mkomadoriさんの映画レビュー・感想・評価

mkomadori

mkomadori

映画(1289)
ドラマ(50)

The Little Stranger(原題)(2018年製作の映画)

3.5

種明かしがあるようなないような感じでそれもいいと思ったけど、ホラー好きには物足りないかも?キャストと時代設定と作品の雰囲気が良くて、個人的には嫌いじゃなかった。執念ってこわい。

悪女(2004年製作の映画)

3.1

三本連続で19世期の貴族社会が舞台の映画観たけど、女は金持ちの男に拾ってもらえてナンボの世界がすごい。

この作品の邦題は「悪女」みたいだけど、リース・ウィザースプーンはしたたかさよりも清々しさの方が
>>続きを読む

アンナ・カレーニナ(2012年製作の映画)

3.8

舞台みたいな演出や衣装、色彩が美しくて面白かった!

トルストイの名作、こういう話だったのね。わかりやすい展開だけど、不倫に走り不幸に終わるアンナと、つつましく暮らし幸福を得たリョーヴィンとの対比を教
>>続きを読む

いつか晴れた日に(1995年製作の映画)

3.5

アラン・リックマン、いい男・・・ヒュー・グラントもなんか頼りなげではあったけどもいい男に違いなかった。

ケイト・ウィンスレットの弾き語りシーンが素晴らしい。

グリーン・ゾーン(2010年製作の映画)

3.7

泥臭い戦闘モノでマット・デイモンとマーク・ウォルバーグの右に出る者はいないな!かっこよすぎる〜

内容的にはアメリカほんとにやってそうだし(実際やってた?)それがストレートに描かれていて面白かった。C
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.9

おもしろかったー!このキャストならハズレなさそうだし観て正解◎

ビル・マーレイww

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.7

期待に反してなかなかおもしろかった!孤独なサバイバルシーンがとてもリアルで、けっこうドキドキする。ストーリーもおもしろかった。

極限状態でも何かを見て美しいと感じる人間っていいなと思えるワンシーンが
>>続きを読む

ドローン・オブ・ウォー(2014年製作の映画)

3.4

2020年に入り第一作目鑑賞。

空爆ってこんな風に簡単になされてるのかと学んだ作品。賛否の答えは映画の中にはなく、観ている個人にある・・・

ラッキーセブンの一コマはなんだったんだ・・・

運び屋(2018年製作の映画)

3.2

うーん、期待しすぎていた・・・他の作品でもほのかに香ってくるけど脚本がうまく隠してくれていたクリント・イーストウッドの自己陶酔感というか、なんか自己満感のようなものが今回は露骨に感じられたような。>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.7

執念というより強引!弱肉強食!マック食べたくなくなったよどーしてくれるw

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.3

トーニャ・ハーディングの奇抜な半生でも見れるのかなと思っていたら、描かれていた彼女はわりとまともな感じ・・・?それよか母親と元夫のやばさの方がすごくて、なんか振り回されてきたのかなぁという風にしか捉え>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.2

自分だったら・・・って考えても、ほんとにその立場になってみないと答え出ないことってある。

しかし西島秀俊の演技って・・・これ以上は言うまい。

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.0

え、そのラブシーンいる?死ぬ必要ある?

ってちょっと突っ込んでしまうまではおもしろかった。

そんなかっこよさげに描かれても、かっこいいと思えなかった・・・

狂ったリリー・フランキーを見れたのは面
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.3

ウディ・アレン大好きだけどたまにオチのない真面目なやつあって「あれ?」ってなる・・・オチなくてもいいんだけどウディ・アレンの作品にはなんかもうちょっとパンチと笑いがあってほしいなぁと!最近の作品はなん>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

15分おきに泣いてた。今年一番、涙腺を刺激された映画かも。全人類に観て欲しい。

オーギー役、「ルーム」の子役の子か!!

パーフェクト ストーム(2000年製作の映画)

2.5

ハリウッドいちタータンチェックの似合う男、ジョージ・クルーニー。それはよくわかった。

19年前だったら映像のすごさとかで話題になってそうではあるけど、映像もストーリーも、これより3年前に公開されたタ
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.2

作品が進むにつれて夫チャーリーの欠点が露呈されてきて「さすがにこりゃあかんわ」ってなるけど、妻であるニコールがそれらも含めて夫を包容してきたんだなと、冒頭と終盤で二度にわたって読み上げられるニコールの>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.9

こちらも観たかったやつ。緊迫感と迫力と無念感がはんぱない・・・最後は泣ける。ヴィドリンは実在したのだろうか?ひどい奴だった・・・

ピーター・バーグのマーク・ウォルバーグ作品、はずれナシ。マーク・ウォ
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.9

ずっと観たかった映画がプライムとNetflixで同時にあがってたので即観賞。てっきりミステリーかと思いきや、想像に反する悲しいお話で観終わった後も腹立たしさが拭えない・・・

冒頭で「実話に基づく」っ
>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.5

あのテロ事件が実際に起きたとき、ニュースで写真を見たあの人が主人公だったのか・・・日本だとあまりこういう風に国中が誰か一人を英雄視することってないから(最近だとスーパーボランティアのおじいさんくらい?>>続きを読む

28DAYS(デイズ)(2000年製作の映画)

3.0

Netflixで観てて、あと10分で終わるってとこで外出しなきゃならなくて停めてたやつを観終えるべく再生しようとしたら消えてなくなってた😭😭😭どなたかご親切な方、結末教えてください・・・

以下、とり
>>続きを読む

バックマン家の人々(1989年製作の映画)

3.5

大変だけど・・・家族っていいなぁ!!

"I'm waiting for her head to spin around.(エクソシストか)"の台詞にウケた。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.8

二人のこの上なく暖かい愛情と、公正や法律を超えて偏見と意地だけで権利をふりかざす愚か者たちに、胸がかきむしられました。最後は涙がこぼれる。

アラン・カミングは「グッド・ワイフ」でのイーライ・ゴールド
>>続きを読む

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014年製作の映画)

3.5

煌びやかなファッション業界と屋上生活との対比がすごい。この方の場合は外見とのギャップがすごくてそこが注目を集めやすいというか特別な印象を受けるけど、でもきっとほんとは特別でもなんでもなくて、大都会の闇>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

4.0

過去に生きたこんな人たちのおかげで今の自分の生活があるんだなと。「未来を花束にして」っていう意訳、好き。

エンドロールで世界各国の女性参政権が認められた年代が流れるけど、この映画の1910年代っての
>>続きを読む

アッジ ~弱き者の復讐~(2017年製作の映画)

3.8

なんだか総じて評価低いけど、インドの実情を垣間見れた感じがして良い映画だと思った。だからここに低評価が並んでることがちょっとだけ残念。これは観る者をスカッとさせるためにある単なる復讐映画じゃないのかと>>続きを読む

しあわせのパン(2011年製作の映画)

3.2

「丁寧な暮らし」とはまさにこのこと。

1話目。旅先でのこういう出会いって実際けっこうあるんだよな。だから悩んでるときの旅はいいよな。

パンおいしそう。羊かわいい。原田知世の声癒し。

ラブ・ダイアリーズ(2008年製作の映画)

3.2

こんな小さい子供が親の離婚を受け入れて次の恋愛を後押ししてくれるって、ある?!こんな物分かりのいい子いる?!

阿修羅のごとく(2003年製作の映画)

3.0

連続テレビ小説みたいだった。

時代かなぁ。いろいろ理解に苦しむ展開多々あり。

たまに流れるドンドコいう挿入歌がちょっとおもしろい。けど最後にいきなりフランス語の謎の歌詞入ってきてちょっとなんか微妙
>>続きを読む

恋愛小説家(1997年製作の映画)

5.0

思えば、泣ける恋愛映画ってそんなない気がする。思い出せる限り、「ゴースト」と「君に読む物語」くらい?!これは三つ目としてランクインだな。名作だと思う。

レストランでの褒め言葉のシーンで、なんだか急に
>>続きを読む

マップ・トゥ・ザ・スターズ(2014年製作の映画)

3.3

ほんとにこんな世界だったらやべーなー、でもほんとにこんな世界なんだろうーなー、と思いながら観てた。

ミア・ワシコウスカとジュリアン・ムーアがとても良い!彼女たちだからこそできた役かもな。

母が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

5.0

周囲に変な人たち多すぎで主人公だけが唯一まとも。その中で彼が葛藤している姿がせつないが、周りの変な人たちが変すぎてちょっとクスッとさせてくれることが唯一の救い。病気の話だけど、かなりおもしろく作られて>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

「あなたは外の世界のあの子を見れる。うらやましいわ」

その言葉に息子へ抱く母親の気持ちがすべて込められている気がして、胸がキュンとなった。

思春期の息子がというより、母親が自ら成長していく様子をみ
>>続きを読む

隔離(2009年製作の映画)

3.7

意外と良かった。最後まで観ないとわからないやつ。こういう視点からの描き方もいいと思うし、終わらせ方も好き。結末のこと考えると、途中ちょっとなんかやりすぎ感あるけど。

主人公の女性がミリー・ボビー・ブ
>>続きを読む

草原の実験(2014年製作の映画)

5.0

図らずもロシア映画続けて。と思ったけど、登場人物の顔立ち的に舞台はカザフスタンあたりだろうか?

主人公の少女はずっと見続けていたいほどの美しさ(ちょっとkokiぽさあるな。お父さんはまるで木村祐一だ
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

3.8

いがみ合ってる姿、子供ほったらかしで各々の愛人といちゃついてる姿。どちらも目を塞ぎたくなる見苦しさ。一生愛なんて知ることできないだろうし幸せにはなれないだろと終始感じざるを得ないひとたち。

愛されて
>>続きを読む

>|