ナマニクさんの映画レビュー・感想・評価

ナマニク

ナマニク

ライター。ここではただの観賞記録。基本的に星しか付けない……と思う。
レビューは雑誌やブログで。

映画(244)
ドラマ(0)

マーダー・ドライブ(2017年製作の映画)

1.5

最近、まともな仕事が全く取れないミーシャ・バートンなのであった。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

2.0

設定が中盤以降、完全に破綻している。それに加えて、世界観の説明に壁に貼られた新聞や付箋、白板を使うのは表現の放棄でしかない。ただ、カーペンター的なラストショットはアガるのでプラス1点。

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

1.0

鑑賞後、ドウェイン・ジョンソンとネーヴ・キャンベルの顔以外覚えてなかった。キャラの個性無し、位置関係めちゃくちゃ、編集が下手過ぎて緊張感ゼロ、せっかくのビルもただのアトラクションビル、ハイテクでも何で>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.5

オカルト味低め、ハマープロ的外連味高め。新米尼僧とはぐれ神父のミラクルハンターシリーズとして続けて欲しい。

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

3.5

現実では、増築の理由は「霊媒師に騙された」ということになっているが、それを「恐怖は自分の中にある」として、巧いこと解釈した上でストーリーを組み立てている。とにかく真面目。作中に神の存在を感じさせないの>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

4.5

凄く良いです。ただし、無修正で公開してください。
2018/05/25追記
プレス試写にて、性器のボカシ以外は修正が無いことを確認しました!
残酷描写はオリジナルのままです。

猟奇変態地獄(1977年製作の映画)

3.0

ジョー・ダマトの仕事の中では、相当いい加減なんだけど、後半はそれなりにやる気をだしてくれてるのでいいんじゃないでしょうか。『食人帝国』とセットでどうぞ。

V.I.P. 修羅の獣たち(2017年製作の映画)

3.5

お国の事情でしか動けない人々がひたすらイライラ。そして、それを全く発散させてくれない胸糞悪さが楽しい。
残酷描写については、本国では18禁のところを日本劇場公開に当たって、R15に落とすために、ボカシ
>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

3.5

原作未読だけど、苦労して物を書いたことがあれば、素直に解釈して理解できる映画になってる。ポランスキーって真面目なんだなあ。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

2.5

美術以外は見るとこ無し。物語上の善と悪で性描写が露骨に変わる。これで愛が云々とか醒めるわ。

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

1.0

クソ脚本を適当に直して冠つけて売る商売にそろそろ名前をつけたいと思う。

>|