのオカマぶりが良
>>続きを読む

あるスキャンダルの覚え書き(2006年製作の映画)

4.1

いる‼️こーゆータイプの人。
人とのつきあい方が0か10。
それはそれはキモいし、めんどくさい。
この手のタイプはとても親切。
甘えたりすると後が怖い😨
私は5ぐらいの付き合いが好き⭐️
つかず離れず
>>続きを読む

ベスト・オブ・メン〜人間の最高〜(2012年製作の映画)

3.8

このドクターがいなければパラリンピックは存在しなかったんだ!
ドイツ人と罵られ、中途半端な医療現場で奮闘するグッドマン医師。
反抗的な看護師の変化もドクターの熱意の賜物だ❗

ザ・クライアント 依頼人(1994年製作の映画)

4.3

うん。素直に良かった。
インターネットとか言うややこしいものがなく、単純に楽しめる。
トミリーjもサランドンも良いし少年が小賢しく生意気に家族を守った。
トレーラー🚛を焼かれたママに、ウォークインクロ
>>続きを読む

ナイト・アンド・ザ・シティ(1992年製作の映画)

3.0

デ・ニーロだから。
ジェシカラングだから。
曲がフレディ・マーキュリーだから。
だから3点😉

アンダーグラウンド(1995年製作の映画)

3.0

これは好きな人は好きだろーなー。
戦争が舞台の喜劇。
笑えない。
解らない。

パダヤッパ いつでも俺はマジだぜ!(1999年製作の映画)

2.8

なぜこれをチョイスしたのか自分でも意味不明😅
インド映画の王道のような
歌って踊ってゴージャス爛漫。
だけど疲れる😭
パダヤッパ‼️
言いたくなる名前だけど
もう十分です…。

25時(2002年製作の映画)

3.8

fuck you!!!
どいつもこいつもムカつく!
皆好き勝手にいい思いをしてるのに自分だけが犠牲に!
…いや、道を踏み間違えたのは自分自身だった。
彼女の裏切りじゃなかったのが救い。
瀕死の犬を救っ
>>続きを読む

ボーダー(1981年製作の映画)

3.7

子連れのメキシコ女性をほっとけない警備隊員をニコルソンが好演。
呑気な浪費癖のあほ嫁が対照的で面白い😂
JニコルソンもHカイテルも若
く、特にニコルソンが男前でドキリ😍

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.0

子役の少女が天使😘
🇮🇳映画はイスラム教やヒンドゥー教、周辺国とのややこしさが描かれてるけど明るくて好き!
これも🇮🇳らしくみんなでダンスダンスダンス🎵
ラストは予想出来たけど、それでも楽しい180分
>>続きを読む

レミゼラブル(2000年製作の映画)

4.0

ミュージカルのミゼラプルは苦手だったので😅
これ、ずーっと観たかった。
マルコビッチの静かな演技が良かった!この人はやっぱり怪優だ❗
銀の燭台。この作品はこれにつきる🕯️

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.0

そんな上手くいくか~?
でも実話ベースなのね。スミマセン。
勿論ご本人の努力は言うまでもないけど、同僚マックスのチャラ男&いい奴、ぶりが好き!
ホテルの最終試験をステップに違う選択を。何かホッとした😚

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.8

小さいとき迷子になった時の不安感😰思い出した。
多分今の日本だと迷子になっても警察だとかが必ず親御さんを探しだしてくれると思うんだけど、インドでは年間8万人?っつてたっけ⁉️
だけどこの子はまだいい養
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.0

人生色々、感性色々。
ムービースターは万人の憧れではなく、お金は必要だけど重要じゃない。
懺悔も色々、盲目は黒メガネ🕶️?見たことないから知らないって😅
酔っぱらいの親父の目にも涙💧
好みはやっぱりニ
>>続きを読む

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(2003年製作の映画)

4.1

ケビン・スペイシーにはもう騙されないぞ!
どうしてもそんな気分で観てしまう。
だけどそう来たか~😅
レビューしにくい作品だけど
冤罪有りきで考えると
死刑制度はなるほど考えものだ…。

評決のとき(1996年製作の映画)

3.9

少女の事件が実話じゃなくて良かったけど、似たような事は多数あるんだろうな…。
検察側にKスパイシー。いつも思うけどこの人が出てくると引き締まるね~❗
最終弁論も終盤になって。
あ…これ観てた…😅
2回
>>続きを読む

海の上のピアニスト イタリア完全版(1998年製作の映画)

3.9

間違いなく良作の要素が詰まった作品。
ピアノバトルも初めての恋心も曲もラストも物悲しく良いのだけど、私は父ちゃんが赤ん坊を見つけて育てようと歌ったあの曲が大好き🎵
ティムロスの虚ろな眼差しも👍

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

4.4

ジャケットのホワイトタイガーのベイビーがずーっと気になってた作品。
動物好きには辛いシーンもあったけど、ユダヤ人と動物を救ってくれたヤンとアントニーナ夫妻に、ありがとう🐯🐒🐰
ジェシカチャステインはや
>>続きを読む

ラストベガス(2013年製作の映画)

2.8

ひと昔前の青春ドラマのようなこっぱずかしい演技を名優達にさせちゃった😭みたいな💧

死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実(2010年製作の映画)

3.6

法的には許されないことに向かっていく様はさすがパチーノ。
だけどガスを節約するためにあのビニールボックスのようなのを被せられるのは嫌だ。
尊厳死と言うからには死にゆく姿も尊びたい。
そしてそれを執行し
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.7

現在、過去、小説。に肉塊。
その芸術は全く理解不可能。
元夫からのその小説に込められたメッセージも解るような解らないような…❓
楽しいSTORYでもなく、共感も出来ないけど何故か見いってしまった。
>>続きを読む

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

4.1

ロードムービーの素敵な要素が優しく詰まった映画🎬
詐欺師が売るのは聖書。お金持ちのおばさまには値を吹っ掛ける機転のきく少女が小気味良く、激しい描写もなくて👍
アゴのライン、似てるよ!親子だもんね☺️
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

3.5

やっぱり好みでいえばディパーテッドだなぁ。
マフィアに潜入してる捜査官の究極に居心地の悪い感じとかがこちらのオリジナルではイマイチ物足りない。
あまりにも淡々と決着してしまった感じ…。

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.5

エイリアン👽がやっぱりベトベトグニュクニュ😖
実際30年先ってどんなだろう…❓

>|