遠藤さんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • 遠藤さんの鑑賞したドラマ
遠藤

遠藤

映画(575)
ドラマ(194)

バガボンド(2019年製作のドラマ)

4.0

スケールの壮大さは『ジャイアント』を彷彿とさせる。展開が展開を生むストーリーで、見応え抜群でした。続編ありそうな終わり方なので、シーズン2も期待。それにしても、ダルゴン不死身すぎじゃない?

0

愛の不時着(2019年製作のドラマ)

4.0

「努力していれば運命が導いてくれる」

尺を延ばしすぎてテンポが悪いけど、ストーリー全体としては纏まりがあって良い。ヒョンビンがめちゃめちゃぶりっ子演技してる。

0

愛しのホロ(2020年製作のドラマ)

3.5

AIは使い方によって善にも悪にも転ぶ。そして、人はやはり形ある実存を求めてしまうね。

0

天国の樹(2006年製作のドラマ)

3.0

天国シリーズの完結編で、「天国の階段」に通じるものを感じた。スケート、自転車、雪だるま、異母兄妹など韓国の恋愛ドラマっぽい要素が詰め込まれている。ストーリー自体は見応えあるのに、ツッコミどころ満載な演>>続きを読む

0

ラブレイン <完全版>(2012年製作のドラマ)

3.0

前半の2人のもどかしい関係は良かったけど、子の世代になってからはイマイチ。

0

お嬢さまをお願い!(2009年製作のドラマ)

3.0

ユン・サンヒョンが途中からキムタクに見えてくる。ユン・ウネはハマり役だと思う。

0

冬のソナタ(2002年製作のドラマ)

3.0

このペ・ヨジュンを見ると、モノマネ芸人の方が先行してしまって物語に集中できない。学生時代のペ・ヨジュンがピアノを弾く場面好き。

0

君の声が聞こえる(2013年製作のドラマ)

2.5

ハマらなかった。特にイ・ボヨンのこの役が苦手。

0

ヨンパリ~君に愛を届けたい~(2015年製作のドラマ)

3.5

人を憎むことより、許すことの方が圧倒的に難しい。制限区域での2人のやり取りをもう少し見たかったな。中盤は回想シーンを何度も挿入したりして変に尺伸ばそうとするのに、終盤から一気に畳み掛けてくる。

0

ジャイアント(2010年製作のドラマ)

4.0

当時とてもハマって観てた。時間幅も演出もスケールがでかく、見応えある。もし日本でドラマ化するなら主演は岡田准一になりそう。ピリョンの悪役感が絶妙。

0

THE K2~キミだけを守りたい~(2016年製作のドラマ)

3.5

終盤の展開が早く感じたけど、全体的には見応えあった。奥様が色んな意味で一番哀しい。そして、主演ふたりがとにかく美男美女。

0

アクシデント・カップル(2009年製作のドラマ)

3.0

しがない中年の郵便局員と女優が恋に落ちるという奇跡のラブストーリー。郵便局員がとにかく真面目で心優しい。

0

マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~(2018年製作のドラマ)

4.5

「余裕のある人たちは簡単にいい人になれるんだよ」

IUの新たな一面を知れる。ジアンのドンフンに対する言葉や態度がとにかく切ない。ジアンがドンフンの「いい子だな」を何度も何度も再生する場面はグッとくる
>>続きを読む

0

ペルソナ -仮面の下の素顔-(2019年製作のドラマ)

3.5

いろいろなIUの表情が見られる。最後の「夜の散歩」が一番好き。それにしても、ペ・ドゥナ年取ったな。

0

むやみに切なく(2017年製作のドラマ)

3.0

横柄な態度を取ってしまうキム・ウビンのこの役は、事情を考慮しても苦手。また、途中ウルの気持ちが曖昧で理解しづらく、何よりもう少し内容を短くまとめられた気がする。ただ、ペ・スジは相変わらずキュートだった>>続きを読む

0

ロス:タイム:ライフ(2008年製作のドラマ)

3.5

「人生の無駄を清算する生涯最後のひと時、それがロス・タイム・ライフ」

深夜枠で放送されていたドラマ。シュールで発想がとにかく面白い。オムニバスだが、実は全話で物語が通じている。ヒーローショー編が一番
>>続きを読む

0

この世の果て(1994年製作のドラマ)

4.0

OH MY LITTLE GIRL。女優同士の殴り合いや薬物など今じゃ絶対放送できないだろうなと思うシーンが多い。最終話のヘリコプターから飛び降りるシーンは印象深い。

0

GOOD LUCK!!(2003年製作のドラマ)

3.5

キムタクも、柴咲コウもツンデレ。ラストのキスシーンが印象的。

0

医心伝心~脈あり!恋あり?~(2017年製作のドラマ)

3.5

キム・ナムギルはやはりシリアスな感じの方が好き。

0

雪の女王(2006年製作のドラマ)

4.0

2006年は私的ソン・ユリ黄金期。ヒョンビンの天才役も良い。

0

ある素敵な日(2006年製作のドラマ)

4.0

当時、午後に放送していた地上波が観たくて早々帰宅するぐらいハマっていた。

0

ブランド(2000年製作のドラマ)

3.5

上司の今井美樹が徐々に、部下の市川染五郎に恋していく社内恋愛もの。デキる女性が、恋に落ちてどんどん平然としていられなくなっていく模様は良いね。

0

いつかまた逢える(1995年製作のドラマ)

3.5

同郷の男女5人が東京の同窓会で再会し、忘れていた愛や新しい恋が、幾重にも重なりあっていく話で、どことなく『東京ラブストーリー』っぽい。憧れには敵わないね。紺野さん切ない…。

0

恋の記憶は24時間~マソンの喜び~(2018年製作のドラマ)

3.5

最終話のラストで、冷酷な叔母がいきなり踊り始めてドラマの終焉を告げるの面白い。

0

全裸監督(2018年製作のドラマ)

3.0

言うほどの面白さは感じられなかった。けど、イントロは好き。実在する人物を演じるのは簡単なようで実は難しい。そう意味では黒木香役の女優の似せ方は上手い。

0

神様、もう少しだけ(1998年製作のドラマ)

3.0

人気音楽プロデューサーと、彼の大ファンで援助交際が元でHIVに感染した女子高生の恋の物語。今考えると、宮沢りえの無駄遣い。

0

砂の塔〜知りすぎた隣人(2016年製作のドラマ)

3.5

松嶋菜々子のミステリアスな役どころは良かったが、終盤あたりからオチが想像できてしまったのが残念。
そして、タワーマンションにおけるママ友の格差が、誘拐事件に匹敵するほど凄まじかった。

0

カルテット(2017年製作のドラマ)

4.0

他のドラマではあまり見られない斬新な演出が際立ち、特にカメラアングルと4人の会話劇が興味深かった。
また、個人的には満島ひかりと吉岡里帆のキャラが好きだった。

0

夢を与える(2015年製作のドラマ)

4.0

「私はリモコンのスイッチ一つで簡単に消せる夢です」

SNSを通して誰もが簡単に憧れや理想を見つけたり、他者との比較が容易になった現代に一石を投じるような作品だと思う。
「ゆうちゃん」は母親や広告会社
>>続きを読む

0

放課後(1992年製作のドラマ)

3.0

いしだ壱成演じる不良気質な男子と、観月ありさ演じる優等生気質な女子が入れ替わってしまう話。
生徒会長役に武田真治、バーのマスターに松崎しげる、観月ありさのクラスメイトに篠原涼子が出演。貫禄満点の梅宮パ
>>続きを読む

0
>|